ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

rating 3.7 3.7
53 0

『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』とは

人気アニメ『ドラえもん』の劇場アニメ第25作目作品。ドラえもん映画25周年記念を記念して製作された。2004年劇場公開。本作品が、ドラえもん役の大山のぶ代ら、レギュラー声優陣の最後の出演作となる。ドラえもんたちが、時空のねじれに紛れ込んだ先のワンニャン国での冒険を描く。同時上映には『パパパ ザ★ムービー パーマン タコデポン!アシハポン!』と『ドラえもんアニバーサリー25』の2作品。 監督は、『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』や『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』等のドラえもん映画を数多く監督した芝山努。アニメーション制作は、『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』『ドラえもん のび太の日本誕生』のシンエイ動画。 声優は、レギュラー陣は、ドラえもん役に大山のぶ代、のび太役に小原乃梨子、しずか役に野村道子など、お馴染みのメンツが並ぶ。ゲスト声優に、犬のイチ役に林原めぐみ、ネコジャラ役に泉谷しげるが出演する。

『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』のあらすじ

のび太はある日、川で溺れそうになっていた子犬を見つけ、救出する。のび太はその子犬に、「イチ」という名前を名づけて、自分の家へ連れて帰る。そのまま家でイチを飼おうとするが、ママは当然許してくれそうもないので、ドラえもんの秘密道具の力を借りて、こっそりと飼う事になった。のび太とイチはすぐに仲良しになり、友情も芽生え始めたのだった。 のび太は、町の捨て犬や捨て猫を裏山で見つけ、イチと共に、人間がまだいない大昔に行き、自由に暮らせる様にしてやりたいと思い、イチ達を連れて行くことを決める。ドラえもんの秘密道具を使って、3億年前に連れていき、そして別れた。翌日、イチに会いに、ドラえもん達とタイムマシンを使うが、時空のねじれに巻き込まれてしまい、文明が発展した国・ワンニャン国という所にたどり着く……。

『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』のスタッフ・キャスト

『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』の感想・評価・ネタバレ

『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』に関連する作品