2017年8月29日更新

梶裕貴おすすめアニメ20選

歌手、ナレーターなどでも活躍中の梶裕貴。『進撃の巨人』のエレン・イェーガー、『七つの大罪』メダリオンなどの声を担当しています。今回はそんな梶裕貴の出演したおすすめアニメ20選をご紹介します!

人気声優、梶裕貴

歌手、声優としても活躍する声優梶裕貴は、1985年9月3日生まれの東京都出身です。身長170cm、体重56kg、血液型はO型です。代表作に『進撃の巨人』(エレン・イェーガー)『七つの大罪』(メリオダス)などがあります。高校生の頃から声優を目指しており、高校時代は演劇部に所属していました。

2004年にゲーム作品で声優デビューし、2006年にアニメ『ふしぎ星の☆ふたご姫』でテレビアニメデビューしました。『Over Drive』ではテレビデビュー1年で主役に抜擢され、2009年には声優アワード新人男優賞も受賞するなど、目覚ましい活躍をしています。中性的なトーンをしているので少年役や青年の役を演じる事が多いです。

1.『桜蘭高校ホスト部』/右京千影(2006年)

葉鳥ビスコ原作の漫画で、アニメ、ゲーム化されています。桜蘭高校は上流階級の家庭の子供が集まるお坊ちゃま学校です。特待生と入学した藤岡ハルヒは、ある日学校で営業しているホスト部を偶然見つけます。

校内オークションに出展予定の花瓶を割ってしまい、借金を作ってしまった藤岡ハルヒはホスト部で働く事になるのですが、1つ問題がありました。藤岡ハルヒは実は女の子なのです。

梶裕貴は新聞部員の2年生、右京千影役で出演しています。親の会社が、新聞部の部長である小松澤明の父の会社の傘下にある為、弱い立場にあります。

2.『Over Drive』/篠崎ミコト(2007年)

『週刊少年マガジン』で連載された安田剛士による漫画をアニメ化した作品です。自転車ロードレースをモチーフにした作品で、梶裕貴は主人公の篠崎ミコトで出演しています。ミコトは運動音痴で内気な高校1年生です。

憧れていたクラスメイト深澤ゆきに誘われた事をきっかけに自転車部に入部しロードレースを始めます。天然なキャラクターで苦手なものはにじんとピーマン、水泳です。

3.『黒執事』/フィニアン(2008年)

枢やなの漫画をアニメ化した作品です。19世紀の英国が舞台で、名門貴族ファントムハイヴ家の当主である少年シエルとシエルに使える完璧な執事セバスチャン、彼らの周囲で巻き起こる事件を解明していくダークファンタジー。コメディ的な要素も入っています。

梶裕貴はファントムハイヴ家に仕える庭師、フィニアンで出演しました。フィニアンは明るいキャラクターで可愛い顔をしていますが、顔に似合わない怪力の持ち主です。庭の木を切り倒して更地にしたこともあるほどです。

4.『ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~』/汐留行(2009年)

鉄道駅をイケメン擬人化した作品で、大江戸線バージョンがアニメ化されています。梶裕貴は汐留行で出演しています。汐留行はイタリア語が堪能な毒舌家で非常に有能なキャラクター。隠れテツヲタで、本茶インストラクター資格を持っています。

『おとめ妖怪ざくろ』/花桐丸竜(2010年)

星野リリィによる漫画をアニメ化した作品で、人間と妖怪が共存する日本を舞台にしたファンタジーです。人間の改暦に反発し、問題を起こす妖怪たちを取り締まるため、妖人省が立ち上げられます。

梶裕貴は妖人省に努める陸軍少尉の1人、花桐丸竜として出演。最年少で陸軍少尉になった少年で、双子の半妖、雪洞と鬼灯のパートナーをつとめます。自信家で生意気ですが、素直な一面も持ち合わせているようです。

5.『デュラララ!!』/遊馬崎ウォーカー(2010年)

成田良悟によるライトノベルをアニメ化した作品で第2弾も放映されました。東京・池袋を舞台に高校生を中心に描かれた群像劇。カラーギャング、モラトリウム、ミステリー、オカルトなど様々な要素が盛り込まれており哲学的な作品でもあります。梶裕貴は遊馬崎ウォーカー役で出演しています。

遊馬崎ウォーカーは二次元をこよなく愛するハーフの青年でカラーギャング「ダラーズ」の一員。兄貴分である門田京平を慕っており、良く行動を共にしています。また、フリーで氷彫刻師をしています。

