2020年6月17日更新

【犬夜叉】奈落の正体は鬼蜘蛛!最強の半妖におとずれた切ない最期とは?

『犬夜叉』 奈落 編集記事 サムネイル

『犬夜叉』に出てくるなかで、最大最強の敵・奈落(ならく)。過去には桔梗と犬夜叉の仲を引き裂き、その後も四魂の玉を求めて犬夜叉たちの前に立ちはだかります。彼の本当の目的や正体、犬夜叉と最後の戦いまで徹底的に解説します。

目次

『犬夜叉』最強のラスボス・奈落は半妖?正体や過去にせまる【ネタバレ注意】

高橋留美子による漫画作品『犬夜叉』は、 戦国時代を舞台に、半妖・犬夜叉と、かつて彼の恋人だった巫女の生まれ変わりの女子中学生・日暮かごめが妖怪と戦う物語です。 そこに登場するラスボス的な存在の奈落。 彼は鬼蜘蛛という妖怪盗賊を中心とした、妖怪の集合体であり、半妖です。しかし半妖でありながら、邪気と妖力は妖怪を凌ぐものがあります。まとう瘴気(しょうき)は非常に濃く、全身が毒の塊です。 ※本記事では『犬夜叉』の奈落について詳しく紹介します。最終巻までのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

犬夜叉と桔梗が仲違いする元凶となった奈落

かつてお互いに惹かれ合っていた犬夜叉と桔梗(ききょう)。犬夜叉は「四魂の玉」の力で人間になり、桔梗と共に生きていくことを約束していました。 しかし奈落はこの約束を知り、2人を罠に嵌(は)めたのです。姿の定まっていない奈落は、どんな姿にも変身できます。犬夜叉の前では桔梗になりすまし、桔梗の前では犬夜叉になりすまし、双方に異なる約束の場所と時間を伝えたのです。 奈落は1人ずつおびき出し、変身した姿でそれぞれを襲います。お互いに約束を裏切られたと勘違いし、激情した犬夜叉は村を襲い四魂の玉を奪おうとし、そんな犬夜叉を桔梗は封印しました。 誤解が解けぬまま別れることになった2人。そして長い年月の間、お互いに憎み合うことになりました。

奈落の正体は鬼蜘蛛?

奈落の核となっているのは、人間の野盗・鬼蜘蛛です。彼は人間でありながら、妖怪を凌ぐほどの邪気を持っていました。 全身に火傷を負い楓(桔梗の妹)の村にたどり着いたところを、当時村の巫女だった桔梗に介抱されます。やがて甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる桔梗に恋焦がれていきますが、傷のせいで自由に動くこともままなりません。 次第に彼女への想いは鬱屈(うっくつ)していき、彼自身の持つ強烈な邪気で無数の妖怪を引き寄せ始めます。彼は妖怪たちに魂を食わせ、自身は妖怪を受け入れることで動ける身体を手に入れました。 こうして鬼蜘蛛を核にして生まれたのが、無数の妖怪との集合体である「奈落」です。

第一形態から最終形態まで姿を変える

第一形態は本来の姿。狒々(ひひ)の皮をかぶっていて、素顔を見せることはありません。 第二形態は、人見蔭刀(ひとみかげわき)という美形の城主をのっとった姿です。奈落の姿として頻出していて、最も有名な形態です。 第三形態は鎧をまとい、3本の龍のしっぽ、両肩には突起、胸に目玉という姿。この形態になってからは、ほぼ無敵の存在になっています。 第四形態は巨大な蜘蛛の形をしています。その体は真っ黒で、鎧のような硬さです。 最終形態は四魂の玉を完全に取り込んだ状態です。下半身がなく白髪で、能面と鬼を合わせたような不気味な姿をしています。動くことは一切できません。

奈落の目的とは?桔梗への想い

奈落が本当に欲していたものは、桔梗の心を自分のものにすることでした。 奈落は、自分のなかに残るこの鬼蜘蛛の心、すなわち桔梗への想いが邪魔で、どうにかして消そうとします。鬼蜘蛛を奈落から切り離そうとし、ついには自ら桔梗を殺しました。 しかし桔梗を亡き者としたことで、奈落は自分自身が彼女を手に入れたいと思っていたことを思い知ることに。桔梗を手に入れたいという想いは、鬼蜘蛛だけのものではなく、奈落のものでもあったのです。 すでに彼女は奈落自身が殺してしまっているため、目的が果たされることはありませんでした。

