少女たちの羅針盤

少女たちの羅針盤

rating 2.8 2.8
13 0

『少女たちの羅針盤』とは

第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞で優秀作を獲得した『罪人いずくにか』を改稿し、タイトルも『少女たちの羅針盤』と改名した水生大海の小説を実写映画化。4年前に起きた殺人事件の謎を、当時演劇に夢中になっていた4人の少女たちの姿とともに描くミステリー映画。 『西の魔女が死んだ』の監督・長崎俊一と脚本・矢沢由美が、本作でもそれぞれ監督、脚本を務める。また、『能登の花ヨメ』の谷口純一郎も脚本を手掛けている。 4人の少女たちを、『書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-』の成海璃子、『BECK』でヒロインを演じた忽那汐里、『青空のゆくえ』の森田彩華、『モンスターズクラブ』の草刈麻有らが演じている。

『少女たちの羅針盤』のあらすじ

新人女優として活躍している舞利亜は、ネットシネマの撮影のため、廃墟となったホテルへと訪れる。しかし、撮影の直前になっても台本が届かないばかりか、壁には不気味な落書きがされていた。さらに、いつの間にか衣装には脅迫状が入れられていたのだった。 誰かが自分を陥れようとしていると思った舞利亜は、4年前の殺人事件のことを思い出す。当時、高校生だった楠田瑠美は、北畠梨里子、来栖かなめ、江嶋蘭と共に劇団「羅針盤」を結成した。ストリートでの劇から始めたのが話題を呼び、若手演劇集団の登竜門で優勝を目指すまでに急成長を遂げた「羅針盤」。 そんな矢先、メンバーの1人が何者かに殺されてしまうのだった……。

『少女たちの羅針盤』のスタッフ・キャスト

『少女たちの羅針盤』の感想・評価・ネタバレ

  • もおね
    もおね 3 2014年10月19日

    学生時代に観たい映画。

  • Harumi Terasaki
    Harumi Terasaki 0 2014年9月8日

    2011/4/28 八丁座 弐

  • ちー

    青春ものとしては有りでしょう。でもミステリーとしては無しです。時間を返してwww

『少女たちの羅針盤』に関連する作品