なごり雪

なごり雪

2002年製作 日本 111分 2002年9月28日上映
rating 2 2
2 0

『なごり雪』とは

『時をかける少女』『はるか、ノスタルジィ』の大林宣彦監督による大分三部作の一作目。自殺願望を持つ男が、故郷に帰り青春時代に想いを馳せるヒューマンドラマ。往年の名曲『なごり雪』の作曲者である伊勢正三が原案を出し、劇中でも『なごり雪』の歌詞の一部が台詞として使われている。映画会社大映の、事業合併前最後の制作・配給作品。主演は『ALWAYS 三丁目の夕日』『葛城事件』の三浦友和。ほか、須藤温子、宝生舞、長澤まさみら実力派キャストが物語を彩る。

『なごり雪』のあらすじ

50歳を目前にして、28年連れ添った妻に逃げられた梶村祐作は人生に絶望し、遺書をしたためるなど自暴自棄気味な生活を送っていた。そんなある日、梶村はかつての友人・水田健一郎から、妻の雪子が交通事故に遭い重症との一報を受ける。水田の頼みを聞き28年ぶりに故郷である臼杵市へ戻った梶村は、若かりし日、雪子と初めて出会った頃のことを思い出した。 当時、梶村は高校2年生、雪子は中学2年生だった。高校を卒業し、大学進学のため上京することになった梶村へ想いを寄せていた雪子と、返事をあやふやにし続けた梶村。28年越しの約束とすれ違いが、青春時代の思い出と共に紐解かれ、結ばれてゆく。

『なごり雪』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『なごり雪』に関連する作品