コーリャ 愛のプラハ

コーリャ 愛のプラハ

Kolja
1996年製作 チェコ・イギリス・フランス 105分 1997年6月14日上映
rating 3.5 3.5
4 4

『コーリャ 愛のプラハ』とは

民主化前のチェコスロヴァキアを舞台に、自由気ままに生きてきた中年チェリストと、5歳の少年の心の交流をに描いたドラマ。監督は『アキュムレーター1』で注目されたヤン・スヴィエラーク。主演は、監督の実父で舞台俳優でもある、ズディニェク・スヴィエラーク。ズディニェクは、脚本にも参加している。コーリャ役のアンドレイ・ハリモンは、オーディションで選ばれた。1997年の年ゴールデン・グローブ賞では外国語映画賞を受賞している。

『コーリャ 愛のプラハ』のあらすじ

プラハに暮らす、独身の中年チェロ奏者ロウカ。オーケストラで演奏した事もあったが、今ではすっかり落ちぶれていた。ある日悪友から、チェコの国籍を欲しがるロシア人の女との偽装結婚を持ちかけられる。ロウカは、お金のために申し出を受け入れる。ところが女は、5才の男の子を残して、西ドイツに亡命してしまう。言葉もわからない子供に戸惑うロウカ。だが、徐々に父親意識が目覚め、コーリャを自分の元で育てることができるよう、飛び回る。そのさなか、ベルリンの壁が崩壊する。チェコでも国が分裂。情勢の不安に心配になったのか、母親がコーリャを迎えに来るのだった。

『コーリャ 愛のプラハ』のスタッフ・キャスト

『コーリャ 愛のプラハ』の感想・評価・ネタバレ

『コーリャ 愛のプラハ』に関連する作品