シムソンズ

シムソンズ

2006年製作 日本 113分 2006年2月18日上映
rating 2.9 2.9
10 2

『シムソンズ』とは

カーリングを題材にした日本映画で、2002年ソルトレイク五輪に出場した「シムソンズ」というカーリング女子日本代表チームをモデルとしたストーリー。北海道常呂郡常呂町を舞台に、4人の少女たちの奮闘と成長を描く青春物語である。監督はテレビ版『ウォーターボーイズ』でも監督を務めた佐藤祐市が担当。脚本は大野敏哉が手がける。出演は加藤ローサ・藤井美菜・大泉洋ら。主題歌はJUDY AND MARYの『BLUE TEARS』。また挿入歌もJUDY AND MARYが担当している。

『シムソンズ』のあらすじ

北海道常呂町の高校に通う和子は、いつも退屈な日々を過ごしていた。ある日、憧れている長野冬季オリンピックのカーリング代表選手・真人にカーリング経験者と勘違いされ、彼に勧められるままチームを作ることに。メンバーは、親友の史江・牧場の娘の菜摘・そして唯一の経験者である美希を含めた4名。そしてなぜか漁協の平太というむさ苦しい男がコーチとしてやってきて、練習が始まる。チーム名は「シムソンズ」。しかし経験者の美希を除いては全員全くの素人なので、出場した選手権大会では1点も取ることもできないまま敗北。そこで一念発起した和子は、再度猛練習に励む。そして次の試合でやっと1点を取ることに成功するが、何と美希の反則が発覚してチームは解散の危機に陥ってしまう。

『シムソンズ』のスタッフ・キャスト

『シムソンズ』の感想・評価・ネタバレ

  • g*

    大泉洋目当てで見た作品。カーリングに青春をかけた女の子達のお話でしたが、学生時代みてからお気に入り。でも物足りない人もいると思うが、私は好きだからそれでいい。

  • zun

    2006年公開 佐藤祐市監督作品(キサラギ,ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない,ストロベリーナイト ほか)/大野敏哉脚本(武士道シックスティーン ほか) 北海道北見市常呂町ロケ [地上波録画]113分

  • SLP1200

    ★★★★

『シムソンズ』に関連する作品