キック・アス
キック・アス
Kick-Ass
2010年製作 アメリカ・イギリス 117分 2010年12月18日上映
rating 3.8 3.8
1165 76

『キック・アス』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika
    Erika 4 5月31日

    ヤリきってる感が良い! 可愛い女の子がキッタナイ言葉を連発しながら銃をブッ放す、よく考えたらとんでもない映画。残虐なシーンでもブラックユーモアとファンキーなアクションでつい笑っちゃう。でも子供は観ちゃダメ。

  • かにみ
    かにみ 4 5月20日

    ビッグダディカッコよかった もっと見たいけど3作らないかな

  • Yuzukappa
    Yuzukappa 3 4月29日

    前半個人的にのれないかったが、後半のアクションシーンで突き抜けた感じ。 変な話。くだらないのかマジなのか、ギャグなのかグロなのか、今までになかった世界観でたのしかった。 どうもヒーローというものに興味が持てず、テーマ性としてはさほどハマらなかった、そして、なにもできてないのに恋人とうまくいって、それも特殊能力やで、と言いたくなった、モテる男はちがうやん、普通にという感じで。 クロエモレッツの撃つ時の歪んだ口が最高笑

  • ノアアーク
    ノアアーク 4 4月28日

    殺しのシーンが多いが、映像が残虐に見えないようにうまくまとまっている。笑えるシーンも多くあり、シンプルに最後まで楽しめる作品。

  • なじ
    なじ 3 1月14日

    コメディとバイオレンスの化学反応。

  • YU66 RAMONE
    YU66 RAMONE 4 2017年10月18日

    劇場で観てから何年ぶりかの再観! おバカだけど正義感に満ち溢れた主人公キックアスと汚過ぎる言葉連発しながら強過ぎるヒットガール! ドギツイ描写も含めて笑ってしまいます。クロエちゃんが必ず大女優になると確信出来る魅力たっぷりです。

  • zume

    TSUTAYAデビューして、やっと観れた。 ヒットガール可愛すぎ。 劇中歌も効果的に使われてて、テンション上がった。 ビッグダディは土下座しない方のヤツ。

  • Tatsuya Mazaki
    Tatsuya Mazaki 4 2017年4月7日

    サブカル感、挿入歌、アクションシーン... 最高です! クロエちゃんがかわいい!