人の絆を引き裂く奈落!苦悩も抱える

奈落の行動概念は、人と人との絆を呪いで引き裂くことです。 鬼蜘蛛を中心とした妖怪の集合体であるため、取りついたそれぞれの妖怪が持っている感情を併せ持っています。 しかし鬼蜘蛛の本来の感情とそれらが相反することもあり、苦悩する場面も。 絆を引き裂くという行為は、逆に絆の大切さを知っていることの裏返しでもあります。

神無(かんな)や神楽(かぐら)たちは奈落の分身!

奈落には7人の分身がいます。種族も性別もバラバラですが、兄弟姉妹の関係です。

神無(かんな)

最初に生み出した「無」の分身。無口で少女の様な見た目をしていて、奈落に対して従順です。いつも大きな鏡である「死鏡」を抱えています。その鏡は、魂を吸い取って攻撃を跳ね返す力を持っています。

神楽

「風」の分身です。若い女性の姿で、口調は蓮っ葉です。扇子で風を操ることができ、カマイタチで切り裂く技を得意としています。 風のように自由に生きたいと思っているため奈落から離れたいのですが、心臓を握られているため嫌々従っています。

犬夜叉たちと最終対決!最終形態に進化するも消滅

ついに四魂の玉を完成させた奈落のもとに、犬夜叉・殺生丸(せっしょうまる)一行が向かいます。奈落は、珊瑚(さんご)や弥勒(みろく)の心につけ入り、仲違いをさせようとしました。絆を引き裂こうとするも失敗し、駆けつけた犬夜叉たちと最終決戦を迎えます。 犬夜叉と戦った際、赤い鉄砕牙(てっさいが)で攻撃され致命傷を負いました。その後、白霊山(はくれいざん)に身を隠し新しい奈落としてパワーアップします。 さらに四魂の玉を吸収し最終形態に。 殺生丸の爆砕牙(ばくさいが)で攻撃するも致命傷には至らず、すさまじい瘴気で村すらも巻き添えにしようとします。 最後は、犬夜叉が放った最大出力の斬る冥道残月破(めいどうざんげつは)のダメージと、かごめの破魔の矢で四魂の玉を射抜かれ消滅しました。

奈落はラスボスではない!?黒幕は……

奈落の悪を増長させ、強大な力となるように仕向けていたのは、「四魂の玉」です。人や妖怪に強い力を与え、どんな願いも叶えてくれるとされている宝玉。それ自身に自我があり、持ち主の欲望を玉に閉じ込めることで、この世に存在し続けることができます。 四魂の玉は奈落を操り、自身がこの世に存在し続けようとしました。しかし、より欲望をかきたてるために所有者の「本当の願い」だけは決して叶えてくれないのです。 本編では奈落が敗れたあと、奈落とかごめを取り込もうとします。玉はかごめを利用しようとしますが、彼女は不滅の四魂の玉を唯一消滅させられる「正しい願い」を口にし、玉は消滅しました。 その願いとは、「四魂の玉の消滅を願う」というものでした。

奈落の声優は?人見蔭刀の声は森川智之が務める

奈落の声優は、姿によって違います。

家中宏(やなかひろし)

誰の姿も借りていない状態は、家中宏が担当しています。海外ドラマや洋画の吹き替え中心に活躍している声優で、ジョン・キューザックの持ち役で有名です。 彼が担当した代表的なアニメキャラクターは、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の本田速人です。

森川智之(もりかわとしゆき)

人見蔭刀の姿を借りているときは、森川智之が声を務めています。彼は二枚目さわやか系のキャラクターを得意としていて、自身は所属している声優事務所・アクセルワンの代表取締役でもあります。 彼が担当した代表的なキャラクターは、『地獄先生ぬ〜べ〜』の玉藻(たまも)京介や、『金田一少年の事件簿』の明智健悟(あけちけんご)などがあります。