バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ

バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ

1991年製作 日本 97分 1991年9月14日上映
rating 1 1
1 0

『バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ』とは

人気コメディー映画「バカヤロー」シリーズの第四弾。前作までと異なり今作は三話でのオムニバス形式となる。総指揮と脚本は前三作と同じ森田芳光が担当。そして、監督は全員が本作で映画デビューした爆笑問題の太田光が第一話、加藤良一が第二話、森明石知幸が第三話をそれぞれ手掛けた。撮影は「マルサの女」シリーズの前田米造が務めた。 主演は、落語家の春風亭小朝(第一話)、歌手で俳優の沢田研二(第二話)、香港のアクション俳優のユン・ピョウ(第三話)が演じる。

『バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ』のあらすじ

第1話「泊ったら最後」小西源吉(春風亭小朝)は『スワローズ』と言うペンションを妻と経営していた。ある日、若い男女グループがペンションへ訪れる。ところが、源吉は厳しいペンションのルールを強要し食事もまずく若者たちは脱走を試みる。しかし、先回りしていた源吉に連れ戻され最終日まで振り回される羽目に。そして別れの時、惜しむ夫婦に若者たちは電車に乗り込むと「バカヤロー!」と叫ぶのであった......。 第2話「カラダだけの男」東京で働く潔癖症の白石はじめ(沢田研二)は、都会を嫌い故郷の越後湯沢から通勤していた。社内での彼の成績は良く、上司の命令で仕方なく都内に引っ越すこととなった。しかし、都会での生活に白石のストレスは溜まる一方。エスカレートしていくはじめの潔癖症によって、妻の輪子(松田美由紀)まで精神的に限界を迎えるのであった......。 第3話「サギるなジャパン」香港の留学生のホイ(ユン・ピョウ)は、日本語の勉強をしながらバイト生活を送っていた。ある日、ホイは出会った美女の美根(原久美子)に心を奪われた。そしてホイは美根の言いなりになって高額な物を次々と買わされてしまう。やがて、ホイが美根に騙されていると気付いた時にはすでに美根の姿を無く、悔しさにホイは「バカヤロー!」と叫ぶのだった......。

『バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ』のスタッフ・キャスト

『バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ』に関連する作品