ドラえもん のび太の創世日記

ドラえもん のび太の創世日記

rating 3.6 3.6
51 0

『ドラえもん のび太の創世日記』とは

大長編「ドラえもん」シリーズの第15作目、映画シリーズでは第16作目。藤子・F・不二雄が月刊コロコロコミックの、1994年9月号から1995年3月号に掲載した原作を元に、芝山努が監督を務め1995年3月4日に公開された作品である。同時上映作品は『2112年 ドラえもん誕生』。 今回の作品では、実際の弥生時代などを舞台にしていたり、羅生門や浦島太郎(すずめのおやど)などの物語を踏襲された世界観となっており、ドラえもんたちが作り上げた地球でいろいろな出来事が起きる内容となっている。 エンディングテーマの『さよならにさよなら』は、シリーズ中初めて海援隊が主題歌を担当しており、本作も例年通り武田鉄矢が作詞を担当している。

『ドラえもん のび太の創世日記』のあらすじ

夏休みのこと。のび太は、自由研究のテーマが見つからず悩んでいた。そこで、しずかちゃんや出木杉くんの自由研究を参考にしようと見に行くが、どれも難しそうで諦める。 そして悩みに悩んだ結果、のび太はいい事を思いつく。それは、未来の自分がやった自由研究を見に行く事だったのだ。早速、のび太はタイムマシンに乗り未来へ出発するが、途中タイムパトロールに話を事情を聞かれたりし、時空をさまよっていると、配達員からドラえもん宛の荷物を預かった。しかも、その荷物は未来デパートの夏休み宿題コーナーからだと知り、急いで家に持って帰ることに。そして、ドラえもんの帰りを待つことにするが……。

『ドラえもん のび太の創世日記』のスタッフ・キャスト

『ドラえもん のび太の創世日記』の感想・評価・ネタバレ

  • 翔

    今回は創世日記。 この作品は中々異彩を放っているように思える。まず他作品と比べて圧倒的にいつものメンバー達の活躍シーンが少ないのだ。それもそのはず、この作品の趣旨は"神"として見守ることだから。のび太の夏休みにおける自由研究課題としてドラえもんが出したひみつ道具はなんと「新しい地球を創造するスターターキット」。スケールがおかしい、言うなれば命が芽生えるシミュレーションゲームなのである。のび太とドラえもんが新たな地球を作り、生物の進化を促したり少々人間を手助けしたりの繰り返しで地球を発展させていく…そんな物語。 ここまで読んでいただければ分かる通り、恐ろしい限りだ。新たな宇宙を生み出して新たな地球を作成して。そんな事が出来る未来のテクノロジーがまず最恐であるうえに、進化の促進や退行を司ることが可能ということに対しても身震いが止まらない。 ある程度はフィクションの都合で笑って済ませることが出来るものの、今作に登場するひみつ道具は限りなくアウトに近い。藤子先生のブラックなSFワールド全開ともいえる一本なのではないだろうか。 ひみつ道具さえあれば本当に神様と同じように振る舞うことが出来る、何をすることだって可能。逆にこの地球は(まぁ当然といえば当然だが)早送り機能がついている。22世紀の地球で生まれたひみつ道具の中で作られた地球が22世紀のテクノロジー基準を超えた時、神様は神様でいられるのか? 現にこの「創世日記」では、のび太たちによる人的作用が進化体系へと働いた結果、歪で不自然なパラレルワールド的な地球が生まれてしまった。そんな半分ファンタジー半分ホラーなストーリーが展開されている。かなり挑戦的な題材のドラえもんだ。 個人的な思い出スポットは 大塚明夫ボイスのカマキリ人間と 白神様

  • aia__N

    これも観たなぁ。。。

  • なーみー
    なーみー 3 2014年8月22日

    神様になって地球を作るという壮大すぎる夏休みの自由研究。子供の嫌な宿題も冒険に描いてるからすごい。歴史の勉強になる。すごい不気味な雰囲気だけど。普段のドラえもんとのギャップでか、不気味な描写好き。

『ドラえもん のび太の創世日記』に関連する作品