6.『青の祓魔師』三輪子猫丸(2011年)

加藤和恵による漫画をアニメ化した作品で、悪魔の血を引く少年・奥村燐を主人公としたダークファンタジーです。梶裕貴は奥村燐と同じ祓魔塾に通う生徒、三輪子猫丸で出演しました。

三輪子猫丸は明陀宗僧正血統である三輪家の現当主で、穏やかな性格をしています。サタンが世界中の有力な聖職者(祓魔師)たちを大量虐殺した事件「青い夜」で身寄りを失っており、最初はサタンの血を引く燐を警戒していました。

7.『ギルティクラウン』/桜満集(2011年)

製作委員会方式によるオリジナルアニメ作品で近未来を舞台にしたSFアクションです。2029年、突然発生したアポカリスウィルスの蔓延で日本は未曽有の危機に陥ります。無政府状態となった日本がGHQの統治下に置かれて10年後から物語は始まります。

梶裕貴は主人公・桜満集役で出演。桜満集は天王洲第一高校の2年生で、世間や他人の顔色を常に窺い、人に嫌われるのを恐れ、流されるように生きています。しかし、GHQから日本を開放しようとするレジスタンスの一員、楪いのりと出会い活動に加わる事で徐々に成長していきます。

8.『アクエリオンEVOL』/アマタ・ソラ(2012年)

2005年に放送された『創聖のアクエリオン』の続編で、SFロボットアニメです。アルテア界と呼ばれる異世界では「イヴの呪い」によって女性が生まれなくなっています。絶滅の危機に種の存続のためアルテア界から地球に侵攻してくる兵器アブダクターと、天使機械アクエリオンの戦いの物語です。

梶裕貴は主人公、アマタ・ソラ役で出演しています。気が弱いが礼儀正しく真面目な好青年。アクエリア/アクエリオンを操縦する特殊能力であるエレメントのうち、空飛ぶエレメント能力を有しています。

9.『マギ The Labyrinth of Magic』/アリババ・サルーシャ(2012年)

大高忍による少年漫画をアニメ化した作品で、『千夜一夜物語』をモチーフにした冒険ファンタジーです。2人の主人公アラジンとアリババをメインに、バトル、冒険、友情、成長を描いています。

梶裕貴はアリババ・サルージャで出演しました。アリババ・サルージャは主人公の1人で元バルバッド第三王子です。迷宮(ダンジョン)攻略を目指し、一攫千金を夢見ていた少年で、お調子者で臆病ですが困っている人を見捨てられない優しさを持ち合わています。

10.『アクセル・ワールド』有田春雪(2012年)

川原礫による日本のライトノベルをアニメ化した作品で、2046年の東京を舞台としたバトルアクションです。梶裕貴は有田春雪役で出演しています。有田春雪は小柄な肥満体型で内向的な性格をしています。そのため幼少期よりいじめにあっており、中学に入っても陰鬱な日々を送っていました。

しかし、ある日学校内の有名人、黒雪姫に声を掛けられ謎のアプリケーションソフト「ブレイン・バースト」をインストールされ、もう一つの世界である「加速世界(アクセル・ワールド)」での戦いに身を投じていきます。

11.『超訳百人一首 うた恋い。』/藤原定家(2012年)

杉田圭による百人一首を題材にした漫画短篇集をアニメ化した作品です。百人一首の中でも主に恋愛を詠ったものを題材に、コメディタッチで描いています。流行語や外来語を交えて面白おかしく現代役しています。梶裕貴は藤原定家役で出演しています。

藤原定家は歴史上では百人一首の97番の作者で、百人一首の他、『新古今和歌集』『新勅撰和歌集』などの撰者でもあります。和歌の新しい世界を開くなど歌道では有名人だが、強情な性格をしていました。アニメでは金髪に碧眼のキャラで、実は73歳ですが少年のような見た目で描かれています。

12.『進撃の巨人』/エレン・イェーガー(2013年)

諫山創による漫画を原作としたアニメ作品で、巨人と人類の戦いを描いたダークファンタジーです。突如出現した巨人によって滅亡の危機に瀕し、生き残った人類は巨人から人類を守るため、巨大な城壁を築きました。城壁により平和が守られるようになってから100年後、再び巨人が姿を現します。

