それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ

それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ

rating 4 4
2 0

『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』とは

やなせたかし原作の、国民的人気アニメ『それいけ!アンパンマン』の劇場版シリーズ第18作目。 生きる喜びに目覚めた人形の女の子・ドーリィの心の成長劇を中心に、わがままな彼女のお手本として生きる意味を教えるアンパンマンの活躍を描いた作品。回想シーン内に赤ちゃんアンパンマン誕生の瞬間が収められるなど、ファン必見の映像が満載である。同時上映作品には、ドキンちゃんの妹コキンちゃんが主人公の『コキンちゃんとあおいなみだ』。 声の出演には、主人公であるドーリィ役に、タレント・女優の安達祐実がゲスト出演しており、戸田恵子、中尾隆聖、増岡弘、佐久間レイなどいつものメンバーが顔を揃えている。

『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』のあらすじ

アンパンマン達が住む町では、かつて不毛の地だったこの世界を水と緑の豊かな世界にしたと言われる「いのちの星」に感謝する、年に一度の星祭りの日の準備が進められていた。 ある日、いつものようにパトロールをしていたアンパンマンは海に漂っていた一体の人形「ドーリィ」を見つけ、彼女をパン工場へ連れ帰った。その日の夜、パン工場に一つの「いのちの星」が降ってきてドーリィの体に宿り、「いのちの星」によって命を得たドーリィは自由に動けるようになったのだ。翌日から町で生活を始めるが、生きていることや自由に動けることが楽しくて仕方がない彼女は、勝手気ままに行動してみんなを困らせてしまう。さらに、自身を助けてくれたアンパンマンの「困っている人を助ける為に生きる」という考えまで否定してしまったのだ。 そんな時、ばいきんまんの作ったスーパーカビダンダンが現れ、アンパンマンの体から「いのちの星」を奪ってしまう。

『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』のスタッフ・キャスト

『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』の感想・評価・ネタバレ

  • moris

    アンパンマンの勇気は半端ない。 ドーリィよかったね。 ちょっと泣いた。

『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』に関連する作品