コンスタンティン

コンスタンティン

Constantine
2005年製作 アメリカ 121分 2005年4月16日上映
rating 3.3 3.3
375 34

『コンスタンティン』とは

DCコミック『ヘルブレイザー』が原案のファンタジー・アクション作品。監督を務めたのは、ビヨンセやエアロスミス、レディ・ガガといったアーティストのミュージックビデオを手がけてきたフランシス・ローレンス。ローレンスにとって、本作が映画初監督作品となる。また、出演者には『スピード』『マトリックス』のキアヌ・リーブスらが名を連ねており、キアヌは本作で肺がんを患う悪魔払いの探偵といった役柄を演じている。

『コンスタンティン』のあらすじ

この世は天国・人間界・地獄の3つの世界に分かれており、それぞれが別の世界を行き来することはできない。しかし、この世界には天使や悪魔と人間の中性的なハーフ・ブリードと呼ばれるものが人間の姿に偽装し紛れ込んでいた。そんな世界で、このハーフ・ブリードを見分けられる力を持って生まれたのが、ジョン・コンスタンティンという男だ。彼は幼少期に自分の持って生まれた力に恐怖を抱き、自殺未遂を犯した事があった。キリスト教では自殺は重罪にあたり地獄へ落ちると言われている為、悪魔祓いを行うことで善行を積み、余命わずかな自分の運命を変えようとしていたのだった。そんな彼のもとに、女刑事アンジェラ・ドッドソンが自殺した双子の姉妹の死の真相を探るためやってきた。そこから物語は世界の異変へと広がり、2人は世界の均衡を取り戻すべく立ち向かって行くのであった。

『コンスタンティン』のスタッフ・キャスト

『コンスタンティン』の感想・評価・ネタバレ

  • Masaki Yoshikawa
    Masaki Yoshikawa 3 2018年9月8日

    信仰たばこ

  • ぺこ

    エクソシストなるわ!

  • えくえあ
    えくえあ 3 2017年8月8日

    キアヌ主演の祓魔アクション映画 天界と地獄の狭間である人間界でニヒルなエクソシストが悪魔を倒して徳を積むおはなし キアヌ演じるニヒルでちょっと意地悪な主人公はクールでかっこいいですが、キリスト教と縁遠い日本人からするとちょっとキメすぎてる感じもしますね いわゆる厨二病っぽい感じです笑 悪魔や天使、神の存在や力関係が強く描かれていて、ストーリーやキャラクターもキリスト教の宗教観を強く反映していますが、丁寧に作りこまれているおかげで観ていてわからないほどのことはないので、すんなり楽しめました しかしまぁ特に強烈に響くものもなかったので☆3.0です すごい力を持った主人公でも結局は神の掌の内ってのも個人的には好きですね

『コンスタンティン』に関連する作品