2019年7月30日更新

【2019】面白いおすすめ神アニメランキング100【人気神作から隠れ名作まで】

Angel Beats!-エンジェルビーツ

映像のクオリティや世界観、ストーリーの面白さなどの観点から面白いアニメを厳選。今回は21世紀に放送されたおすすめ神アニメベスト100を一気にご紹介!

この記事の目次 [閉じる]

21世紀に放送された本当に面白いおすすめアニメだけを厳選してランキング形式で紹介します!

夏目友人帳

今回は21世紀に放送されたアニメの中からぜひ見てほしいおすすめ100作品を厳選してみました。誰でも知っているような名作から知ってると少し「おっ」と思われるような隠れ名作まで。 あなたの見たい作品がきっとここにあるはず!

100位『ポプテピピック』(2018年)

ポプ子とピピ美の“シュールでカオスな日々”

■ジャンル:ギャグ・コメディ ■放送時期:2018年1月~3月 ■話数:全12話+TVスペシャル

「まんがライフWIN」掲載の大川ぶくぶによる4コマ漫画をアニメ化したブラックコメディ。テレビアニメは2018年1月から3月まで、TOKYO MX、BS11などで放送されました。原作は「とびっきりのクソ4コマ‼︎」とキャッチコピーがつくほどの問題作です。 14歳のポプ子とピピ美のシュールでカオスな日々を描いたナンセンス・ギャグアニメ。1980年代後半からのアニメ、ゲーム、ドラマのパロディが横行し、自虐ネタや第四の壁突破など、かなりのブラックユーモアが満載です。

99位『フルメタル・パニック!』(2002年~)

硬派なロボットバトルと青春ラブコメが合体

■ジャンル:SF、ロボット ■放送時期:2002年~ ■話数:全24話(第1作)、全11話(第2作)、全13話(第3作)、全12話(第4作)

賀東昭二作のライトノベルを原作とする『フルメタル・パニック!』は2002年にアニメ化され、ヒット。スピンオフ系『フルメタル・パニック?ふもっふ』を挟んで2005年に、第3作となる『フルメタル・パニック!The Second Raid』、そして2018年4月からは第4作『フルメタル・パニック!Invisible Day』が放送されました。 対テロ民間軍事組織の兵士、相良宗介と、学園のアイドル的美少女・千鳥かなめ。特殊な能力を持つ彼女をテロを支援する軍事組織から守るために、宗介が学園に転入してくるところから物語が始まります。およそ接点などないハズのふたりが出会い、恋に落ち、世界を股にかけた冒険を繰り広げることになります。 シリアスな戦闘シーンを始め、ハードボイルドな雰囲気がたっぷり。かと思えば、驚くほどテンポのいいコミカルな学園アニメとしての魅力も詰まっています。巨大ロボットも登場するSFミリタリーアクションながら青春ラブコメ的な要素も絶妙に盛り込んだ、とても贅沢なシリーズと言えるでしょう。

98位『BANANA FISH』(2018年)

吉田秋生原作、少女漫画屈指のハードボイルドな作風が人気!

■ジャンル:クライム、アクション、サスペンス ■放送時期:2018年7月~12月 ■話数:全24話

『BANANA FISH』の原作は『海街diary』で知られる吉田秋生の同名漫画。1985年に連載がスタートし、少女漫画らしからぬハードボイルドな作風で、女性だけでなく男性読者の支持も集めた名作です。アニメ化の注目度も高く、フジテレビのノイタミナ枠で2クールにわたって放送されます。 舞台はニューヨーク。ストリートギャングのボス・アッシュは、知性・戦闘能力・カリスマ性を併せ持つ金髪碧眼の美少年。アッシュは日本から取材でやってきた英二と出会い、二人で謎の薬物「バナナフィッシュ」の正体に迫っていきます……。 アニメ制作は『ユーリ!!! on ICE』のMAPPA、監督は『Free!』の内海紘子が務めるとくれば、アッシュと英二の美少年っぷりにも注目したいところ。時代設定が現代にアレンジされているので、原作ファンにとっては、二度おいしい作品に仕上がっています。

97位『はねバド!』(2018年)

高校のバドミントン部がインターハイを目指す青春アニメ

■ジャンル:スポーツ、学園 ■放送時期:2018年7月~10月 ■話数:全13話

「good!アフタヌーン」連載の濱田浩輔による青春漫画『はねバド!』のアニメ化作品。2018年7月から10月にTOKYO MX、BS11などで放送されました。アニメーション制作はライデンフィルムが担当しています。 インターハイを目指して活動する、県立北小町高校バドミントン部。日々練習に明け暮れる3年生・主将の荒垣なぎさは、運動神経は抜群なのにバドミントンを避けている1年生の羽咲綾乃と出会います。 スポーツ漫画・アニメとしては珍しい題材のバドミントン。王道のスポ根ものであり、少女たちの青春群像劇が展開されます。試合で飛び交うシャトルのスピード感の描写が秀逸!

96位『天狼 Sirius the Jaeger』(2018年)

吸血鬼と狩人の死闘を描いたアクション!

■ジャンル:サスペンス、アクション ■放送時期:2018年7月~9月 ■話数:全12話

『天狼 Sirius the Jaeger(シリウス)』は帝都東京府を舞台に、吸血鬼と狩人の戦いが描かれるオリジナルアニメ。P.A.WORKS制作×安藤真裕監督としては、『CANAAN』『花咲くいろは』に続き3作目にあたります。 時代は昭和初期。狼と人間の混血(ハーフ)ユーリィは吸血鬼に故郷を滅ぼされた過去を持つ青年。狩人のひとりとして、帝都東京府へ降り立ち、吸血鬼との死闘に身を投じていきます。はたして吸血鬼が狙う「天狼の匣(シリウスのはこ)」の正体とは……?

95位『ハイスコアガール』(2018年~)

レトロゲーム盛りだくさんなラブコメディ!

■ジャンル:ギャグ、青春ラブコメ、ゲーム ■放送時期:2018年~ ■話数:全12話(第1期)

『ハイスコアガール』の原作は、押切蓮介が月刊ビックガンガンで連載していた同名の人気漫画。懐かしい90年代アーケードゲームを通じて仲良くなっていくハルオと晶を描いたラブコメディです。 アーケードの対戦格闘ゲームが人気を博していた1991年。小学6年生の矢口ハルオは行きつけのゲーセンでクラスメイトのお嬢様大野晶に出会い、得意の「スト2」で惨敗。そのことがきっかけで、実は凄腕のゲーマーだった晶との因縁が始まります。 2019年10月からは、第2期が放送予定です。

94位『宝石の国』(2017年)

唯一無二の世界観の漫画をアニメ化

■ジャンル:SF、ファンタジー ■放送時期:2017年10月~12月 ■話数:全12話

独創的な世界観を繊細かつ美しいタッチで描く女性漫画家・市川春子は、デビュー作『虫と歌』や『25時のバカンス』といった短編が多くの読者に支持されてきました。 舞台となるのは、28人の宝石たちが空から襲来する月人と戦いを繰り広げている世界。宝石たちの中でも硬度が低く、役立たずのフォスフォフィライトは博物誌を作る仕事を与えられます。そして体から毒液が出る特異体質のせいで夜の見回りの仕事をしかできないシンシャと出会い、フォスは彼に協力を依頼しますが……。 美しい映像、作りこまれた宝石たちの世界に視聴者から感動の声が寄せられています。本作の制作を担当するオレンジは、サンジゲンと並んで3DCGのトップを走るアニメーション制作会社であり、その完成度は圧巻です。

93位『魔法使いの嫁』(2017年)

人外魔法使い×少女が主役の美しきファンタジー

■ジャンル:ファンタジー ■放送時期:2017年10月~2018年3月 ■話数:全24話

原作はヤマザキコレの漫画で、2015年には毎年宝島社が発表している「このマンガがすごい!」オトコ編第2位にランクインを果たした作品。 現代に魔法を持ち込んだローファンタジーの世界を舞台に、人でないものが見えることで不幸に見舞われてきた少女・智世が、人外の魔法使いエリアスにオークションで買われることから物語は始まります。 アニメーション制作を手掛けるのは『進撃の巨人』や『甲鉄城のカバネリ』で知られるウィットスタジオ。原作の美しい世界をさらに鮮やかに再現し、原作ファンからも「文句なし」「綺麗」など絶賛の声が相次いでいます。

92位『ヒナまつり』(2018年)

ヤクザとサイキック少女が巻き起こすハイテンションコメディ

■ジャンル:ギャグ、SF ■放送時期:2018年4月~6月 ■話数:全12話

インテリ系ヤクザ新田と、彼のもとへ突如として現れたサイキック少女・ヒナが巻き起こすトンデモ騒動を描いたコメディです。 表情ひとつ変えずに超能力で事態を悪化させていくヒナと、彼女に振り回されながらもキレのあるツッコミを入れる新田のやり取りは笑いなしでは観れません。 そこへホームレスサイキック少女・アンズ、夜はバーで働くヒナのクラスメイト・瞳が加わり、ますます新田の手に余る大騒動。休み明けの憂鬱は『ヒナまつり』のギャグで笑い飛ばしましょう!

金儲けの上手さを武器に、芦川組で順調に地歩を固めていた若手ヤクザ・新田。突如として新田の自宅に出現した謎の楕円形の物体から姿を現したのは、念動力を自在に操る少女・ヒナでした。 ひと悶着の末、新田は生活能力皆無のヒナに衣食住を提供し、二人の奇妙な共同生活がスタートします。ヤクザらしからぬ面倒見の良さを持つ新田は、ヒナを学校に通わせ、社会に溶け込ませるように努力を重ねるものの、ヒナの非常識な超能力に振り回される日々。果たして新田に平穏が戻る日は来るのか!?

91位『おそ松さん』(2015年~)

『おそ松くん』の六つ子がニートになって戻ってきた

■ジャンル:ギャグ、ブラックコメディ ■放送時期:2015年~ ■話数:全25話+TVスペシャル(第1期)、全25話(第2期)

昭和の伝説的ギャグ漫画『おそ松くん』が、平成の世に成長を遂げて再登場!赤塚不二夫生誕80周年を記念し、『おそ松くん』を原作としてアニメ化されました。2015〜2016年に第1期、2017〜2018年に第2期がテレビ東京などで放送されています。 「成長しても、やっぱりバカ」な、松野家の六つ子、おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松。あまりにマイペースで個性の強い六つ子たちは、大人になっても職につかずニート状態!? 『おそ松くん』のナンセンス・ギャグを踏襲したブラックコメディで、六つ子たちがいわゆるニートになっているという斬新な設定。六つ子の声を担当したのは、櫻井孝宏や神谷浩史、小野大輔など大人気の声優ばかり!2019年春には、テレビアニメ版と同じく藤田陽一監督、studioぴえろ制作で劇場版も公開されます。

90位『ピアノの森』(2018年~)

2007年に映画化されたピアノ漫画の定番がTVシリーズとして復活

■ジャンル:音楽、青春、ヒューマンドラマ ■放送時期:2018年~ ■話数:全12話(第1期)、全12話(第2期)

物語の始まりは主人公の一ノ瀬海が世界最高峰のショパンコンクールで演奏する一幕。そこから時間は海の小学生時代へと遡り、決して恵まれているとは言えない家庭環境に育った海が、ピアニストとしての才能を開花させていくさまが丁寧に描かれていきます。 森の端(もりのはた)と呼ばれる町はずれに住む一ノ瀬海(いちのせかい)は、娼婦の母と二人暮らし。母には愛されているものの、貧しい家庭環境で生きる海の楽しみは、森に捨てられたピアノを弾くことだけでした。 ですが海の人生は、国内のピアノコンクールで敵なしの同級生・雨宮修平(あまみやしゅうへい)と、交通事故により表舞台を退いた天才ピアニスト阿字野壮介(あじのそうすけ)、二人との運命的な出会いによってドラマチックに変わっていきます。 第1期は2018年4月~7月期、続く第2期は2019年1月から4月に放送されました。

89位『ゴールデンカムイ』(2018年~)

ヤンジャンの看板作品が待望のアニメ化

■ジャンル:歴史ロマン、サバイバル、バトル ■放送時期:2018年~ ■話数:全12話(第1期)、全12話(第2期)

