青い青い空

青い青い空

rating 0 -
0 0

『青い青い空』とは

静岡県にある浜名湖の地域振興を目的に、地元の映画製作プロジェクトとして製作された青春ドラマ。浜松市の女子高生5人が書道を通じて絆を深め、成長していく姿を描く。 監督・脚本・編集は、『朝日のあたる家』や『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』の太田隆文。『リュウグウノツカイ』の相葉香凛、俳優・草刈正雄の娘の草刈麻有、『朝日の当たる家』の橋本わかな、『県庁おもてなし課』の田辺愛美、『ノルウェイの森』の平沢いずみらが5人の女子高生を演じている。

『青い青い空』のあらすじ

静岡県浜松市の高校生・住田真子は、大学受験のことで母親ともめてから1年以上まともに口をきいていなかった。ある日、親友でモデルを目指す佐津川みさとに書道部に入ろうと誘われる真子。 書道部の顧問は臨時講師としてやってきた元ヤンの教師・八代和樹だった。彼の熱い言葉に心を動かされた真子は入部を決意する。そして、親友のみさと、ある事情で口がきけない飯島三美子、痩せたい天竜塔子、帰国子女の高見沢ミチル、真子に片想い中の児玉卓也らと共に、八代の書道指導を受けるのだった。 書道を通じ、まったく仲が良くなかった5人の女子高生たちは、次第に絆を深めていく……。

『青い青い空』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『青い青い空』に関連する作品