2017年7月6日更新

黒崎レイナがかわいい!ドラマ『ハガネの女』でデビューした女優が2016年ブレイク!?

2011年の鮮烈な女優デビューから、ドラマ、モデル、CMなど多才な活躍で人気が沸騰している黒崎レイナ。最近では、味の素Cook DoのCMがとても印象的でした。初出演した映画も公開されて、いよいよ2016年はブレイクの予感!

黒崎レイナのプロフィール

黒崎レイナは、愛知県出身の1998年11月11日生まれ、身長161㎝、血液型はB型。学業のかたわら、女優、ファッションモデル、CMにとマルチに活躍する高校生です。

モデルとしては、人気ファッション雑誌『二コラ』の専属として2012年1月号から2015年5月号まで登場、2015年8月からは『セブンティーン』誌の専属になりました。

161㎝はモデルとして格別高くもありませんが、なんといってもすらりとした抜群のスタイルとぱちりとしたつぶらな瞳が魅力的。オフィシャルブログでは私服も披露しており、さすがモデルだけあっておしゃれな着こなし。好きなブランドはINGNIやH&Mだそうです。

趣味はマンガを描くことと歌を歌うこと、そして、特技は絵を描くことだとか。たまに友達とカラオケを楽しんでいるようです。もしかして近い将来、歌手デビュー、あるいはイラストデビューなんてこともあるかも?!

ガールズアワード2015においては、ファッションショーにも登場しました。同じセブンティーン・モデルの岡本夏美(右)と共に堂々としたウオーキングぶりを披露しています。

2014年、ファンキー加藤『輝け』のミュージック・ビデオに登場し、そのかわいらしさが評判になりました。白いプレーンなワンピース姿で海沿いを走る姿がなんとも初々しく輝いています。ミュージック・ビデオでも、素晴らしい演技力からくる存在感に注目です。

ドラマ『ハガネの女』でデビュー

女優としてテレビドラマ初出演はテレビ朝日の『ハガネの女』です。2011年春、シーズン2の初回スペシャルと第5話にタオ・ビンセン役として登場しています。

吉瀬美智子演じるハガネのクラスに転校してきた外国人の少女、しかも両親が国外退去処分になってしまいひとりぼっち、という非常に難しい役どころを体当たりで演じ、 これが女優デビューとは思えない強い印象を残しました。

「えっ、初めての私でもいいんですか!? って思いました。でも『ハガネの女』はずっと見ててすごく出たかったので、うれしかったです」
引用:deview.co.jp

黒崎レイナのその他の主な出演ドラマ

『ハガネの女』以降、複数の人気ドラマにゲスト出演しています。日本テレビ『ブルドクター』(2011.7.6 オンエア)、テレビ朝日『DOCTORS 最強の名医』(2011.10.27オンエア)、関西テレビ『幽かな彼女』(2013.04.09オンエア)など。なんと全て重要な初回に登場しています。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』でスクリーンデビュー

2016年2月27日公開の本作において、黒崎レイナは2年D組の西野あや役で登場します。中島健人演じる黒崎を追っかける女子3人の1人です。

講談社の別冊フレンドに連載中の大人気漫画の実写化で、原作はマキノ。高校の学園寮を舞台にした物語で、若手実力派俳優を揃えたキャストが話題になりました。

ちなみに、2015年12月には日本テレビで放送された、同作品の二夜連続スペシャルドラマ版にも黒崎レイナは同じ役柄で出演しています。

「Cook Do」のCMがかわいいと話題に!

杉咲花とともに、味の素のCook DO「回鍋肉 無くなるよ」篇に登場し、お茶の間で話題です。

いつもの三人家族の食卓に、杉咲の友人として訪ねてきたという設定の黒崎レイナ。「回鍋肉無くなるよ」と言われて、実に美味しそうに頬張る姿がとてもかわいいです。

「あんたっちって、いつもこう?」と狼狽えたときの顔がたまらないという声も多数!