スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

STAR WARS EPISODE II:ATTACK OF THE CLONES
2002年製作 アメリカ 142分 2002年7月13日上映
rating 3.7 3.7
618 8

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』のスタッフ・キャスト

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika
    Erika 2 4月3日

    期待し過ぎた? 前作の勢いのまま物語が進んでいくかと思いきや話がゴチャゴチャしてきてややパワーダウンな感じ。前作と比べると全体の見所も少な目で期待してた分ちょっと残念な感じ。

  • エミデブ
    エミデブ 4 1月31日

    エピソード1からの成長と、エピソード3での結末、そしてエピソード6の帰還を知っているからこそ、アナキンの存在が揺れ動き始める今作はストップがきかないのはわかっていても、どうかアナキンに「怒りに支配されないでくれ」と願ってしまう。 エピソード6のジェダイの帰還に見られたように、僕はタイトルからミスリードを誘われて、クローンの攻撃がまさか味方の話だとは。その分、スカッとするあの戦闘シーンはやはり今作の目玉だろうか。 アナキンについては、アナキンはジェダイの中で一番人間味がある。だからこそ、それを否定することはできない。誰かを愛し、母親を殺した相手に憎しみを持つ。ただやはり若く、評議会やオビ=ワンに反発的であり、流されやすいところがある。 この段階でオビ=ワンとアナキンの力は拮抗してるかアナキンが劣ってるということがドュークーとの戦いで暗示されてたのでは?同じ相手に傷を負うオビ=ワンと片腕を切り落とされるアナキン。もちろん、この切り落としはエピソード5との繋がりも待たせてるんだろうけども。 個人的にはジャンゴフェットとボバフェットが、エピソード2とエピソード5、6に分かれて親子の死が描かれているところを評価したい。クローンであり息子として育てられたボバフェットが、エピソード5、6ではルーク、ハン・ソロの前にたちはだかるこの系譜。ジョジョみたいだ。しかも、驚くべきはオビ=ワンとハン・ソロの乗り物での逃げ方が同じため、エピソード5では見抜かれてること、親子ともに死因が同じであること。よくここまで練れたなぁ。

  • manikademonika
    manikademonika 3 2016年11月27日

    決めた!ジェダイがいい。 ん?私は断然オビワン派!

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』に関連する作品