『ゴールデンカムイ』は、人気マンガをアニメ化した作品。2018年4月~6月に第1期、同年10月~12月に第2期が放送されました。 本筋では、北海道に隠された埋蔵金をめぐる激しい争奪戦が展開していく一方で、その合間で自然の中で生きるアイヌのトリビア、狩猟した生き物を調理するグルメ、文化の違いを活かしたギャグなどが詰め込まれ、視聴者を一秒たりとも飽きさせません。 さらに主役となる杉元・アシㇼパが魅力的なのはもちろんのこと、二人に立ちはだかるキャラクターたちも一筋縄ではいかない曲者揃い。それを象徴するようにキャストには大塚芳忠、中田譲治、細谷佳正といった実力派が名を連ねています。

時代は明治後期。日露戦争を生き抜き「不死身の杉元」の異名を轟かせた杉元佐一は、軍を退役し、大金を求めて北海道に足を踏み入れていました。 そんな杉元のもとへ、渡りに船の噂が舞い込んできます。なんと網走監獄を逃げ出した「24人の脱獄囚」の身体に彫られた暗号を読み解くと、アイヌ人から奪い取った莫大な金塊に辿り着くという。 杉元は、埋蔵金を奪い取った男に父親を殺されたアイヌの少女アシㇼパの助けを借りて、凶悪な死刑囚と、陸軍最強を誇る第七師団との金塊争奪戦に身を投じていきます。

88位『ひそねとまそたん』(2018年)

新米女性自衛官のドタバタ奮闘劇

■ジャンル:ファンタジー、SF ■放送時期:2018年4月~6月 ■話数:全12話

豪華スタッフが集結し、放送前から注目を集めていた『ひそねとまそたん』。アニメ制作はアクションやロボット作画に定評があるボンズが手掛け、総監督に『シン・ゴジラ』の樋口真嗣、シリーズ構成に『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の岡田麿里ほか、名前を上げ始めればきりがありません。 航空自衛隊の岐阜基地に配属された新米自衛官・甘粕ひそねは、ある日、上司の命を受けて第八格納庫へと向かいます。 案内図に載っていないその格納庫に入ると、ひそねはプールから現れたドラゴンにひと呑みにされてしまいました。古来よりその存在を隠されてきたドラゴンは、今は航空自衛隊のもとで「変態飛翔生体」略称「OTF」として管理されていたのです。 こうして、予期せずドラゴンに選ばれてしまったひそねは、ドラゴンのパイロット通称「Dパイ」として新たな人生をスタートさせます。

87位『メガロボクス』(2018年)

スラムに生きる野良犬の逆転劇!あしたのジョー50周年企画

■ジャンル:スポーツ、青春 ■放送時期:2018年4月~6月 ■話数:全13話

『あしたのジョー』連載50周年企画と銘打たれた『メガロボクス』。ジョーのライバル・力石を思わせる顔立ちのライバル・勇利や、白木葉子と同じく大企業の令嬢である白都ゆき子といったキャラクターをはじめ、往年のファンを喜ばせる仕掛けが随所に散りばめられています。 スチームパンク的な近未来、ギアを纏って戦うメガロボクス、グラフィティアートに溢れた未認可地区など、まったく別モノでありながら、本家っぽさを感じさせる設定のバランスも秀逸です。

主人公は未認可地区と呼ばれるスラムに住み、非合法試合で生計を立てるメガロボクサー・ジャンクドック。自分の力を試したいという衝動を抱えながらも、市民権を持たないジャンクドックは目前に控えた世界大会メガロニアに出場することさえ叶いません。 ある日、八百長試合に嫌気がさしたジャンクドックは、バイクを走らせた先でメガロボクス絶対王者の勇利と出会いました。互いに敵意むき出しで一触即発になりながらも、一度はその場を立ち去った両者。ですが次の試合、ジャンクドックの対戦相手として勇利がリングに姿を現し、戦いのゴングが鳴り響きます。

86位『サクラクエスト』(2017年)

地域おこしアニメの傑作

■ジャンル:観光、青春 ■放送時期:2017年4月~9月 ■話数:全25話

働く女子、そして地方都市を描いてきたP.A.WORKSだからこそ描けた地域おこしアニメです。舞台の間野山は、P.A.WORKS本社のある富山県南砺市(なんとし)がモデルとされています。 就活に苦戦していた短大生木春由乃(こはる よしの)が、間野山の町おこしに奮闘する1年間を描いた作品。 由乃は手違いもあって、派遣事務所に間野山のミニ独立国(観光スポットのようなもの)の国王として派遣されます。そこで由乃は、地元出身やIターンなどさまざまなバックグラウンドを持つ同世代の女性と出会い、ともに町おこしをしていくことに……。 うまくいきそうでうまくいかない、町おこしのリアリティを感じる作品です。

85位『ユーリ!!! on ICE』(2016年)

傑作フィギュアスケートアニメ

■ジャンル:スポーツ、青春 ■放送時期:2016年10月~12月 ■話数:全12話

2016年に放送された本格フィギュアスケートアニメ。劇中の演技で使用する音楽を約20曲製作、振り付けもオリジナルで行うなど力の入った作品です。 23歳のフィギュアスケーター勝生勇利(かつき ゆうり)は、メンタルの弱さから結果を残せずにいました。ある日、世界チャンピオン、ヴィクトル・ニキフォロフのプログラムを滑った動画が拡散したことがきっかけで、ニキフォロフが勇利のコーチをすることになり……。 美しい演技シーン、登場人物たちのドラマ、そしてソフトなBL要素が人気を集めた作品。2019年には新作劇場版が公開されます。

84位『ReLIFE』(2016年)

青春やり直しアニメの傑作

■ジャンル:学園、恋愛 ■放送時期:2016年7月~9月 ■話数:全13話

漫画アプリcomicoで連載されていた人気漫画のアニメ化。27歳で会社を退職、再就職が難航しているという、なんともリアリティのある主人公海崎新太(かいざき あらた)が、怪しげな薬を飲んで若返り、高校生活1年間をやり直すというストーリーです。 高校生にまじって1年間生活を送り、1年後には、クラスメイトの記憶から消えて卒業するというルールだったため、当初はクラスメイトと深く付き合うことを避けていた新太でしたが……。 まっすぐな性格なため、社会に上手くなじめなかった不器用な主人公が魅力的。共感できる人も多いでしょう。ラストにはやり直しものの王道とも言える切なさがあります。『orange』などが好きな方はきっと気に入るだろう作品です。

83位『甲鉄城のカバネリ』(2016年)

深みあるストーリーのゾンビアニメ

劇場版『甲鉄城のカバネリ 総集編』
(c)カバネリ製作委員会

■ジャンル:アクション、時代劇、ダーク・ファンタジー ■放送時期:2016年4月~6月 ■話数:全12話

2016年にノイタミナ枠で放送されたアニメ。2019年春にはアニメの半年後を描く劇場版が公開されます。 カバネという噛んだ人間に感染する不死の怪物(ゾンビのようなもの)が跋扈する日ノ本(蒸気機関が発達した日本の江戸時代のような国)が舞台。主人公の生駒はカバネに噛まれるも、自身で治療を行い、半分人間半分カバネの「カバネリ」になります。生駒は町の住民を守るためカバネと戦いますが、住民たちは生駒を人間ではないと忌避し……。 半分ゾンビ化した主人公の視点から描くことで、人の弱さを浮き彫りにした作品。ゾンビもの、バトルアクション、ロードムービーとして単純に楽しめますが、深いテーマも感じられる作品です。

82位『デュラララ!!』(2010年~)

池袋を舞台に魅力的なキャラクターが大暴れ

■ジャンル:アクション、サスペンス ■放送時期:2010年~ ■話数:全24話(第1期)、全12話(第2期・承)、全12話(第2期・転)、全12話(第2期・結)

『バッカーノ!』でデビューしたライトノベル作家成田良悟の大ヒット作品が原作。池袋の街を舞台に、都市伝説として語られるデュラハン、片手でガードレールを引き抜くバーテンダー、トラブルを巻き起こす情報屋などが活躍(?)します。 群像劇のため、さまざまな人物の視点から物語が描かれますが、一応主人公はデュラハンのセルティ・ストゥルルソン。そしてもうひとり主人公を挙げるなら、池袋に転校してきた高校生竜ヶ峰帝人(りゅうがみね みかど)。視点人物としては帝人が採用されることがもっとも多いです。 『バッカーノ!』と同様、伏線の回収が気持ちいい群像劇作品。『バッカーノ!』より『デュラララ!!』の方がわかりやすく整理されています。 ※『バッカーノ!』は原作未読の方にとっては少々複雑な構成ですが、原作既読の方にとっては素晴らしいアニメ体験になるだろう作品です。

81位『花咲くいろは』(2011年)

旅館で働く女子高生を描く

■ジャンル:日常、ヒューマンドラマ ■放送時期:2011年4月~9月 ■話数:全26話

平凡な日常を過ごしていた女子高生、松前緒花。ある日突然母親の夜逃げという衝撃的な出来事により、一人東京を離れ、面識のない祖母が経営する温泉旅館“喜翆荘”で住込みアルバイトとして働きながら高校へ通うことになります。 仕事に学校に恋愛。個性豊かな登場人物の人間模様が交錯する中、様々な経験をして成長する緒花の姿が描かれています。 かわいい作画はもちろん、旅館の行く末も交えたしっかりとしたストーリー展開からも目が離せません。主要舞台のモデルとなった石川県の湯涌温泉は多くのアニメファンが訪れる名所にもなっています。

80位『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(2018年)

豪華スタッフが送るロボットもの

ダーリン・イン・ザ・フランキス
(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

■ジャンル:ロボット、SF ■放送時期:2018年1月~7月 ■話数:全24話

『天元突破グレンラガン』で知られるトリガーと『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のA-1 Picturesの共同制作ということで、放送前から注目が集っていた作品です。 はるか未来の世界で、叫竜(きょりゅう)と呼ばれる巨大生命体と人型兵器フランクスに乗って戦うために育てられたコドモたち。中でも落ちこぼれと蔑まれていたヒロはある日、赤いツノを持つ謎の少女・ゼロツーと出会い、彼女とともに新たなフランクスに乗り込みます。

79位『宇宙よりも遠い場所』(2018年)

思わず応援したくなる!南極を目指す女子高生たちの青春劇

■ジャンル:冒険、青春 ■放送時期:2018年1月~3月 ■話数:全13話

マッドハウス制作のオリジナルアニメ『宇宙よりも遠い場所』。放送前はあまり話題になっていませんでしたが、爽やかな青春模様が支持され、回を追うごとにファンを増やしていきました。 高校2年生のキマリこと玉木マリは退屈な日常の変化を望みながらも、1歩踏み出せずにいました。そんなとき、周りからはバカにされながらも南極行きを目指す小淵沢報瀬(こぶちざわしらせ)に出会います。報瀬の姿勢に感動したマリは一緒に南極を目指すことを決意して……。 キマリたちを南極行きへと引っ張っていく報瀬(しらせ)にシリアスな動機がありつつも、テンポのいいコメディが展開するバランスが秀逸。アニメーションのクオリティも高く、声優も豪華と穴のない作品です。

78位『ゆるキャン△』(2018年)

ゆるい空気が心地よい「日常系×キャンプ」アニメ

■ジャンル:キャンプ、旅行、日常 ■放送時期:2018年1月~3月 ■話数:全12話

まんがタイムきららフォワードで連載中の漫画が原作の『ゆるキャン△』です。連載誌からもわかるようにいわゆる「日常系」に類する作品で、そこへキャンプ要素を加えた作風。 富士山のふもとの山梨県へと引っ越してきた女子校生・各務原なでしこは、見知らぬ土地で遭難しかけたところを、ひとりキャンプを満喫していた志摩リンに救われます。この出来事でキャンプに興味を持ったなでしこは、転校先の本栖高校で「野外活動サークル」に入部し、キャンプの世界に飛び込みます。 キャラ同士のやり取りも見どころですが、1話に早速登場した野外で食べるカップヌードルをはじめ、キャンプの良さが存分につまっています。

77位『けものフレンズ』(2017年~)

ジャパリパークでアニマルガールが大冒険

■ジャンル:擬人化、冒険 ■放送時期:2017年~ ■話数:全12話(第1期)、全12話(第2期)

けものフレンズプロジェクトによるメディアミックスから生まれた作品で、2015年にゲームアプリがリリースされ、2017年にはテレビアニメがテレビ東京などで放送されました。『ケロロ軍曹』の原作者である吉崎観音がコンセプトデザインを手がけています。 超巨大総合動物園「ジャパリパーク」では、神秘の物質“サンドスター”の力で動物が人型に変身!アニマルガールと呼ばれる少女たちが、ジャパリパークで大冒険を繰り広げます。 萌え擬人化されたアニマルガールたちは、サーバルキャットやフェネックなど、それぞれの動物の特性を備えているのが特徴。2019年1月8日からは、第2期となる『けものフレンズ2』が放送されます。

