ドラゴンボール 最強への道

ドラゴンボール 最強への道

rating 3.5 3.5
12 1

『ドラゴンボール 最強への道』とは

「ドラゴンボール」シリーズの劇場版アニメ第17作。『ドラゴンボール』初期の話を、改めて描いた長編作品。東映アニメフェアの1作品として、『ご近所物語』と同時上映された。まだ子どもだった悟空が、ブルマやヤムチャ、亀仙人などと出会っていく様子が描かれる。監督は他の劇場版「ドラゴンボール」シリーズも手掛けている山内重保。脚本は『ママレード・ボーイ』の松井亜弥。原作者の漫画家・鳥山明が、この映画用にデザインしたロボットも活躍する。

『ドラゴンボール 最強への道』のあらすじ

しっぽがある少年・孫悟空。元気で自然児の悟空はある日、ブルマという少女と出会う。ブルマは「7つ揃えるとなんでも願い事がかなう」と言われるドラゴンボールを探し求めていた。ブルマは二星球と五星球を入手しており、悟空は四星球を持っていた。そして2人はいっしょにドラゴンボールを探す旅に出る。道中でウーロンを仲間に加え、3人は盗賊ヤムチャとプーアルのコンビと対戦。さらに七星球を求めて、悪の組織「レッドリボン軍」の基地に悟空たちは乗り込む。

『ドラゴンボール 最強への道』のスタッフ・キャスト

『ドラゴンボール 最強への道』の感想・評価・ネタバレ

『ドラゴンボール 最強への道』に関連する作品