恋の門

恋の門

2004年製作 日本 114分 2004年10月9日上映
rating 3.3 3.3
127 12

『恋の門』とは

羽生生純の漫画『恋の門』を原作とし、大人計画の松尾スズキが監督を務め映画化された作品。松尾にとっては本作が長編映画初監督作品である。20歳を過ぎても童貞の主人公蒼木門とコスプレマニアの女性証恋乃の何だかずれている恋愛模様をディープに、そしてコミカルに描く。「漫画」がキーとなっていることもあり、多くの漫画家がゲストで多数出演しているのも見もの。主演の蒼木門を『舟を編む』の松田龍平、ヒロインの証恋乃を『木更津キャッツアイ』の酒井若菜が演じている。

『恋の門』のあらすじ

「石でマンガを書く」という漫画芸術家の蒼木門。漫画も売れず、そのため、カネもなく、女もいない。極貧状態の毎日を送っていた。仕方なくバイトに出ることにした門は、バイトの初出勤日に漫画を描くのに丁度よい石を発見する。門は早速それを拾っていると、ある女性に指を踏まれてしまう。負傷した指の治療のため、遅刻して出勤した門は、バイト先で今朝自分の足を踏んだ女性に会う。実は、門のバイト先はその女性の勤務先であった。女性の名前は恋乃。歓迎会で門は「自分は漫画芸術家である」ことを告白するが、それをバカにされ、キレて暴力を振るってしまう。そのため、バイト先をクビになった門は落ち込んで帰途につく。そんな門を恋乃は自分の家に誘って飲み直し、朝を迎えるが….。

『恋の門』のスタッフ・キャスト

『恋の門』の感想・評価・ネタバレ

  • はっすぃー
    はっすぃー 4 2016年1月18日

    登場人物の持つ闇をシュールに練り合わせた作品。棒っぽいセリフや極端すぎないリアルな闇は親近感持って観られる。大人の恋愛モノ要素があると感じつつ、どこか全体的に安っぽい不思議な作品だと思った。尾美さんのキャラはウザくて好き(笑)。

  • HEROHALU

    記録用

  • cana

    バカでかわいい。門君の、石に文字を書いただけの独特すぎるマンガを自分では良い!と思ってるのに、人からは受けない…みたいなあれ、あながちバカにできない…。あと押し入れから子供がバッと顔出してバッと戸を戻すシーンがジワジワくる。あとこれ、清志郎が出てるんだよなぁ…。なんかくだらないのですき

『恋の門』に関連する作品