76位『響け!ユーフォニアム』(2015年~)

目指せ全国大会!北宇治高校吹奏楽部

■ジャンル:音楽、青春 ■放送時期:2015年~ ■話数:全13話(第1期)、全13話(第2期)

原作は武田綾乃が大学在学中に発表した同名小説。京都アニメーション制作、『涼宮ハルヒの憂鬱』の石原立也が監督、『けいおん!』の山田尚子がシリーズ演出に当たるという豪華ラインナップで挑みました。 かつて強豪校として名を馳せた北宇治高校吹奏楽部に入部することになった主人公・久美子。新しく顧問となった滝指導の下、部員たちは全国大会出場を決意しました。小中学校時代、吹奏楽部に所属していた武田綾乃がリアルな吹奏楽の現場を描いています。 数々の苦難を乗り越え夢へ向かって突き進む部員たち。練習を重ねる毎に上達していく演奏にも注目です! 本作は、2015年4月~6月に第1期、2016年10月~12話に第2期が放送されました。

75位『SHIROBAKO』(2014年)

アニメ業界のリアルが分かる

■ジャンル:アニメ業界、青春、群像劇 ■放送時期:2014年10月~2015年3月 ■話数:全24話

P.A.WORKSがお届けする「働く女の子シリーズ」第2弾。武蔵野アニメーションで働くあおい、絵麻、しずか、美沙、みどりの5人は、高校時代、同じアニメーション同好会に所属し夢を語り合った同志でした。 P.A.WORKSの最高傑作に挙げられることも多い本作。現実の厳しさや煩雑な毎日に忙殺されそうになりながらも互いに支え合い、夢に向かって進んでいく姿を描いています。

74位『あそびあそばせ』(2018年)

3人の女子中学生が“遊び人研究会”を結成するガールズコメディ

■ジャンル:ギャグ、日常 ■放送時期:2018年7月~9月 ■話数:全12話

「ヤングアニマル」連載の涼川りんによるギャグ漫画『あそびあそばせ』のアニメ化作品。2018年7月から9月までに全12話が、AT-XやTOKYO MXなどで放送されました。作品のコンセプトは「美少女×お遊戯コメディ」。 日本生まれの金髪美少女・オリヴィア、知的な雰囲気の眼鏡っ子・香純、文武両道なのに非リア充な華子の3人が、“遊び人研究会”を結成!通称「あそ研」での抱腹絶倒の日々を描きます。 3人の見た目と内面のギャップに加え、シュールなギャグと顔芸が披露されることでギャップ萌えが!可愛い絵柄からは想像できない、独特の笑いにハマること間違いなし。

73位『はたらく細胞』(2018年~)

擬人化モノの新定番!体内で働く細胞たちのドラマ

■ジャンル:擬人化、科学 ■放送時期:2018年7月~9月 ■話数:全13話+特別編(第1期)

「月刊少年シリウス」連載の清水茜による擬人化科学漫画『はたらく細胞』のアニメ化作品。2018年7月から9月まで、TOKYO MXやBS11などで全13話が放送されました。放送時期は2019年現在未定ですが、第2期の製作も決定しています。 今日も休みなく数十兆個の細胞が働く人の体内。新米の赤血球「AE3803」は酸素を身体中に運ぶ仕事をしています。そんな中、体外から侵入した肺炎球菌に襲われ、白血球「U-1146」に助けられるのですが……。 人の体の中でこんなにもたくさんの細胞たちが働いているのかと、擬人化されたキャラクターに親しみと感謝を抱ける作品。全国の学校や学会からは、教育資料として使用したいといった反響も!教育機関や医療施設などの関係者を対象として、画像素材が無償で提供されています。

72位『この素晴らしい世界に祝福を!』(2016年~)

異世界ファンタジーの常識を覆す

■ジャンル:異世界ファンタジー、コメディ ■放送時期:2016年~ ■話数:全10話(第1期)、全10話(第2期)

美しい女神様と信頼できる仲間たち(全員女性)とともに、異世界で冒険者としてやり直す人生。これだけ聞いたらとっても幸せです。普通なら『この素晴らしい世界に祝福を』というタイトル、ぴったりです。ですが引きこもりでニートなゲーマー、佐藤和真の異世界生活物語はすべてが想定外でした。 勘違いで思い切り情けない死に方をした和馬は、異世界に転生する時、死後の世界への選択を司る女神アクアを無理やり連れてきてしまいます。もともと自分の死を思い切りバカにされたための腹いせでしたが、女神としてのアクアはそうとう「駄目な女神=だメガミ」でした。 いちおうの主人公がヒロインに向かって「こいつ使えねぇ」と吐き捨てたり、中二病の一発屋魔法使いとかガード一辺倒の妄想型ドM美女剣士など、普通のファンタジーではありえない残念な設定とストーリーは、ありえないレベル。それでもいくつかのクエストをともにこなすうちに、それなりに密なパーティメンバーとの絆も生まれてくるから不思議です。 『この素晴らしい世界に祝福を!』は、冒険ファンタジーのお作法を根底から覆す作品。だからこそ肩肘張らずにのんきに楽しめる神(だメガミ)アニメです。2016年1月~3月に第1期、2017年1月~3月に第2機が放送されました。

71位『DEVILMAN crybaby』(2018年)

トラウマ必死のあの結末がついに映像化

デビルマン
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

■ジャンル:ホラー、アクション ■放送時期:2018年 ■話数:全10話

永井豪原作の伝説的バイオレンスホラー「デビルマン」が、原作の連載が終了して40数年が経った今、新たにアニメ化されました。これだけでも十分神がかっていますが、本作『DEVILMAN crybaby』はとくに、アニメとしては初めて原作により近い結末が描かれている点に注目すべきでしょう。 主人公は大人しく目立たない高校生、不動明。人々が怪物化する事件が頻発する中、明もまたサバトと呼ばれるパーティの会場で突然、不気味な姿と強靭な肉体を手に入れます。悪魔の能力を持ちながら人の心を残した明は、「デビルマン」となり、愛する者を守るために人類を脅かすデーモン軍団に立ち向かいます。 監督は、『四畳半神話大系』や『夜は短し歩けよ乙女』を手がけた湯浅政明。独特の映像タッチが1シーンごとに強い印象を刻みつけます。トラウマ確定の悲劇的結末も含めて、原作のバイオレンス感にダークファンタジーなテイストをプラスした「悪魔的」な神アニメなのです。

70位『キルラキル』(2013年)

しゃべるセーラー服とタッグを組んで豪快バトル

■ジャンル:学園、バトル ■放送時期:2013年10月~2014年3月 ■話数:全25話

スケールの大きなSFロボットアニメ『天元突破グレンラガン』を製作した主要スタッフが、集結。芝居掛かったセリフ回しやいちいち大げさなキャラの立ち居振舞いなど、ともすれば暑苦しいくらいに熱血な学園バトルアクションとして作り上げたのが『キルラキル』です。 ヒロインは、本能字学園という謎めいた学校に転校してきたスケバン纏流子。父親を殺した仇の手がかりを探して大暴れします。対するは学園を牛耳る生徒会役員の面々。しかし本能字学園には、人類の過去と未来に関わる、驚くべき秘密が隠されていたのでした。 物語の「主役」は、実は服。流子が纏うしゃべるセーラー服「鮮血」をはじめ、人間の能力を強化する「神衣」と呼ばれる服が大活躍します。戦闘シーンで主人公自ら「好きでやってんじゃないよ!」と叫ぶほどに恥ずかしいスタイルに変形してしまうなど、お約束のサービスカットも多数。 ダイナミックで硬派な展開ながら、さながら「ドリフ」なコミカルパートも充実。「これぞまさしく漫画!」な世界が楽しめる作品です。

69位『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(2015年~)

人として生きるための、少年たちの戦い

■ジャンル:ロボット、SF、群像劇 ■放送時期:2015年~ ■話数:全25話(第1期)、全25話(第2期)

2015年10月~2016年3月で第1期、2016年10月~2017年4月で第2期の、計2シーズン全50話が放送されたガンダム。いわゆる1年戦争を発端とする従来の「機動戦士ガンダム」シリーズとは違う宇宙が舞台となっています。 少年・少女の戦い、という基本設定は同様ですが、主人公たちが戦う理由は戦場で生き抜くためではありません。孤児として迫害されてきた彼らが、仲間とともに「人として生きるために戦う」物語です。 リーダーのオルガ、ガンダム・パイロットの三日月を中心に、少年たちの組織「鉄華団」は強い絆で結びついています。それはもはや友情ではなく、家族のようなつながり。いやおうなく戦いに巻き込まれ犠牲者を出しながら、それでも彼らは、望んでいたものを手に入れることができるのでしょうか。 本作は、アプリでの続編「ウルズハント」の製作も決定しています。

68位『少女終末旅行』(2017年)

終末世界を生きる二人の少女のディストピア・ファンタジー

■ジャンル:SF、アポカリプス ■放送時期:2017年10月~12月 ■話数:全12話

「くらげバンチ」連載のつくみずによるSF漫画『少女終末旅行』のアニメ化作品。2017年10月から12月にかけて全12話が、AT-XやTOKYO MXなどで放送されました。アニメーション制作は『Re:ゼロから始める異世界生活』などで知られるWHITE FOXが担当しています。 最盛期を過ぎた文明と人類のほとんどが、崩壊し死に絶えた終末世界。二人の少女チトとユーリはそんな世界で、さまざまな文明の痕跡や生存者たちと出会いながら、世界の上層を目指して旅を続けます。 すでに危機迫るような終末感はなく、二人のどこかほのぼのとした日常が描かれています。世界の終わりを静かに受け入れて、粛々と最後を迎えるチトとユーリの旅には、世界のあり方を考えさせられるところがありそうです。

67位『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』(2018年)

青春恋愛物語の傑作

■ジャンル:ラブコメ、SF、学園 ■放送時期:2018年10月~12月 ■話数:全13話

鎌倉にある高校を舞台に、「思春期症候群」という思春期特有の病気にかかってしまった少年少女たちを描く青春恋愛物語。 「思春期症候群」にかかると、ドッペルゲンガーが発生してしまったり、姉妹で中身が入れ替わったりしてしまいます。主人公の咲太は、思春期症候群の原因を突き止め、解決しようとしますが……。 原作を忠実に丁寧にアニメ化した作品。原作ファンからも満足の声が多いです。3話まで観れば、おそらく多くの青春物語好きにヒットすることでしょう。

66位『魔法科高校の劣等生』(2014年)

魔法が使えるイケメン&美少女のオンパレード

■ジャンル:SF、バトル、アクション ■放送時期:2014年4月~9月 ■話数:全26話

「魔法」が人々の生活を支え、守る。そんな世界で、有能な「魔法技能士」を目指す少年・少女の活躍を描いた物語です。「魔法科高校」とは、彼らが通う技能士養成専門の高校のこと。謎の魔法師集団やライバル校、他国からのテロリスト集団との戦いなど、普通の高校生とは一味違った学生生活が繰り広げられます。 主人公はとことんクールなイケメン、司波達也。生徒としては二級ながら、実際の魔法技能士としては圧倒的なポテンシャルを持っています。ほかに同じ学校に通う仲間たちもまた、それぞれタイプの違う魅力的な面々ぞろい。 一方で、達也の妹、深雪を筆頭に美少女のバリエーションもまたアニメ史上最強レベル。テレビアニメでは原作ラノベ(著者:佐島勤)の「横浜騒乱編」までが描かれていますが、小説の中ではすでに達也たちが三年生になったエピソードも紹介されています。

65位『ハイキュー!!』(2014年~)

バレーボールに青春をささげる高校生たちが主人公

■ジャンル:スポーツ、青春 ■放送時期:2014年~ ■話数:全25話(第1期)、全25話(第2期)、全10話(第3期)

古舘春一による漫画が原作の『ハイキュー!!』は、高校バレーボールを題材にした青春スポ根アニメ。2014年にアニメ化され、2015年には第2期となる『ハイキュー!! セカンドシーズン』、2016年には第3期が放送されています。2019年には第4期の放送が予定されています。 日向翔陽は、春高バレーのテレビ中継を見て以来、バレーボールで活躍することを夢見ていました。中学時代は部員が集まらず、3年生のときにやっとの思いで公式戦に出場するも、天才セッター・影山飛雄率いる北川第一中に敗北してしまいます。影山へのリベンジを誓った日向は、憧れの烏野高校排球部に入部。そこにはライバル影山の姿があったのでした。

64位『アルドノア・ゼロ』(2014年~)

