アイアン・ジャイアント

rating 4 4
71 15

「アイアン・ジャイアント」のスタッフ・キャスト

「アイアン・ジャイアント」の感想・評価・ネタバレ

  • Chiaki_1
    Chiaki_1 4 4月9日

    ある少年とロボットが友情を育む物語、と言ってしまえばそのままのストーリーでしたが、シンプルでムダのない、本当によく出来た素晴らしいアニメでした。 舞台は、ソビエト連邦からスプートニク一号が打ち上げられた1957年のアメリカ。どこからどうして来たのか何もわからない巨大な鉄のロボット、アイアン・ジャイアントと彼を助けた少年・ホーガースとの心の交流、そして彼らとは対照的に偏った考えで後先考えず行動してしまう大人が描かれています。 2Dのアニメーションの中に、ジャイアントだけコンピューターグラフィックで描くという手法が使われていますが、映画を観終わった後に調べるまでわかりませんでした。それくらいなじんでいます。 最後の終わり方もとってもとってもよかったです。絶対感動して泣いちゃうよこんなお話… 子供ができたら必ず観せたいです。Mr.インクレディブルの監督がピクサーに移る前に作ったものっていうのも知らなかった。 ジャイアント、めちゃくちゃ愛くるしいです。ロボットと少年が心を通わす物語史上、ベイマックスとアイアン・ジャイアントが私の中で二強になりました。

  • Ryohei_Shiota
    Ryohei_Shiota 3.5 2016年11月29日

    自分に子供が出来たら見せてあげたいくらいワクワクするし、道徳の勉強になるような作品でした。 終わり方も綺麗で夢がある。

  • HMworldtraveller
    HMworldtraveller 3 2015年11月1日

    ”You are who choose to be” (なりたい自分になればいい)。このひと言はとても良かった。 どこから来たのか正体不明の巨大ロボットとアメリカの片田舎の少年との心の交流を描いたアニメ。ロボットはブリキのおもちゃ博物館に並んでいそうなレトロなビジュアルで無骨な感じが逆に可愛い。 ストーリーはロボット版E.T.みたいな王道パターンで定石どおりの展開です。安心感がある一方で、どうしても既視感があるのは否めずオリジナリティを感じることはあまりなかった。86分と短めなのであと10-15分足しても間延びしない長さに充分収まることを考えると、このロボットの成り立ちや少年と友情を深めていく過程にもう少し時間をかけてもよかった気がする。と言うより、それをもっと見たかった。 正体のわからない相手に恐怖を感じて軍を多数動員しあらゆる軍事戦力を投入するのは いつの時代も同じ。ただ、ついにはノーチラスから核ミサイルまで発射するというのは、戦争や核に対する警鐘または皮肉なんだろうか。