映画ドラえもん のび太の恐竜2006

映画ドラえもん のび太の恐竜2006

2006年製作 日本 107分 2006年3月4日上映
rating 3.7 3.7
48 0

『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』とは

国民的アニメ『ドラえもん』の映画化第26作品目。第1回Invitation AWARDSアニメーション賞受賞作品。本作品は1980年の公開の、シリーズで人気の高い映画『ドラえもん のび太の恐竜』のリメイク作品であり、レギュラー声優陣が一新されてから初の劇場アニメ作品。2006年劇場公開。のび太と恐竜のピー助との、心温まる友情を描く。 監督には、映画『帰ってきたドラえもん』や『のび太の結婚前夜』等の渡辺歩。アニメーション制作には、ドラえもんのテレビシリーズも手がける『映画 あたしンち』『河童のクゥと夏休み』のシンエイ動画。 声優陣には、ドラえもん役に水田わさび、のび太役に大原めぐみ、しずか役にかかずゆみ。今作のゲスト声優として神木隆之介、船越英一郎らが出演する。

『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』のあらすじ

ある日、いつもの様にスネ夫の自慢話を聞かされたのび太。スネ夫は恐竜の化石を自慢するのだった。のび太はスネ夫に対抗して、自分も恐竜の化石探しをすると言い出すが、ドラえもんに叱られてしまう。のび太1人で探していると、偶然にも恐竜の卵らしきものを見つけてしまう。卵を孵化させてみると、フタバスズキリュウという首長竜が誕生した。 のび太は、誕生した首長竜にピー助と名づけ、ママに見つからないように、部屋で大事に育てるが、みるみるうちにピー助は大きく成長し、公園の池に移すも、騒動が起き、飼えなくなってしまう。のび太は、ドラえもんの協力の元、ピー助を白亜紀に戻そうと決心し、タイムマシンで白亜紀に向かおうとするが、道中トラブルに巻き込まれてしまう……。

『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』のスタッフ・キャスト

『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』の感想・評価・ネタバレ

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 2016年2月15日

    神木くんとは知らなかった

  • Raska

    新ドラえもんの劇場版第一作目。 先日初めて観た新ドラえもんの大魔境は、若干の演出面は違えど旧大魔境を正確に踏襲した形でした。 比べて新恐竜は、旧恐竜と比較するとほぼ別作品と言ってもいいと思います。 当時は声優変更アレルギーが吹き荒れていたこともあり、あまり良い評判は聞いていなかったのですが… これは良い、凄く良いです!! 旧恐竜が大好きな方には是非観ていただきたいです。 画風がクレヨンしんちゃん風だったり、それが行き過ぎてマインドゲームみたいになってたのはびっくりしました。 ハマらないと汚いだけに見えるかも。 画風は関係なく、ただ雑な作画は散見されましたが、ドラえもんですし許せる!かな。 無性に遠い海からきたCooが観たくなります。

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 4 2015年8月11日

    2015年 103本目

『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』に関連する作品