蒼き狼 地果て海尽きるまで
蒼き狼 地果て海尽きるまで
rating 2.5 2.5
7 1

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』のKenta Sugizakiの感想・評価・ネタバレ

Kenta Sugizaki
Kenta Sugizaki 2 2013年9月15日

モンゴル部族の長であるイェスゲイ(保阪尚希)と妻ホエルン(若村麻由美)の間に、男の子が生まれテムジンと名づけられた。後にチンギス・ハーン(反町隆史)となるその子どもは、鋭い眼差しの持ち主で、手には赤い斑点(はんてん)がついていた。部族間の対立が激しさを増す中、テムジンは“蒼き狼”の血を受け継ぐ者としてたくましく成長していった。