圧倒的不利を覆す!痛快巨大ロボットバトル

■ジャンル:SF、ロボット、ファンタジー ■放送時期:2014年~ ■話数:全12話(第1期)、全12話(第2期)

『アルドノア・ゼロ』は、2014年と2015年にそれぞれ1クール12話ずつ放送された、SFロボットアクションです。火星の古代文明が生んだテクノロジーを巡って、火星に進出した人々「ヴァース帝国」と地球人類が戦争を開始。和平のための親善大使として地球を訪れた火星の皇女アセイラムは、戦渦を逃れて逃亡する地球人の高校生、伊奈帆らと行動をともにすることになります。 第1期の見どころは、やはり巨大ロボット同士の戦い。ヴァース帝国の技術力は圧倒的で、戦力差は歴然。しかし伊奈帆は搭乗機の性能を最大限に引き出し、敵の弱点を衝くことで勝利を納めていきます。その勝ちっぷりは痛快!のひとこと。けれどラストには、衝撃的な展開が待っています。 第2期は衝撃的展開の続きからスタート。いよいよ火星と地球の戦いは激化していきます。もうひとりの主人公と言うべき少年スレインの、アセイラムを思うがゆえの「暴走」ぶりも見どころのひとつ。ラストシーン、アセイラムと伊奈帆、スレインのそれぞれの表情に、切ない気持ちが抑えられません。

63位『進撃の巨人』(2013年~)

次は誰が巨人化しちゃう?ドキドキの連鎖

■ジャンル:SF、ファンタジー、アクション ■放送時期:2013年~ ■話数:全25話(第1期)、全12話(第2期)、全22話(第3期)

人間を食らう巨人たちの襲来によって、巨大な城塞都市でのみ人々が暮らす世界。人類滅亡を回避するために、巨人と戦う戦士たちの姿を描いた『進撃の巨人』は、あまりにも衝撃的で先の読めない展開が人気となり、原作コミックはすでに累計7400万部を突破しています。 アニメ化第1期は2013年から。2016年の第2期とともに合計38話がテレビ放送され、こちらも大人気を博しました。すでに3本に分けて総集編が映画化され、2015年には実写版前後編も公開。さらに2018年からは第3期のテレビシリーズがスタートしました。2020年には第4期の制作も決定しており、人気はとどまることを知りません。 主要登場人物とのつながりが濃密なキャラクターたちが次々に犠牲になっていく情け容赦のない展開は、まさに『進撃の巨人』ならではの醍醐味。さらに主人公のエレン・イエーガーをはじめ「まさか!」な人物が巨人化するなど、すべてが想定外。この先はまさに神のみぞ知る、といったところでしょうか。

62位『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(2018年)

彼女が綴る手紙には真心が宿る

■ジャンル:ファンタジー、群像劇 ■放送時期:2018年1月~4月 ■話数:全13話

物語の舞台は、架空の時代に架空の国々が争い合う世界。敵兵を倒す「武器」として戦争を生き抜いた、少女兵ヴァイオレットの生き様を描いた物語です。戦後、さまざまな想いを手紙にしたためる「自動手記人形(ドール)」として人々と関わるなかで彼女は、人間らしい感情を次第に取り戻していきます。 感情がないからこそ、ヴァイオレットの振舞いに嘘はありません。それが代筆を依頼するクライアントたちの心を動かし、本当の想いを語るきっかけになっていきます。手紙を書く=本当の想いを伝える素晴らしさと喜びが、さりげない切さを伴いながら綴られていきます。 原作は暁佳奈によるラノベ。その世界を表現した映像はとても美しいものです。隣国の王子さまに向けた王女さまの想い。死の間際に少年兵が語る両親への感謝。そして余命わずかな母が依頼する膨大な数の手紙。エピソードのひとつひとつに、人に対する優しい想いやりが満ち溢れているようです。

61位『TIGER & BUNNY』(2011年)

タイガー&バニーのバディ・ヒーローが活躍する本格アクション

■ジャンル:ヒーロー、アクション ■放送時期:2011年4月~9月 ■話数:全25話

サンライズ原作・制作のオリジナルアニメ『TIGER & BUNNY』。2011年4月から9月にかけて全25話が、MBSやTOKYO MXなどで放送されました。キャラクター原案を『電影少女』『I"s』などで知られる桂正和が手がけています。 「NEXT」と呼ばれる特殊能力を持つ者が、ヒーローとして街の平和を守っている近未来。落ち目ながらもヒーロー職に誇りを持って活動しているワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹は、スーパールーキーのバーナビー・ブルックスJr.とコンビを組むことになります。 主人公ふたりはもちろん、彼らとポイントを争うヒーローたちのキャラクターが実に魅力的!プロダクトプレイスメント(作中で実在の企業名などを表示させること)を取り入れ、リアルなタイアップ企業名が劇中に登場するのも新鮮でした。

60位『ノーゲーム・ノーライフ』(2014年)

ゲームの強さですべてが決まる

■ジャンル:異世界、ファンタジー ■放送時期:2014年4月~6月 ■話数:12話

2018年2月までに10巻まで出版されている人気ライトノベルが原作。2014年にアニメが放送され、2017年にはアニメ映画が公開されました。 18歳の空と11歳の白の兄妹は、ふたり合わせて『 』(くうはく)というゲーマーとしてネット上で無敗を誇っていました。そんなふたりはある日、異世界に召喚されてしまい……。 ゲームによってすべてが決まる世界に召喚された最強ゲーマー兄妹の活躍を描いた作品。熱いバトルものとしても、萌える妹ものとしても楽しめます。

59位『ようこそ実力至上主義の教室へ』(2017年)

天才的な頭脳を誇るボッチ主人公

■ジャンル:学園、サスペンス ■放送時期:2017年7月~9月 ■話数:全12話

同名ライトノベルが原作、2017年にアニメ化されました。名作『Angel Beats!』でもタッグを組んだ岸誠二、橋本裕之が監督をつとめました。 高度育成高等学校という全寮制の高校が舞台。ここでは、生活に必要なものや娯楽などにかかるお金を、テストの点数などによって振り分けられるポイントによって支払うことができます。主人公の綾小路清隆が所属するDクラスは初月でポイントを使いすぎ、2ヶ月目からポイントなしで生活しなくてはならない生徒が続出してしまい……。 主人公の綾小路清隆は、天才的な頭脳を持つも、あえて生徒の実力が低いDクラスに所属しています。アニメ版では、原作にあった主人公の心理描写をカットすることで、天才的な主人公をよりミステリアスに描くことに成功しました。

58位『月がきれい』(2017年)

中学生の初恋をていねいに描く

『月がきれい』
(C) 2017「月がきれい」製作委員会

■ジャンル:恋愛、青春、学園 ■放送時期:2017年4月~6月 ■話数:全12話

『瀬戸の花嫁』『Angel Beats!』『暗殺教室』『結城友奈は勇者である』などの監督を担ってきた岸誠二監督作品。本作『月がきれい』はこれまで担当してきた作品とは異なり、どこにでもあるような中学生の日常を丁寧に描いた作品です。 主人公の小太郎は内向きな性格の文学少年。中学3年生の新クラスで同級生になった茜とひょんなことから距離を縮めた小太郎は、茜に好意を持ち告白します。茜もそんな小太郎を受け入れ、ふたりの交際が始まりますが……。 『月がきれい』の魅力は、圧倒的な共感力。なんでもないLINE(メール)に足をばたつかせ、落ち着かなくなって、シャドウボクシングをしてみたり。自分の感情を持て余してしまう経験をしたことがある方は、きっとあの頃を思い出すでしょう。

57位『坂道のアポロン』(2012年)

音楽×友情×青春を描いた名作

■ジャンル:友情、恋愛、音楽 ■放送時期:2012年4月~6月 ■話数:全12話

1960年代後半の長崎を舞台に、男子高校生の友情、そして恋愛を描いた作品。恋愛よりも友情に軸足を置いた、珍しいタイプの少女漫画が原作です。 父親の仕事の都合で長崎の高校に転校してきた薫は、ひょんなことからバンカラな千太郎とジャズバンドを組むことになります。 劇中で流れるの音楽の多くはジャズのスタンダードナンバー。ジャズに興味のない方でも、どんどんジャズの魅力に引き込まれていくことでしょう。特に7話の学園祭の演奏シーンは音楽アニメ史に名を残す名シーンになっています。

56位『のだめカンタービレ』(2007年)

史上最も笑える音楽アニメ

■ジャンル:音楽、青春、ギャグ ■放送時期:2007年~ ■話数:全23話(第1期)、全11話(第2期)、全11話(第3期)

実写ドラマ化、映画化もされた大人気少女漫画が原作。ノイタミナ枠にて、2007~2010年にはかけて3期のアニメが放送されました。 主人公は天才的なピアノセンスを持つ音大生「のだめ」。本作はのだめとエリート音大生「千秋」の漫才のようなやりとりを中心に、音大生たちの青春や成長を描いた作品です。 最大の魅力は何と言っても主人公ふたりのやりとり。特に1期は終始笑いっぱなしと言っても過言ではありません。2期以降は、コメディアニメから音楽アニメへと軸足を移していき、のだめと千秋の音楽的、人間的成長を見ることができます。

55位『ソードアート・オンライン』(2012年~)

リアル世界にもつながる王道ファンタジー

■ジャンル:ファンタジー、バトル ■放送時期:2012年~ ■話数:全25話+TVスペシャル(第1期)、全24話(第2期)、全24話(第3期)

シリーズ第1作となる『ソードアート・オンライン』がアニメ化されたのは、2012年のこと。その後2014年7月から第2期、2018年10月から第3期が放送されました。 本作は、大規模なバーチャルゲーム空間を舞台に、精神をシステムに囚われた少年と少女が未来を切り開くために戦うアドベンチャーファンタジーです。 主人公のキリトとアスナは、ゲームの中で死ねばリアルの脳も破壊される恐怖と向き合いながら、現実世界へと戻るためにゲームクリアを目指すプレーヤーとして出会います。はじめこそ対立していたふたりでしたが、戦いの中でいつしか恋に落ち、ついにはゲームの中で結婚までしてしまいます。 やがてキリトが見事にゲームクリア、現実世界に生還を果たします。けれどなぜかアスナの心は戻ってきません。彼女が、妖精たちが生きる別のゲーム世界に囚われていることを知ったキリトは、再びバーチャル世界の冒険に旅立ちます。 恋と魔法と冒険と。ファンタジーの王道でありながらリアル世界での生死が隣り合わせになっているという設定に、独特の緊迫感が漂っています。

54位『四畳半神話大系』 (2010年)

充実した大学生活を手に入れろ!文学系アニメの名作

四畳半神話大系

■ジャンル:学園、青春 ■放送時期:2010年4月~7月 ■話数:全11話

京都を舞台に、冴えない大学生の「私」がサークル活動をベースに繰り広げる物語です。パラレルワールド的な部分がある本作。主人公「私」がもっと充実した大学生活を送りたかったと後悔すると、時間が戻り別のサークルに入会していたというループ現象が起きます。 主人公の「私」は名前がなく一人称で終始喋り続けるという珍しい構成をしており、味があり、はまり込んでしまうこと間違いなし。登場人物を客観的に表現しており、「私」の思考を声優が上手く演じています。

53位『天元突破グレンラガン』(2007年)

アツいアニメといえばこれ!神ロボットアニメ

天元突破グレンラガン

■ジャンル:SF、ファンタジー、ロボット ■放送時期:2007年4月~9月 ■話数:全27話

2007年4月1日から同年9月30日まで、1部から4部構成で全27話を放送しました。ガイナックスが初アニメーション製作を手掛け、数々の賞を獲得し映画化もされています。 遥か遠い未来の話、人々は地面に大きな穴を堀り地下生活をしていました。ある日少年シモンは穴掘りをする際に光るドリルと巨大な顔を見つけます。その直後、突如天井が崩れ落ち巨大なロボットが出現。更に巨大なライフルを持った少女が登場しました。その少女は、ロボットを追ってきたヨーコという人物でした。 シモンはその光るドリルを巨大な顔に差し込んでみると、巨大な顔はロボットに変身しシモン達に突然襲いかかりました。シモンと兄貴分のカミナはなんとかロボットを撃退し、地上の大空へ飛び出し地下生活を捨てることを決意するのです。 この作品は、生命や宇宙の進化の中で一人の男が成長していく様を描いたロボットアニメです。

52位『十二国記』(2002年)

