YOYOCHU SEXと代々木忠の世界

YOYOCHU SEXと代々木忠の世界

rating 4.5 4.5
1 0

『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』とは

AV界の巨匠、「ヨヨチュウ」こと代々木忠の半生を追ったドキュメンタリー映画。愛染恭子、加藤鷹などのAV界関係者及び落語家の笑福亭鶴瓶、漫画家の槇村さとるなどの著名人へのインタビューを交えて、1980年代始めのAVの萌芽期といえる時代から大ヒット作や問題作を次々と世に送り出してきた激動の人生を描く。 監督は、80年代に代々木忠の右腕として尽力し、『PAIN/ペイン』、『アニメ師・杉井ギサブロー』で知られる石岡正人。本作は第5回ローマ国際映画祭のEXTRA部門へ正式出品された。

『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』のあらすじ

AV界のカリスマ的存在である代々木忠。愛染恭子の本番シリーズや「ザ・オナニー」シリーズなど世界に衝撃を与え続ける作品を果敢に発表してきた。AVの世界に入るまでの代々木監督の生い立ちも波乱に満ちたものだった。3歳の時に母を亡くし、不良だった中高生時代、その後、暴力団の世界に足を踏み入れた時期もあった。 そしてその当時、多くのピンク映画を製作していたワールド映画社に入社し、33歳で『ある少女の手記・快感』で監督デビューする。ピンク映画、AV界の関係者、そして彼の作品を愛してやまない著名人へのインタビューを通して、代々木監督の素顔と彼の激動の人生に迫る。

『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』のスタッフ・キャスト

『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』の感想・評価・ネタバレ

  • RyoSaitoOp3
    RyoSaitoOp3 4 2012年11月27日

    性交渉とはコミュニケーションなんだな。 精神的な繋がりがあるという感覚によって快感は大きくなるらしい。 でも、催眠CDでも代用できるらしい。

『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』に関連する作品