スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー

Sky Captain and the World of Tomorrow
2004年製作 アメリカ 107分 2004年11月27日上映
rating 2.5 2.5
23 1

『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』とは

1939年のアメリカ、ニューヨークを舞台に、突如として現れ人類を襲撃する巨大ロボット軍団と腕利きの飛行機乗りとの熱き戦いを描く、ノスタルジックかつ新しい空想冒険活劇。ケリー・コンラン監督が、自宅のパソコンで実に4年の歳月をかけて制作した6分間のショートCGムービーを本作プロデューサーに認められ、それを基に自らの手による長編映画化が実現した。すべてが斬新なCG映像の上で主役のパイロットを演じるのは、製作にも名を連ねるジュード・ロウ。共に戦う女性記者役にグウィネス・パルトロー、謎の組織の女ボスにアンジェリーナ・ジョリー。

『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』のあらすじ

時あたかも第二次大戦真っ最中、1939年のニューヨーク。万国博覧会が開催されようとしている慌ただしい摩天楼で、ニューヨーク・クロニクル紙の敏腕女性記者であるポリーは、いくつかの事件の関連性を追っていた。街の科学者が誘拐されるという事件が頻発していたのである。ある日、突如としてニューヨークの上空に、人類が遭遇したことのない超巨大なロボット軍団が大挙して押し寄せ、地上へと攻撃を開始した。記者魂がうずき特ダネとしてカメラを構えるポリーにも砲火が迫るが、それを救ったのはかつての恋人であり米空軍トップ・パイロット、通称スカイ・キャプテンと呼ばれるジョー・サリバンだった。世界中がロボットの襲撃で壊滅していく中、ポリーとスカイ・キャプテンは科学者失踪事件と絡めて独自の調査を開始するが……。

『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』のスタッフ・キャスト

『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』の感想・評価・ネタバレ

  • HEROHALU

    記録用

  • Tetsuaki
    Tetsuaki 2 2015年6月7日

    全編CGのレトロ調SFアドベンチャー。 ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、アンジー、ジョヴァンニ・リビシと豪華俳優陣が出てる割に、内容が薄くただ昔のSF映画の雰囲気を楽しむ作品って感じ。 無機質でセピアに染めた映像が最後まで馴染めなかった… 印象に残ったのはアンジーのアイパッチだけ…(萌え)

  • roseちゃん
    roseちゃん 4 2014年10月5日

    見た記憶しかない

『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』に関連する作品