異世界冒険アニメの傑作

十二国記

■ジャンル:ファンタジー ■放送時期:2002年4月~2003年8月 ■話数:全45話

普通に暮らしている女子高生の中嶋陽子の前に、謎の青年が突然現れて連れ去られてしまいます。謎の青年は「ケイキ」という人物で、連れられた所は異世界でした。「ケイキ」が突然いなくなり、取り残された陽子はひとりきりの孤独な旅をすることに。 やがて、出会った楽俊から「ケイキ」が慶国の麒麟で、さらに陽子は慶国のキングだということを知ることになります。慶国の偽王に捕らわれているケイキを助け出す決意を固めるのです。 ケイキを奪還した後、陽子は悩んだ末、異世界で慶国の王として生きていくことを選択しました。慶王としての陽子の新たな物語がはじまります。

51位『orange』(2016年)

未来の自分からの手紙から始まる感動作

orange

■ジャンル:青春、恋愛、ファンタジー ■放送時期:2016年7月~9月 ■話数:全13話

高校2年生の高宮菜穂に、10年後、26歳の自分から手紙が届きます。誰かのいたずらと思いますが、その手紙は書いてある通りのことが起こるという不思議なものでした。 手紙には成瀬翔が転校してきて菜穂が好きになること、翔が事故で亡くなってしまうこと、実は事故ではなく自殺だったことが綴られており、また、翔を救ってほしいとも書かれていました。 高校生の菜穂は、未来を託した10年後の自分の想いを受け止めて、後悔することのないよう努力しますが……。

50位『亡念のザムド』(2008年)

アツイ!面白い!隠れ神アニメといったらこれ

■ジャンル:SF、アクション ■放送時期:2008年9月~2009年2月 ■話数:全26話

大陸の北半分を収める北政府と、南半分を収める南大陸が長いこと戦争を続けている世界を舞台に、主人公・竹原アキユキはある日、通学バスを待つ人の中に見慣れない白い髪の少女を見かけます。 謎の緑の光を腕に受けた竹原はザムドと呼ばれる白い体へと姿を変えてしまいました。自身を失いかけた彼は、赤い髪をした少女ナキアミに救われます。いつか故郷に戻ることを目標にザンバニ号のメンバーと旅をすることになるのです。

49位『PSYCHO-PASS サイコパス』(2012年~)

独特の世界観に魅了される人多数!

サイコパス

(c)サイコパス製作委員会

■ジャンル:SF、近未来、クライム・サスペンス ■放送時期:2012年~ ■話数:全22話(第1期)、全11話(第2期)

西暦2112年の日本で、人間の心理状態や性格傾向を計り数値化する「シビュラシステム」が導入されました。この値を「PSYCHO-PASS」(サイコパス)と大衆は呼び、ストレス解放の目安に暮らしていました。 「犯罪係数」は犯罪の数値で規定値を超えると、犯罪を犯したことがなくても「潜在犯」として罰されてしまいます。 厚生省管轄の公安局の刑事たちの活躍と、人間の精神面や犯罪心理の中での葛藤を描いた作品。総監督は『踊る大捜査線』の本広克行で、自らの手でアニメを作るのが長らくの夢だったそうです。 本作は、2012年10月~2013年3月に第1期、2014年10月~12月に第2期がそれぞれ放送されました。そして2019年10月には第3期の放送が予定されています。

48位『最終兵器彼女』(2002年)

セカイ系アニメの金字塔!

■ジャンル:SF、ファンタジー、終末 ■放送時期:2002年7月~10月 ■話数:全13話

シュウジとちせは、北海道で暮らす普通の高校3年生です。ちせはシュウジに好意を持っており告白。二人は交換日記から交際を始め、愛を深めていきます。 ある日突然、街が謎の敵に攻撃の渦に巻き込まれ、戦火の中でシュウジは敵と戦うちせを見るのです。シュウジが見たちせは人間の姿はしておらず、背中から鋼鉄の羽根が出ており腕は武器化していました。 累計総発行部数は400万部を売り上げている漫画を原作としたセカイ系アニメ。ちさとシュウジの葛藤を丁寧に描写しているため切なさが感じられるでしょう。なお、アニメ、原作、映画のラストシーンは異なります。

47位『ガールズ&パンツァー』(2012年)

リアルな戦車で大和撫子たちが大活躍

■ジャンル:学園、スポーツ、ミリタリー ■放送時期:2012年10月~2013年3月 ■話数:全12話

通称「ガルパン」こと『ガールズ&パンツァー』は、ちょっと風変わりな設定の学園青春物語です。ヒロイン、西住みほらが通うのは、一見普通の女子高校。しかしそこでは、華道、茶道などと並ぶ乙女のたしなみのひとつとして「戦車道」が奨励されています。学校同士の対抗戦を通じて、みほは仲間たちと友情を育み、戦車乗りとしても人間としても成長していくのでした。 鬼才、水島努監督らしく、その設定はとてもユニーク。みほらの学校は茨城県大洗町にある、艦上都市。戦車道にはいくつか流派があり、それぞれに家元が存在しています。全国の高校・大学の戦車道を統括するのは、なんと文部科学省。妙なところでリアルですが、さらにマニア心をくすぐるのが、登場する戦車群ではないでしょうか。 みほらが駆るのは第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ軍が使った中型戦車「Ⅳ号戦車」。ほかにも同時代の世界各国で活躍した戦車がそのままの名前で登場し、可憐な美少女たちが見事な操縦の腕前を見せてくれます。萌え+ミリタリーにスポ根のエッセンスまで詰め込んだ、盛りだくさんな名作です。

46位『ピンポン』(2014年)

スタイリッシュな映像とスポ根の科学融合

■ジャンル:スポーツ、青春 ■放送時期:2014年4月~6月 ■話数:全11話

片瀬高校卓球部に所属する星野裕と月本誠は幼馴染です。星野裕は自信家で通称「ペコ」と呼ばれ、月本誠は内気で無口、笑わないことから「スマイル」と名づけられました。 幼い頃に卓球道場タムラで腕を磨いていたペコに卓球を誘われやり始めたスマイルは、のちに強くなりましたがペコには勝てません。顧問の小泉はスマイルの個人指導に乗り出し、能力開花を目指します。 無敗を誇る海王学園には、ペコとスマイルの幼馴染のドラゴンこと風間竜一が優勝宣言をして、二人の前に立ちはだかります。各人がインターハイに向けて闘志を燃やすのです。一味違ったスポ根アニメをお求めの方にはおすすめの一作です。

45位『ハチミツとクローバー』(2005年~)

胸キュン必至。青春美大生ストーリー

ハチミツとクローバー

■ジャンル:恋愛、青春 ■放送時期:2005年~ ■話数:全24話+未放送2話(第1期)、全12話(第2期)

『ハチミツとクローバー』は、美術大学を舞台に、表情豊かなエピソードや感動シーンなどを織り交ぜた作品で、恋愛に不器用な若者の恋模様や、自身の生き方や将来について迷う姿がリアルに描かれています。 またこの作品は、最終巻時点での発行部数は約780万部。TVアニメや実写映画化もされ、さらに宝島社主催の「このマンガがすごい!」で2006年と2007年と2年連続で1位を獲得した人気作品となっています。 今でいう胸キュンラブストーリーの走りと言える作品です。2005年4月~9月に第1期、2006年6月~9月に第2期が放送されました。

44位『小林さんちのメイドラゴン』(2017年~)

ドラゴンのメイドとの異種間交流ファンタジー

■ジャンル:コメディ、ファンタジー ■放送時期:2017年~ ■話数:全13話(第1期)

「月刊アクション」連載のクール教信者によるコメディ漫画『小林さんちのメイドラゴン』のアニメ化作品。 2017年1月から4月にかけて全13話が、朝日放送やTOKYO MXなどで放送されました。さらに2019年には第2期の製作も発表されています。アニメーション制作は『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん!』を世に送り出してきた京都アニメーションです。 なぜか酔った勢いで、異世界に住むドラゴンのトールを助けた小林さん。その恩返しとして、トールは人間に姿を変えて、小林さんの家で住み込みのメイドを始めることに。 戸惑いながらも、トールやほかのドラゴンの面倒を優しく見る小林さんのキャラクターも好評です。異世界交流&メイドものというと男性キャラクターが登場する作品が多い中、本作は若い女性の小林さんが主人公というあまりない設定のアニメです。

43位『NEW GAME!』(2016年~)

ゲーム会社で働く女子の日常を描くお仕事コメディ

■ジャンル:日常、お仕事 ■放送時期:2016年~ ■話数:全12話(第1期)、全12話(第2期)

「まんがタイムきららキャラット」連載の得能正太郎による4コマ漫画『NEW GAME!』が原作。テレビアニメはAT-XやTOKYO MXなどで、第1期が2016年7月から9月、第2期が2017年7月から9月にかけて、それぞれ全12話が放送されました。 高校を卒業し、幼い頃から憧れていたゲーム制作会社「イーグルジャンプ」に入社した青葉。憧れの先輩・八神コウの下で働くことになり、助けられながら成長していきます。 原作者の得能正太郎はゲーム会社に勤務していたことがあり、その経験を本作に生かしたとのこと。リアルなゲーム制作の現場を、新入社員の視点でコミカルに描いています。

42位『宇宙兄弟』(2012年~2014年)

目指すは宇宙!夢追う二人の男を描いた傑作

■ジャンル:ヒューマンドラマ ■放送時期:2012年4月~2014年3月 ■話数:全99話

物語は2006年の弟・ヒビトと兄・ムッタの少年時代から始まります。幼い頃から宇宙などに憧れを抱いていた2人は宇宙飛行士になっていつか2人で宇宙へ行こうと誓いあいました。 時は過ぎ19年後の2025年。夢を叶えたヒビトは宇宙飛行士として、NASAのチームに選ばれたと脚光を浴びている映像を、無職になった兄のムッタが何とも言えない顔で眺めていました。 ムッタはある日、思い出の品を目にし2人の誓いを思い出しました。そして宇宙飛行士になることを目指し努力していきます。幼い頃から真っすぐ夢を叶えたヒビトとは後れを取ったスタートダッシュですが、いつかの夢を叶えるためにムッタの本気の挑戦が始まります。 果たしてムッタは宇宙飛行士に採用されるのでしょうか。

41位『東京マグニチュード8.0』(2009年)

地震のリアルな描写が波紋を生んだ

東京マグニチュード8.0

■ジャンル:パニック、ヒューマンドラマ ■放送時期:2009年7月~9月 ■話数:全11話

物語は夏休み初日となる2012年7月21日。中学1年生の主人公・小野沢未来は弟の悠貴と共に東京のお台場で開催されているロボット展に来ていました。最近何かとイラついてる未来は「こんな世界、こわれちゃえばいいのに。」と、はけ口としてインターネットに書き込みます。 その直後、東京でマグニチュード8.0の大地震が発生し、地面が大きく揺れたのを感じました。 東京タワーやレインボーブリッジなど崩壊し街の被害が広がる中、未来は弟の手を引き逃げまどいました。その途中で日下部真理というバイク便ライダーと偶然知り合います。彼女と共に未来の自宅のある世田谷へと…。3人は無事にたどり着くのでしょうか。 この作品は2009年7月から同年9月までフジテレビで放送されたアニメです。「家族に会いたい、と初めて思った。」というキャッチコピーを掲げ、防災に対する危機管理を訴える内容。東京という大都会で巨大地震が起きた場合をリアルに表現されており、非常に考えさせられる作品となっています。

40位『GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガー・ガール)』(2003年)

抗うことのできない使命を与えられた少女たちの物語

■ジャンル:SF、ガンアクション ■放送時期:2003年10月~2004年2月 ■話数:全13話

『GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガー・ガール)』は、相田裕による漫画が原作となった、2003年放送のアニメ作品です。 舞台は、架空の世界におけるイタリアです。思想や地域による対立からテロや暴力の絶えないイタリアでは、政府によって「社会福祉公社」が設立されました。この組織は、表向きは障害者への支援を行う法人ですが、裏では身体障害のある少女たちの肉体を改造し、彼女たちを使って暗殺などの活動を行っていました。 組織に抗えず銃を手に戦う少女たちを描いた、重めのシリアスストーリーです。救いのない物語ですが、SFやシリアスなアニメが好きな人は一見の価値ありです。

39位『ちはやふる』(2011年~)

実写版に劣らずアニメも面白い!

