釣りバカ日誌S

釣りバカ日誌S

1994年製作 日本 106分 1994年7月16日上映
rating 2 2
5 0

『釣りバカ日誌S』とは

人気コメディ映画「釣りバカ日誌」の第7作目。前作までは「男はつらいよ」シリーズとの併映だったが、スペシャル編と言うこともあり、今回初めての1本立興行として上映された。やまさき十三作、北見けんいち画による同名コミックを原作に、前作までの栗山富夫に代わり森崎東がメガホンを取り今までのシリーズとは異なった重喜劇となった。脚本は山田洋次と関根俊夫の共同執筆、撮影は前作までの安田浩助に代わり『民暴の帝王』(1993年)の東原三郎が担当した。 主演の西田敏行、三國連太郎をはじめ、今作のゲストには富田靖子、田中邦衛らが出演した。

『釣りバカ日誌S』のあらすじ

ある日、鈴木建設の社長であるスーさん(三國連太郎)の所へ、親友で宝石屋の社長・山内昭男(西村晃)がやって来た。山内の息子・健吾(加勢大周)が佐々木課長の娘・志野(富田靖子)に一目惚れしたと言う。そこでスーさんは、佐々木課長を呼び出し、健吾と志野の見合い話を持ち掛ける事に。その帰り道、スーさんはハマちゃん(西田敏行)が出張中で不在の浜崎家を気遣い、浜崎家に立ち寄ることにした。しかし、そのまま酔っぱらい泊まってしまうのだった。翌朝、帰宅するスーさんを近所の自転車屋・田宮辰夫(田中邦衛)に見られてしまい不倫騒ぎになってしまう。そして、出張から戻ったハマちゃんにも疑われたみちこは怒って実家に帰ってしまったのだ。 それから数日後、志野は健吾との見合い話を断った。佐々木課長はこの責任を取ろうとスーさんに辞表を提出する。すると、そこに自暴自棄になったハマちゃんも辞表を持ってやって来のだが......。

『釣りバカ日誌S』の感想・評価・ネタバレ

『釣りバカ日誌S』に関連する作品