  • ベルコモ
    ベルコモ 1 2016年7月31日

    不道徳。少女と父さんの感動シチュエーションが??だった。映像も陰湿さと暴力で嫌。良かったのは変なヒーロー達の原色のコスチュームと明るい音楽。

  • はむ

    へぇーって感じでした。クロエちゃんきゅーと。

  • ブルーガール
    ブルーガール 3 2016年4月11日

    ヒットガールが可愛いかった。

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 3 2016年4月2日

    【ヒーローとは何か?】 著名なキャストの割りにB級臭が漂う、しかしそれを上回る痛快なアクション・コメディ。が、ハマる人はハマるが、ハマらない人には全くダメなジャンルで、ターゲットの観客層はさほど広くはないかもしれない。なんせ、11歳の少女が銃やナイフを自在に扱い、大の男が束になってかかってもかなわない強さを発揮し次々と倒していくのだから。だが、その時点で紛れもなく現実味のない虚構の世界であることが観客にインプットされる。この明確な線引きと軽快な音楽、エンタメに振り切った非現実的なアクション描写がプラスに働いて、大量殺戮にも不快感を感じない。これがマシュー・ヴォーンかと改めて思った。キングスマンで痺れたキレッキレのアクションとポップで印象的な音楽使いは既にこの作品から顕在化していた。 物語はどこにでもいる普通の(と言うよりも冴えないヘタレの)男子高校生がヒーローに憧れ、ネットで買ったコスチュームを身に纏ってキック・アスと称し弱者を救うべく活動するというもの。この類の物語でヒーローと言えば一般的には常人をはるかに超えた特殊能力を持った存在を思い浮かべる。が、キック・アスはどこまでも平凡だ。我らが一般人代表と言ってもいいかもしれない。コスチュームを身に着けても何かが変わるわけでもなく、蹴られ殴られ簡単にハメられ無力感に打ちひしがれる。が、ボロボロになり挫折しヒーローになりきれない自分に気が付いた後でも自分の責任や守るべきものを守るためには勇気を奮って立ち上がる。 通常思い浮かべるヒーローは破格の力をもって不特定多数の人々や社会を守る。それは確かに特殊能力もしくはそれに代わる財力や権限がないと無理だろう。だけど自分にとって特別な人を「守る」ことや特定の誰かの「ヒーロー」にならなれる。物語の終盤のシーンもあくまでもアメコミ路線で現実的な描写ではない。けれど、情けなかったキック・アスが漠然としたヒーロー願望ではなく責任感にかられてヒットガールを助けに行くのを見て、本作のぶっ飛んだコミカルな描写の中に、そんなメッセージをちらりと感じた。もちろん、ただただ頭を空っぽにして強過ぎるヒットガールの痛快な活躍ぶりを楽しむのも良し! p.s.この時のクロエちゃんは無条件に可愛い!けれど素顔よりもマスク着用姿のほうが更に可愛いと思った私。この時のニコラス・ケイジのコスチュームにもなぜか萌える。決してコスプレが好きとか、そういうことではありませんが 笑。

  • Ryo Uchida
    Ryo Uchida 4 2016年2月27日

    ある意味終始茶番…と言ったら聞こえは悪いけど、全体的にコミカルでスカッともできる映画。全体的にグロテスクなシーンも多いけど、それも合わさって楽しめる。

  • syn490

    記録用。 久しぶりに観た。2を観るために。 おもしろい!

  • ぼー

    DVD。

  • hiroenag

    録画したスカパー放映映画の消化案件その2。映画の中でよく引き合いに出される「キック・アス」。なるほど、こういう話だったのかと思いました。クロエ・グレース・モレッツが超カワイイ。なんだろ、完璧な美少女ではなく、どこか微妙(特に鼻?)なところがカワイイのだと思います。またその可愛らしい子が容赦無いところも、この映画の面白さなのかも。

  • han_nm7

    ヒットガールのアクションシーンが見応えあります

  • Me

    ヒーローものとかアクションとか別に好きじゃないけど、 クロエちゃんがでてるから観てみた アメリカの映画って、シュールよな なんか 大事なところが やからつかれんのかなわからんけど

  • ほこりくん
    ほこりくん 4 2015年12月12日

    2015年12月12日 11歳の女の子がバッサバッサと悪党を惨殺していく映画である。文字列だけみたら恐ろしいものがあるが、コメディ色満載で、基本的に笑いながら鑑賞した。ただ、締めるところはきっちりと締めてくれるという、模範的なサラリーマンのような映画なので、終始こちらを飽きさせない内容になっている。クロエモレッツ演じる「ヒットガール」がとにかく強くてかわいい。本当にかわいい。普通に殺されたい。私の理想の死因である。ヒットガールは本作のポスターでも主役を差し置きど真ん中でしたり顔をする程には目立っていた。しかし、本作ではあくまでもスポットライトは常に主役のダメダメヒーローである「キックアス」に当たっていたというのが良かった。その事がより一層「準主役」としてのヒットガールの魅力を高める形になったのではないだろうか。戦闘中の音楽も凝っており、特にジョーンジェットの曲が印象深い。後はキックアスの性癖守備範囲がドレーク海峡並に広いのが好印象である。

  • あちゃ
    あちゃ 4 2015年11月24日

    2015/11/25 鑑賞 この映画を観ているフツーで地味な視聴者、少なかれその中の一人な訳ですが、そんな僕と同じようなフツーな青年がヒーローに憧れを抱き、世を恐怖に陥れる悪に立ち向かっていく、そんな勧善懲悪映画。 と書けばそれこそなんの変哲も無い映画になってしまうのですが、決してそんなことはありません! 変化球・痛快爽快ヒーロー映画!!(バイオレンス要素あり)