ちはやふる

■ジャンル:学園、スポーツ、青春、恋愛 ■放送時期:2011年~ ■話数:全25話(第1期)、全25話(第2期)

物語は小学校編、高校編と分けて描かれています。主人公の綾瀬千早がクイーンと呼ばれる、競技かるた界の女流トップの座を争う場面から始まります。 そのシーンの後は、千早が過去を思い出す形で前半は小学校編、第7話の中盤からは高校生編というような流れで描かれています。 主人公の千早以外にも、個性的で素敵な登場人物が出てきています。メンバーとのストーリーや恋愛、そしてなんといってもスピード感のある競技かるたの描写で絶大な人気を集めており、実写化映画にもなるほどの人気作品となりました。笑いあり涙ありなおすすめ青春アニメです! 2019年10月には続編となる第3期の放送が予定されています。

38位『妄想代理人』(2004年)

今敏監督による妄想と現実が入り混じる現代

妄想代理人

■ジャンル:サイコスリラー、クライム・サスペンス ■放送時期:2004年2月~5月 ■話数:全13話

可愛い癒し系のマスコットをデザインした主人公の鷺月子は心の闇を抱えていました。 そしてその月子が敬愛する人々が通り魔に襲われてしまいます。犯人は通称「少年バット」と呼ばれ、人々を恐怖へと陥れていきました。しかし何人も被害者が出ていて、なおかつ目撃者がいるにもかかわらず、通り魔はは一向に捕まりません。 そんな中、少年バット事件を担当する刑事・猪狩慶一と馬庭光弘の2人は、捜査をしているうちに被害者の共通点に辿り着くのです。一体その共通点とは何でしょうか……。

37位『夏目友人帳』(2008年~)

見終わった後、優しい気持ちになります。

夏目友人帳

■ジャンル:伝奇、学園、ファンタジー ■放送時期:2008年~ ■話数:全13話(第1期~第4期)、全11話+TVスペシャル(第5期)、全11話(第6期)

『夏目友人帳』は、2008年~20017年までに6期まで制作された、超人気作です。2008年には映画版も公開されました。 主人公の夏目貴志は幼い頃から人妖怪(あやかし)が見え、薄気味悪い子供と言われ続けていました。そのため両親との死別後は、親戚のたらい回しにあってきました。 そんな中、夫婦二人きりの藤原夫妻に高校生になった貴志が引き取られます。実の子のように大切に接してくれる夫妻のお陰で、貴志はようやく落ち着いた静かな暮らしが出来るようになりました。 そんなある日、妖怪の斑(まだら)であるにゃんこ先生と出会い、暮らしを共にすることに。

にゃんこ先生

貴志は亡き祖母レイコの遺品である、友人帳を見つけます。そこには生涯孤独だったレイコと勝負し負けた妖たちの名前があり、彼女から名を奪われた妖が次々と貴志のもとへと姿を現します。 友人帳によって様々な妖たちと出会い、彼らの話から垣間見る亡き祖母のレイコの人となり。貴志はレイコに興味を持ち、にゃんこ先生と共に友人帳の名を返していくことを決意するのです。そして貴志の妖への想いも変化していくのです。 壁を作っていた主人公・貴志は、妖たちやにゃんこ先生と出会い、また友や藤原夫妻のやさしさに触れることにより、少しずつ心が和らいでいきます。見終わった後優しい気持ちに包まれること間違いなしです!

36位『WORKING!!』(2010年~)

こんなファミレスでバイトしたい

■ジャンル:コメディ、お仕事 ■放送時期:2010年~ ■話数:全13話(第1期、第2期)、全14話(第3期)

2010年に第1期、2011年に第2期、2015年に第3期と繰り返しアニメ化された人気作品です。北海道のファミレス「ワグナリア」を舞台に、男子高校生小鳥遊(たかなし)を中心とした魅力的なキャラクターが一風変わった日常を繰り広げます。 本作の魅力は何と言ってもキャラクター。幼児やぬいぐるみなど小さくてかわいいものが病的に好き(ただし常識人)な主人公の小鳥遊、見た目が小学生で「ちっちゃくないよ!」が口癖の女子高生ぽぷら、視界に入った男を殴る病気(?)を持っているかわいい怪力女子高生まひる、仕事はできるが刀を腰に差して接客する20歳の八千代。ほかにも超個性的なキャラクターたちがたくさん登場します。キャラクターたちのボケとツッコミの応酬に癒やされることでしょう。

35位『Charlotte(シャーロット)』(2015年)

特殊能力に目覚めた少年少女たちの運命やいかに

■ジャンル:超能力、学園 ■放送時期:2015年7月~9月 ■話数:全13話+未放送1話

『Charlotte(シャーロット)』は、2015年に放送された全13話のアニメ作品です。池澤真と津留崎優によるリメイク版漫画も刊行されており、全6巻で完結しています。 舞台は、思春期を迎えた少年少女たちのごく一部が、不完全な特殊能力に目覚めるという世界。主人公の乙坂有宇(おとさかゆう)は、5秒間だけ他人の体を乗っ取ることが出来ます。彼はその能力をカンニングなどに悪用していましたが、他校の友利奈緒(ともりなお)と高城丈士朗(たかじょうじょうじろう)に見破られてしまいました。 有宇は、友利たちの通う星ノ海学園に編入させられ、能力者たちに注意喚起する活動をしている生徒会に入るのです。有宇は生徒会に協力しながら楽しい日々を送っていましたが、自身の隠された過去や、本当の能力に気づき始めて......。 13話で完結を迎えるため、スピーディな展開でテンポよく物語が進んでいきます。また、可愛いヒロイン達も魅力の一つです。

34位『Re:ゼロから始める異世界生活』(2016年~)

衝撃的な展開と主人公の決意に胸が震える

ゼロから始める異世界生活

■ジャンル:ループ、ダークファンタジー、異世界 ■放送時期:2016年~ ■話数:全11話(第1期)

ひきこもりの学生で主人公の菜月昴は、突如コンビニ帰りに異世界へ飛ばされてしまいます。 知識や技術、武力、もちろんコミュニケーション能力も全くない凡人が、放り込まれた異世界で必死にもがき生き抜く物語です。 彼に与えられた能力は、「死に戻り」という死ぬと時間が戻るという力のみ。その力をどう使うのか見どころです。異世界で彼はどのように生き抜いていくのでしょうか。 2019年には、第2期の製作が発表されました。放送を期待して待ちましょう。

33位『灼眼のシャナ』(2005年)

人を喰らう怪物たちに立ち向かう

■ジャンル:ファンタジー、バトル、アクション ■放送時期:2005年10月~2006年3月 ■話数:全24話

『灼眼のシャナ』は、高橋弥七郎によるライトノベルを原作としたアニメ作品です。2005年にアニメ化され3期まで制作されたほか、漫画やゲームなど様々な媒体でメディアミックスされました。 平凡な日常を送っていた高校生の主人公・坂井悠二は、怪物の出現に巻き込まれ、そこでとある少女(シャナ)と出会います。彼女は、人を襲い喰う「紅世の徒」を討つ使命を背負った「ヘルフレイムズ」という組織の1人でした。そして彼女は、悠二がすでに死んでいることを、彼に告げるのです。 悠二とシャナが互いに惹かれ合っていく恋愛パートと、彼らの成長やバトルシーンを描いたパートとのバランスに定評がある作品です。

32位『けいおん!』(2009年~)

世にブームを巻き起こした神アニメ

けいおん

■ジャンル:学園、音楽、日常 ■放送時期:2009年~ ■話数:全14話(第1期)、全27話(第2期)

この作品は、作中で演奏していた曲がCD化されたり、キャラクターが使用していた楽器が再現・発売されたりと、実際にいる人物のような錯覚におちいるほどリアルにこだわっていました。 桜が丘高校に入学した田井中津を含め4人は廃部寸前の軽音部をなんとか立ち上げ、音楽の楽しさなどを全力で表現している青春学園ストーリーです。萌えアニメと侮るなかれ、その面白さにきっとはまってしまうはず!

31位『オーバーロード』(2015年~)

人類滅亡もありうる痛快蹂躙ファンタジー

■ジャンル:ダーク・ファンタジー ■放送時期:2015年~ ■話数:全13話(第1期~第3期)

タイトルの『オーバーロード』とは、絶対的権力を持つ王を意味するもの。なぜか参加型RPGの世界に取り残された主人公モモンガが、実体化したNPCキャラクターたちを率いて、覇王となる道を歩き出す姿を描いたファンタジーです。 ただし主人公たちは、いわゆる一般的にファンタジー系なヒーローではありません。モモンガはなにしろスケルトンなアンデッド、従う下僕たちも人類を虫けら扱いする悪魔や吸血鬼など、人外の魔物ばかり。 魔法使いとして圧倒的な力を持ちながらも、中身は普通のオタクサラリーマン。そんなモモンガが懸命に権力者らしい威厳を見せながら、内心ひやひやもので世界を蹂躙していくさまが、とても痛快!観ている方の思考も悪魔化必至の、ちょっと危険なダークファンタジーと言えそうです。

30位 『ばらかもん』(2014年)

暴力事件を起こした書道家が長崎・五島列島へ

■ジャンル:青春、ヒューマンドラマ、ギャグ ■放送時期:2014年7月~9月 ■話数:全12話

『ばらかもん』は、ヨシノサツキによる人気漫画が原作の、青春アニメ作品です。「ばらかもん」とは、原作者ヨシノの出身地である長崎県・五島列島の方言で、「元気者」という意味だそうです。 主人公の半田青舟(はんだせいしゅう)は、23歳の書道家。若くして書道界にその名をとどろかせていましたが、自身の作品を酷評した展示館の館長を殴りつけてしまいます。見かねた父親は、人間的な成長を促すため、彼を五島へと送り込むのです。 そこで半田は、小学生の琴石なるという少女を中心とした島民たちと関係を築いていき、徐々に人間としても書道家としても成長していきます。 『ばらかもん』は、ギャグがふんだんに盛り込まれた、ほのぼのとした日常を描いた作風です。五島の方言で話す少女・なる役を演じた原涼子の名演が、ファンの心を掴みました。

29位『ぼくらの』(2007年)

鬱映画の代名詞!地球を託された少年少女たちの物語

ぼくらの

■ジャンル:SF、ロボット ■放送時期:2007年4月~9月 ■話数:全24話

物語は、夏休みのある日、学校の行事に参加していた15人の子供達がココペリと名乗る人物に海岸よりの洞窟で出会うところから始まります。 ココペリは子供達にゲームをしてみないかと誘い、自身が作ったというゲームを説明し始めました。それは、最強の巨大ロボットを操り、地球を襲う敵を倒し地球を守るというありきたりな内容。1人を除く14人の子供達はただのゲームだと安易に考え、ココぺリと契約をしてしまうのです。 果たして、子供たちの行く末は一体どうなってしまうのでしょう…。

28位『Angel Beats! エンジェルビーツ!』(2010年)

音楽もストーリーも素晴らしい神作

Angel Beats!-エンジェルビーツ

■ジャンル:SF、学園、ファンタジー ■放送時期:2010年4月~6月 ■話数:全13話+特別編2話

物語の舞台は、死後の世界。そこには学園が存在し、現世で満足に青春時代を送れず死を迎えた死者が送られます。成仏を促す目的で、総勢2000名を超える生徒が、用意されたエキストラの生徒と共に、楽しい学園生活を過ごしていました。 しかしそんな中、成仏を拒む生徒がいたのです。本作主人公の少女ゆりをリーダーとしたグループは、不公平な人生を与えた神に復讐するという目的を持ち、日々成仏を抗い続けていました。 名作『CLANNAD』で人生を描いた麻枝准が死後の世界を描いた傑作。必見です。

27位『鋼の錬金術師』(2003年)

ハリウッド実写化も決定した作品のアニメ1作目

鋼の錬金術師

■ジャンル:ダーク・ファンタジー、ヒューマンドラマ ■放送時期:2003年10月~2004年10月 ■話数:全51話

この作品は、原作とは異なる完全オリジナルストーリーです。と言うのも、漫画連載中にアニメ製作され、原作に追いついてしまうので原作者の希望により異なる作品になりました。 幼い頃から錬金術という才能を持つエドワード・エルリック(エド)と弟のアルフォンス・エルリック(アル)は、病気で亡くなった母を蘇らせようと禁忌である「人体錬成」を試みます。 しかし、それは失敗に終わりエドは左脚、アルは全身を代償として失うのでした。エドは自らの右腕と代償にアルの魂を鎧に定着し、弟の命だけは助けることに成功しましたが、失ったものは大きいものでした。 エドとアルは身体を取り戻すため、偉大な力を持つ「賢者の石」を探す旅に出るのです。

26位 『ef a fairy tale of the memories.』(2007年~)

事情を抱えた少年少女たちの恋愛模様を描く

■ジャンル:恋愛、学園、SF ■放送時期:2007年~ ■話数:全12話(第1期、第2期)