梶裕貴は主人公、エレン・イェーガー役で出演。エレン・イェーガーは15歳の少年ながら、壁の外の世界に憧れを抱き、壁の外で巨人たちの調査を行う調査兵団を尊敬しています。強靭な精神力の持ち主で行動力があります。梶裕貴自身がエレン・イェーガーに似ている、という事で話題になりました。

13.『四月は君の嘘』/相座武士(2014年)

新川直司による漫画作品をアニメ化したものでピアニストとバイオリニストの成長を描いた物語です。梶裕貴は相座武士役で出演しています。

相座武士は主人公である有馬公生に憧れてピアノを始めた、同年代のピアニスト。幼い頃からなんでも出来ていたのに公生にはピアノで勝つことができず、公正がいなかった2年間もずっとピアノを続けるなど負けず嫌いな性格をしています。

14.『アオハライド』/馬渕洸(2014年)

咲坂伊緒による漫画作品をアニメ化したもので、主人公、吉岡双葉と双葉の初恋の人、馬渕洸の恋愛物語です。梶裕貴は馬渕洸役で出演しています。馬渕洸は主人公、吉岡双葉の初恋の相手です。

中学時代に転校し、姿を消した田中洸でしたが3年後に2人は再会します。再会した洸はクールで意地悪なキャラになっていますが、中学生のころはシャイで爽やかな少年でした。

15.『曇天に笑う』/曇空丸(2014年)

唐々煙による漫画作品をアニメ化したもので、日本の明治時代を舞台にした冒険活劇です。明治11年、急速な欧米化にともない士族の反乱が起きます。日本政府は滋賀県の琵琶湖に浮かぶ巨木の中に絶対脱獄不可能な監獄「獄門処」を設けました。

その監獄への橋渡し人を請け負う3兄弟の物語で、梶裕貴はその3兄弟の次男坊・曇 空丸役で出演しています。料理が得意で煮物が好きな少年です。真面目な努力家で、それ故か自由奔放な兄弟に振り回されています。

16.『七つの大罪』/メリオダス(2014年)

鈴木央による漫画作品をアニメ化したもので、ブリタニア一の大国、リオネス王国を舞台にした冒険活劇です。荒れ果てたリオネス王国を救おうとする王女エリザベスと伝説の騎士団『七つの大罪』の団長メリオダスが旅をする物語。

梶裕貴は主人公、メリオダス役で出演しています。移動する酒場豚の帽子亭を営みつつ旅をする伝説の騎士団「七つの大罪」の団長として活躍しています。通称「憤怒の罪(ドラゴン・シン)のメリオダス。細かい事にこだわらないさっぱりした性格で肝も据わっており、少々の事では動じません。少し女性にだらしないのが玉に瑕です。

17.『ニセコイ』/舞子集(2014年)

古味直志による漫画作品をアニメ化したもので、高校を舞台にしたラブコメディ。梶裕貴は舞子集役で出演しています。

舞子集は女の子大好きな明るい少年です。主人公の一条楽の親友で、成績優秀で運動神経もよく、担任のキョーコ先生に好意を持っています。

18.『ノラガミ』/雪音(2014年)

あだちとかによる漫画作品をアニメ化したもので、日本の神と人間に害を加える妖の戦いを描いた和風バトルファンタジーです。梶裕貴は、雪音役で出演しています。雪音は貧乏でマイナーな神様、夜トに神器として拾われる14歳の少年の霊。ワガママで生意気な性格をしています。

19.『ブラック・ブレット』/里見蓮太郎(2014年)

神崎紫電によるライトノベルをアニメ化した作品で、寄生生物「ガストレア」とガストレアへの対抗策を持つ人類の組織「民間警備会社」の戦いを描いた物語です。梶裕貴は主人公、里見蓮太郎役で出演しています。

里見蓮太郎は民間警備会社に所属する高校生で、10年前のガストレアとの戦いで両親を亡くしています。ぶっきらぼうな口調をしていますが、誠実で世話好き、料理が得意と家庭的な一面があります。

20.『アルスラーン戦記』/ヒルメス(2015年)

田中芳樹による小説をアニメ化した作品で、大陸公路の中心で栄華を極めた国家、パルス王国を舞台とした王太子アルスラーンと彼を取り巻く世界の物語です。梶裕貴はテレビアニメ版でヒルメス役で出演しています。

ヒルメスは仮面を被った謎多き男で、その正体は第17代国王オスロエス五世の子です。武力、知力ともに優れた人物ですが、自分こそが正当な継承者だと信じており、アルスラーンの事を憎んでいます。