ゴジラ×メカゴジラ

ゴジラ×メカゴジラ

なし
2002年製作 日本 88分 2002年12月14日上映
rating 3.1 3.1
18 0

『ゴジラ×メカゴジラ』とは

「ゴジラ」シリーズ第26作。主人公・家城茜と対ゴジラ用生体ロボット・3式機龍(メカゴジラ)を中心に、ゴジラとの戦いの様子が描かれる。監督は『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』の手塚昌明。脚本は同じく「ゴジラ×メガギラス」の三村渉が手掛ける。キャッチコピーは「砕け散るまで戦え!」。今作では久しぶりに自衛隊の全面協力が実現しており、実際の車両や航空機を使用して迫力満点の映像が撮影されている。出演は釈由美子・宅麻伸ほか。音楽はシリーズで初めての海外録音がおこなわれた。

『ゴジラ×メカゴジラ』のあらすじ

1999年。館山市に上陸したゴジラに対特殊生物自衛隊、通称「特生自衛隊」が攻撃を開始するが全く歯が立たない。「メーサー砲」のオペレーター・家城茜は、誤って仲間の車両を崖下に転落させてしまい、その車両はゴジラに踏みつぶされてしまった。自責の念を抱えたまま、茜は資料課への転属を言い渡される。一方、政府は各分野のエキスパートを集めて生体ロボット「機龍(メカゴジラ)」の開発を始めた。それから4年の月日を経て、ついに「MFS-33式機龍」が完成する。そして茜の機龍隊への転属が決定し、彼女はそのオペレーターに任命される。しかしテスト起動の最中、再びゴジラが出現した。茜は機龍を発進させ、ゴジラを迎撃する。

『ゴジラ×メカゴジラ』のスタッフ・キャスト

『ゴジラ×メカゴジラ』の感想・評価・ネタバレ

  • Shinji Sasaki
    Shinji Sasaki 3 2016年8月7日

    2016.8.7鑑賞

  • Hiro

    このメカゴジラはたぶん怪獣映画の中で一番カッコいい

  • cla_sta

    初ゴジ改変は解釈できるようになったけど、露骨な偽善推しでやっぱり好きになれない1作。

『ゴジラ×メカゴジラ』に関連する作品