『ef a fairy tale of the memories.(エフ・ア・フェアリー・オブ・ザ・メモリーズ)』は、アダルトゲームを原作にした、2007年アニメ作品。翌2008年には2期が制作されました。 舞台は音羽(おとわ)という街です。過去の震災を乗り越え、「ヨーロッパ風の街」をコンセプトに復興が進んだものの、いまだに郊外には廃墟が点在しています。そんな町で暮らす高校生たちが、それぞれ事情を抱えながら、恋愛模様を繰り広げます。 本作は複数の主人公たちの物語が、平行して進んでいく作品です。複雑な構成であるため、最初は物語についていくのが精いっぱいかもしれませんが、徐々にその世界観にハマること間違いなし。2007年の作品とは思えないほど完成された映像美や、シリアスなストーリーならではのカタルシスが魅力です。

25位『ギルティクラウン』(2011年)

映像クオリティの高さとスピーディな展開に定評がある作品

■ジャンル:SF、バトル、群像劇 ■放送時期:2011年10月~2012年3月 ■話数:全22話

『ギルティクラウン』は、2011年にノイタミナ枠で放送された、オリジナルアニメ作品です。 舞台は2029年、「アポカリプスウイルス」という未知のウイルスが蔓延してから10年後の日本です。主人公の桜満集(おうましゅう)はある日、憧れの歌手・楪いのり(ゆずりはいのり)と出会います。いのりは歌手として活動しながら、裏ではレジスタンス組織「葬儀社」に所属していました。 集は、いのりや葬儀社のメンバーと出会う中である特殊能力を手に入れ、彼らのレジスタンス活動に深く関わっていくことになります。 高い映像クオリティやスピーディなストーリー展開が魅力のSF作品です。洗練されたデザインのロボットも登場するので、ロボット好きの人も必見。

24位『機動戦士ガンダムSEED』(2002年)

原点に立ち返った新世紀のファーストガンダム

■ジャンル:ロボット、SF、ファンタジー ■放送時期:2002年10月~2003年9月27日 ■話数:全50話

富野由悠季原作・サンライズ制作の「ガンダム」シリーズの1作品で、2002年10月から2003年9月までの1年間に、TBS系列で全50話が放送されました。続編となる『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』は、2004年9月から2005年10月までに全50話が放送されています。 時はコズミック・イラ71年。資源衛星「ヘリオポリス」に住む学生キラ・ヤマトは、ガンダム奪取作戦に巻き込まれてしまいます。そして成り行きながらも、地球連合軍の秘密兵器「ストライクガンダム」のパイロットとして戦いに身を投じていきます。 タイトルの「SEED」には、そのまま和訳した“種子”のほか「遺伝子操作」や「発端」という意味も込められています。制作を担当したサンライズは、「新しい世代に向けた、新たなスタンダードとなりうるガンダム」で原点回帰を目指したといいます。

23位『東のエデン』(2009年)

アニメファンを虜にしたノイタミナ枠の代表作

東のエデン

■ジャンル:サスペンス、アクション ■放送時期:2009年4月~6月 ■話数:全11話

2010年11月22日月曜日、日本の様々な地に10発のミサイルが落とされる事件が起こります。 そのころ主人公・森美咲は、大学の卒業旅行でワシントンDCを訪れていた際に記憶を無くした謎の全裸の少年、滝沢朗と出会います。 その出会いがキッカケで日本に帰国することになった2人が見たのは混乱した日本の姿でした。2人は行動を共にするうちに、滝沢の過去や「迀闊な月曜日」の真相を知っていくことになっていくのです。

22位『みなみけ』(2007年~)

三姉妹の日常が描かれるほのぼの系アニメ

■ジャンル:日常、コメディ ■放送時期:2007年~ ■話数:全13話(第1期~第4期)

『みなみけ』は、桜場コハルによる漫画が原作の、アニメ作品です。2007年から2013年の短い期間で、シリーズが4期まで制作されるほどの人気を博しました。本作は、南家(みなみけ)の三姉妹を中心に、彼女らの日常に起こる出来事を描いています。 長女の春香(はるか)は高校2年生。彼女は南家のお母さん的存在で、家事全般を行っています。三姉妹1モテる、天然美少女です。次女の夏奈(かな)は中学2年生で、南家のトラブルメーカー。明るくお転婆なツインテールの女の子です。三女の千秋(ちあき)は小学5年生、夏奈とよくケンカをする末っ子です。 そんな三姉妹が送る平凡な日常や人間関係を描く、ほのぼのとした雰囲気が癖になります。

21位『Fate/Zero』(2011年~)

人気ノベルゲームの前日譚を映像化

■ジャンル:伝奇、ファンタジー、アクション ■放送時期:2011年~ ■話数:全13話(第1期)、全12話(第2期)

本作品は虚淵玄原作のライトノベルの映像化作品で、大人気ノベルゲーム『Fate/staynight』のスピンオフ作品。『Fate/staynight』から10年前に遡った、第4次聖杯戦争が物語の始まりになっています。 聖杯戦争とは、どんな願いも叶えてくれるという器を賭けた儀式で、選ばれた7人は自身の願いの為に殺し合いを始めるのです。 10年前の冬木市にて第4次聖杯戦争の幕が開きます。

20位『ひぐらしのなく頃に』(2006年~)

雛見沢村で起こる不気味な事件の数々を解き明かせるか

■ジャンル:ホラー、サスペンス ■放送時期:2006年~ ■話数:全26話(第1期)、全24話(第2期)、全5話(第3期)、全4話(第4期)、全1話(第5期)

『ひぐらしのなく頃に』は同人サークルによるコンピュータゲームが原作の、アニメ作品です。本作はアニメだけでなく漫画や実写映画など、様々な媒体でメディアミックスされた人気作品。アニメ版はOVAを含めて5期まで制作されました。 舞台は、人口2000人に満たない寂れた村、雛見沢村(ひなみざわむら)。前原圭一は、東京から雛見沢村の高校へ転校してきます。明るい性格の彼は、すぐに周りと打ち解け、平穏な日々を送っていました。しかし村で行われる「綿流し」という夏祭りの日を境に、彼の身の回りで不気味な事件が起こり始めます。 『ひぐらしのなく頃に』は平行世界を描いたような独特な作風が魅力です。事件が起こるたびに日常はリセットされ、同じ時系列を描きます。しかしリセットされるたびに登場人物の行動や結末が変化し、視聴者が徐々に推理していくことが出来る、という一風変わった作風です。

19位『僕だけがいない街』(2016年)

自らの過去と対峙する“時間逆光”サスペンス

■ジャンル:サスペンス、タイムリープ ■放送時期:2016年1月~3月 ■話数:全12話

『ヤングエース』連載の三部けいによるサスペンス漫画『僕だけがいない街』のテレビアニメ版です。2016年1月から3月にかけて全12話で、フジテレビ『ノイタミナ』枠で放送されました。同年3月には実写映画も公開されています。 売れない漫画家・藤沼悟は、“リバイバル(再上映)“と呼んでいる不可思議な現象に悩んでいました。それは、事件や事故などが起こる直前まで時間が巻き戻るというもの。そして、ある事件をきっかけにリバイバル現象に変化が起き、悟は自分の過去と向き合うことになっていきます。 張り巡らされた伏線、綿密に練られた設定、秀逸な心理描写など、本作はサスペンス・アニメとしての見どころが満載!原作漫画、映画版とも違った展開があり、どれも必見です。

18位『プラネテス ΠΛΑΝΗΤΕΣ』(2003年)

SFを舞台に様々な問題を提起した名作

プラネテス – ΠΛΑΝΗΤΕΣ

■ジャンル:SF ■放送時期:2003年10月~2004年4月 ■話数:全26話

西暦2075年宇宙開発が進み巨大ステーションや月面都市を建設するまでになりました。そんな中、宇宙のゴミ(デブリ)は世界中で問題になっています。 主人公の星野八郎太は、宇宙のゴミを回収する仕事をしていました。テロ組織の問題や木星往還船の建設など色々な物語が描かれています。考えさせられるアニメが好きな人にはおすすめの面白いアニメです!

17位『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(2013年~)

ぼっちの2人が繰り広げる青春ラブコメディ

■ジャンル:青春ラブコメ、学園 ■放送時期:2013年~ ■話数:全13話(第1期、第2期)

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』は、渡航(わたりわたる)のライトノベルが原作の、2013年アニメです。2015年には2期、2019年には3期の制作が決定した、大人気シリーズ。 主人公の比企谷八幡(ひきがやはちまん)は、幼少期からずっと友達ができなかったことから、他人を信頼することが出来なくなっていました。特に女子に対しては強い警戒心を持っているのですが、入部した「奉仕部」で、雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)という女生徒と知り合うことに。 雪乃は学校一の才色兼備で知られていましたが、他人に妥協せず我が道を行く性格が仇となり、これまで友達と呼べる人はいなかったのです。根本的には性格や考え方が違うものの、同じような境遇にある八幡と雪乃。そんな彼らの高校生活を描いたラブコメ作品です。

16位『交響詩篇エウレカセブン』(2005年~)

少年と少女が出会うところから始まる冒険物語

■ジャンル:SF、ロボット ■放送時期:2005年~ ■話数:全50話(第1期)、全24話(第2期)

『交響詩篇エウレカセブン』は、2005年のアニメ作品。2012年には、続編となる『エウレカセブンAO』が放送されました。 スカプコーラルという粒子状の物体が地上を覆う街。そこにレントン・サーストン14歳の少年が住んでいました。 世界的英雄である亡き父アドロックサーストンの息子で平穏な日々を送っていたレントン。ある日、飛行機が墜落し、見た事もないLFO(人型機動マシン)の修理を美少女エウレカに頼まれることに。祖父のアクセル・サーストンとレントンは引きうけることになりました。 レントンはこれをきっかけに神秘的なエウレカに惹かれていきます。そんな中、突如ミサイル攻撃を受けます。修理がなされてないまま出撃し、レントンとエウレカは大空へ飛び立つことになり……。

15位『とある科学の超電磁砲(レールガン)』(2009年~)

スピンオフ作品ながらも大ヒットを叩き出した

とある科学の超電磁砲(レールガン)

■ジャンル:SF、超能力、バトル ■放送時期:2009年~ ■話数:全24話(第1期、第2期)

ライトノベル『とある魔術の禁書目録(インデックス)』のスピンオフである本作の舞台は、総人口230万人のうち半数以上が学生が占める「学園都市」地区。学生全員に超能力開発実験を行い、それによって多様な能力を開花させています。 主人公の御坂美琴は、「超電磁砲(レールガン)」と呼ばれ、学園都市の中で最高レベルという持ち前を活かして、都市で起こる奇妙な事件を次々と解決していきます。 御坂美琴のカッコかわいい魅力を軸に日常系アニメのような女の子のやりとりをからめ、非常に観やすい作品に仕上がりました。 本作は、2009年に第1期、2013年に第2期がそれぞれ全24話で放送されました。放送日は未定ですが、第3期の製作も決定しています。

14位『監獄学園 プリズンスクール』(2015年)

全寮制学園で男子5人VS女子1000人!脱獄×学園コメディ

■ジャンル:学園、コメディ ■放送時期:2015年7月~9月 ■話数:全12話

「週刊ヤングマガジン」連載の平本アキラによるコメディ漫画『監獄学園』のアニメ化作品。2015年7月から9月にかけて全12話が、TOKYO MXなどで放送されました。 共学になったばかりの八光学園は、男女比率がなんと女子1016人対男子5人!肩身の狭い学園生活を送っていたキヨシたちは、女子風呂ノゾキの罪で不純異性交遊取締の「裏生徒会」に捕まり、懲罰棟(プリズン)に投獄されてしまいます。 キヨシたち残念男子生徒たちのバカっぷり、裏生徒会を仕切る美女たちのドSっぷりが見どころの本作。エロさとバカさの絶妙なバランスも最高です。同名タイトルの実写ドラマも、2015年にTBS系列の深夜枠で放送されました。キヨシ役を中川大志が務めています。

13位『氷菓』(2012)

