アイデン&ティティ

アイデン&ティティ

2003年製作 日本 118分 2003年12月20日上映
rating 3.4 3.4
92 20

『アイデン&ティティ』とは

監督はこの映画が監督デビューとなった田口トモロヲ。原作はロックデュオ「ブロンソンズ」で一緒に活動しているみうらじゅんの漫画作品。脚本はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブームを巻き起こし、脚本家だけではなく、俳優としても活躍する宮藤官九郎。現在のNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」にヒロインの叔父役で出演中の峯田和伸の映画初出演にして主演作でもある。他にも中村獅童や大森南朋など味のある俳優が脇を固めている。

『アイデン&ティティ』のあらすじ

中島(峯田和伸)はSPEED WAYというバンドでギターを弾いていた。バンドメンバーは中島の他にボーカルのジョニー(中村獅童)、ベースのトシ(大森南朋)、ドラムの豆蔵(マギー)の3人。折しもバンドブームに沸いていた時世にのって、彼らはメジャーデビューを果たす。ファーストシングル「悪魔とドライブ」をヒットさせ行き先順調かと思いきや、事務所の求める「売れる歌」と自分たちが本来やりたい音楽の方向性の違いから、中島は創作活動がうまくいかず思い悩んでいた。そんな中島の前に、ある夜「ロックの神様」が現れる。このロックの神様、中島の崇拝するボブ・ディランにそっくり。どうやらこの神様、中島にしか見えないらしい。この自分にしか見えないロックの神様を前に、彼はロックと自分との距離が開いていくのを自覚せずにはいられなかった。。。

『アイデン&ティティ』のスタッフ・キャスト

『アイデン&ティティ』の感想・評価・ネタバレ

『アイデン&ティティ』に関連する作品