SWEET SIXTEEN
SWEET SIXTEEN
Sweet Sixteen
2002年製作 イギリス 106分 2002年12月28日上映
rating 3.9 3.9
20 12

『SWEET SIXTEEN』のMoto Ishidukaの感想・評価・ネタバレ

Moto Ishiduka
Moto Ishiduka 5 2015年10月7日

題名にだまされたといっていいほどに衝撃を受けた作品だった。 16歳の甘い青春なんてものはこの映画には存在しない。今日を生きれても明日はわからない。クスリと銃とナイフとが町中にあふれている。タバコを売るのと同じ感覚でクスリを売りはじめた主人公のたったひとつの夢は母と幸せに暮らすこと。ただそれだけだった。早く大人になろうとする彼の行動の裏には全てにおいて母の存在があった。まだ子供なのに、まだ子供なのに、まだ子供なのに。母を思ってする行動全て16歳の子供がすることとは考えられない、その差がまだ胸をついた。 ラストにつれて観てるのも耐え難くなって、目を覆いたくなるようなシーンはそれを誰も望んでいなかったからだと思った。この作品みたら母に電話をしている自分がいるはず。声を聞きたくなるはず。