好奇心旺盛女子と省エネ男子が推理を繰り広げる

■ジャンル:推理、サスペンス、学園、青春 ■放送時期:2012年4月~9月 ■話数:全22話

『氷菓』は、米澤穂信の「〈古典部〉シリーズ」という推理小説シリーズが原作の、2012年アニメ作品です。 主人公の折木奉太郎(おれきほうたろう)は、「やらなくてもいいことは極力やらない」という信条を掲げる「省エネ主義者」です。淡白な人付き合い、平均的な学力と、無難な高校生活を送っていましたが、ひょんなことから廃部寸前の「古典部」に入部することに。 彼はそこで千反田える(ちたんだえる)という好奇心旺盛な女子生徒と出会います。折木は彼女に推理力を見込まれ、数々の事件に関わっていくことになるのです。この出会いがきっかけで、彼の高校生活は一変します。 本作は推理ものとは言っても、そこまで非日常に偏った内容ではなく、視聴者に違和感を感じさせない作りになっているのが魅力。本格派ミステリーが見たい人よりも、ほのぼのとした日常系アニメが好きな人におすすめです。高校生たちの青春ストーリーに、謎解きというスパイスがバランスよくブレンドされています。

12位『ラブライブ!』(2013年)

社会現象を巻き起こしたスクールアイドル奮闘記

ラブライブ

■ジャンル:アイドル、青春、学園、音楽 ■放送時期:2013年~ ■話数:全13話(第1期、第2期)

『ラブライブ』はアニメの垣根を超えて、声を担当していた声優9人が紅白歌合戦に出場するなど、社会現象を巻き起こした大人気作品です。 東京都千代田区にあるごく普通の女子高校の「音ノ木坂学院」を舞台に、3年後に迫った廃校の危機を救うべく9人の生徒が立ち上がる物語です。 彼女たちは、学校を有名にして入学希望者を増やすという目的でアイドルとして活躍することになり、スクールアイドルプロジェクトが始動し、数々の困難を乗り越えてゆく姿を描いています。1期では頑張るかわいい少女たちの物語ですが、2期では泣いてしまうほどの感動が。 第1期は2013年に、第2期は2014年にそれぞれ全13話が放送されました。

11位『ワンパンマン』(2015年~)

パンチ一発であらゆる敵を倒す最強ヒーロー

■ジャンル:ヒーロー、ギャグ、アクション ■放送時期:2015年~ ■話数:全12話(第1期、第2期)

「となりのヤングジャンプ」連載、ONE原作・村田雄介作画による漫画『ワンパンマン』が原作のヒーロー・アクション。もともとはONE自身のホームページで連載されていたWEB漫画がオリジナルです。 どんな敵でも一発のパンチで倒してしまう最強ヒーロー「サイタマ」。この力は、就活をやめて、頭髪をすべて失うほどのトレーニングを経て手に入れたものでした。念願のヒーローになっても、最強ゆえに戦闘意欲に欠ける日々を過ごす羽目に。そんなある日、イケメンで人気のヒーロー「ジェノス」がサイタマのファンを公言し、弟子入りを志願します。 最強ヒーローが、その強さに悩むというパラドックスを抱えている点が斬新。テレビ東京などで2015年10月から12月にかけて第1期全12話が、2019年4月からは第2期全12話が放送されました。アニメーション制作は第1期をマッドハウス、第2期をJ.C.STAFFが担当しています。

10位『魔法少女まどか☆マギカ』(2011年)

かわいいキャラクターとトラウマ注意な鬱展開で話題を生んだ

魔法少女まどか★マギカ

■ジャンル:ダーク・ファンタジー、魔法少女 ■放送時期:2011年1月~4月 ■話数:全11話

見滝原中学校に通う主人公・鹿目まどかは、どこにでもある平凡な日常を送る一人です。ある夜、謎の白い生物から「僕と契約して、魔法少女になってほしい」と懇願される夢を見ます。翌朝、見滝原中学へ夢で見た少女暁美ほむらが転校生としてやってきて……。 放課後、謎の声に導かれビルの一角へ呼び出され、夢の中で見た生き物のキュゥべえと、彼に襲いかかるほむらを見てしまいます。戸惑いつつもまどかは傷を負ったキュゥべえを助けますが、その直後に異世界へ迷い込んでしまうのです。 可愛らしいキャラクターと衝撃的でドラマティックな展開のギャップで話題を生んだ傑作アニメです。

9位『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006年~)

世間に一大ムーブメントを巻き起こした大ヒットアニメ

涼宮ハルヒの憂鬱

■ジャンル:学園、SF、セカイ系 ■放送時期:2006年~ ■話数:全14話(第1期、第2期)

『涼宮ハルヒの憂鬱』は、2006年に第1期、2009年に第2期がそれぞれ全14話で放送され、社会現象を巻き起こすほどの人気を誇った作品です。 普通の男子高校生キョンは、宇宙人や未来人、超能力者との交友を希望する変わったクラスメイト涼宮ハルヒに巻き込まれ、「世界を・大いに盛り上げる為の・涼宮ハルヒ団」略して「SOS団」の立ち上げの手伝いをすることになります。 「SOS団」は5人のメンバーで結成され、宇宙人や未来人、超能力者を探し一緒に遊ぶ目的で集結しました。集められたメンバーは実は能力者であり宇宙人や未来人などが含まれ、キョンは非日常の日々に巻き込まれていくのです。 『涼宮ハルヒの憂鬱』も面白いですが、劇場版『涼宮ハルヒの消失』も大傑作なので未見の方はぜひ!

8位『とらドラ!』(2008年)

甘酸っぱい少しおかしな青春ラブコメの傑作

とらドラ

■ジャンル:青春、ラブコメディ ■放送時期:2008年10月~2009年3月 ■話数:全25話

高須竜児は穏やかな優しい人物ですが、目つきが鋭いため不良に見られてしまいます。 逢坂大河は小柄で可愛い女の子に見えますが、暴力的な性格で手乗りタイガーと呼ばれ、それゆえ劣等感を感じていました。 ある日、大河は竜児の鞄に他の人に宛てられたのラブレターを入れてしまいます。このことにより、互いの想う人を知った二人は手を組み、お互いの恋が成就するように応援することになり……。

7位『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2011年)

ハンカチ必須。青春感動アニメの名作

■ジャンル:恋愛、青春、ファンタジー ■放送時期:2011年4月~6月 ■話数:全11話

幼なじみ6人組で結成された小学生グループ「超平和バスターズ」。彼らは互いにあだ名で呼び遊ぶ仲間でした。しかし、仲間の芽衣子が亡くなり、仲間の間に溝が出来てグループは決別。高校生になった今でも疎遠な間柄です。 宿海仁太は高校受験に失敗し引きこもり生活を送る毎日でした。 ある日、亡くなった芽衣子が仁太の前に現れ、「お願いを叶えて欲しい」と頼みます。芽衣子の姿は仁太だけが見えて、他の人には見えず……。 全11話とコンパクトにまとめられた作品。劇場版もありますが、30分アニメの方が圧倒的におすすめです。

6位『CLANNAD』(2007年~)

智也と渚、ふたりの人生の本当の終着点とは

■ジャンル:学園、恋愛、パラレルワールド ■放送時期:2007年~ ■話数:全22話(第1期、第2期)

「CLANNADは人生」という名文句があるほど、泣けると定評のある作品。作品名としては2007年放送の第1期が『CLANNAD』、2008年放送の第2期が『CLANNAD 〜AFTER STORY〜』に分かれていますが、2期を合わせて観ることで神アニメとしての本領を知ることができるでしょう。 第1期は、いわゆる青春恋愛物語。生きる目的を見失っていた高校生、岡崎朋也が、愛らしい同級生、古河渚と出会うことから始まります。廃部状態にある演劇部を復活させる活動の中で、朋也は彼女を深く愛し始めます。 続く第2期は、高校卒業後のふたりが描かれます。ただしその展開は非常に意外性に富んだもの。渚との同棲、結婚そして出産を経て、物語は時空を超越した世界へと広がっていきます。

5位『メイドインアビス』(2017年)

アビス(大穴)探検に憧れる少女のファンタジー・アドベンチャー

■ジャンル:ファンタジー、冒険 ■放送時期:2017年7月~9月 ■話数:全13話

「WEBコミックガンマ」連載のつくしあきひとによる漫画『メイドインアビス』を原作としたファンタジー・アニメ。2017年7月から9月にかけて全13話が、AT-X、TOKYO MXなどで放送されました。 世界に唯一残されているアビスと呼ばれる秘境の大穴。その深い地下には珍しい生物や、貴重な遺産があるとされています。アビスの縁にある街・オースに住む少女リコは、アビスの謎を探索する“探窟家”になることを夢見ていました。 アビスの美しくも圧倒的な世界観が大きな見どころ。キャラクターは可愛らしく、背景は緻密に描き込まれています。ダンジョン探検ものが好きな人にはおすすめです!

4位『化物語』(2009年)

笑いあり、涙あり。個性的なキャラクターが活躍する

■ジャンル:青春、怪奇 ■放送時期:2009年~ ■話数:全15話(「化物語」のみ)

『化物語』は、西尾維新のライトノベルシリーズを原作にしたアニメ化作品、「物語」シリーズの第1作目です。別タイトルの続編も多数アニメ化されています。 高校3年生で主人公の少年・阿良々木暦はある日、特に会話らしい会話をしたことがない、体の弱いクラスメイトの戦場ヶ原ひたぎの秘密を偶然知ってしまいます。 彼女は2年前、奇妙な蟹に重さをすべて持ち去られ、体重が無くなってしまったのです。暦とひたぎは怪異に詳しいメメに相談し力を借りるため、彼の住んでいるという廃墟ビルに向かい……。 と書くと、ホラーアニメか何かかと思うかもしれませんが100%ギャグアニメです。メインは主人公とヒロインたちの漫才のような軽妙なやりとり。会話のセンスだけであれば21世紀最高のアニメと言っても過言ではない作品です。

3位『攻殻機動隊』(2002年)

カルト的人気を誇り、未だなお広がり続けるその世界!

攻殻機動隊

■ジャンル:SF ■放送時期:2002年10月~2003年11月 ■話数:全26話

科学技術がより発達した日本が舞台です。脳の神経をネットに接続した電脳化やサイボーグ、ロボットなどの義体化技術が発展した結果、電脳によりネットワークが出来る社会になりました。 高度な凶悪犯に対抗する公安9課、通称「攻殻機動隊」は事件を事前に察知し被害をより少なくするため活動します。隊長草薙素子少佐を中心に法に縛られず暴力装置の行使を認められている攻殻機動隊の活躍を描いた作品です。

2位『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』(2011年~)

運命に立ち向かえ!大人気ゲーム原作のSF大作

シュタインズ・ゲート

■ジャンル:SF、パラレルワールド ■放送時期:2011年~ ■話数:全24話+TVスペシャル(第1期)、全23話(第2期)

主人公の岡部倫太郎は大学で「未来ガシェット研究所」というサークルを立ち上げ、様々な発明品を生み出していました。 そんなある日、偶然過去にメールを送ることのできるタイムマシンを発明。しかし、このことが悲劇のトリガーになり……。 岡部は、悲劇を起こさせないために時空という大きな運命に立ち向かいます。

1位『コードギアス 反逆のルルーシュ』(2006年~)

占領下に置かれた日本を舞台にしたドラマティックな名作

コードギアス 反逆のルルーシュ

■ジャンル:SF、ロボット、ダーク・ファンタジー ■放送時期:2006年~ ■話数:全25話(第1期、第2期)

『コードギアス 反逆のルルーシュ』は、2006年に第1期、2008年に第2期が、それぞれ全25話で放送されました。また、スピンオフとなる映画版なども制作されています。 世界唯一の大国、神聖ブリタニア帝国との戦争に負けた日本は、ブリタニア帝国に占領されてしまいます。国名を日本から「エリア11(イレブン)」に変えられ、日本人と名乗ることも禁じられるなど、差別を受けていました。 それから時は流れ、ブリタニアの王子で主人公のルルーシュ・ブリタニアはある日、謎の少女C・Cと出会います。ルルーシュは圧倒的な力(ギアス)を与えられる代償としてC・Cの願いを1つ叶えるという契約をC・Cと結び、日本独立のため革命を起こすのです。必ず二期まで見てほしいアニメです!

【番外編】20世紀に放送された名作おすすめ神アニメ

『ロミオの青い空』(1995年)

ロミオの青い空

スイスの小さな村で暮らす主人公・ロミオは、父・ロベルトの病を治すため、自身をお金に替え煙突掃除夫としてミラノに旅立ちます。 ロミオはミラノに向かう途中で少年アルフレドと出会い、アルフレドもまた煙突掃除夫になるためミラノを目指していることを知りました。後にロミオはアルフレドと再会し二人は親友になるのです。アルフレドは美少年で正義感が強く仲間からの信頼もあり、知性や教養もありロミオの憧れの存在でした。ロミオはアルフレドを目指し勉強を始めます。 イタリアのミラノの美しい景色やロミオがたくましく生きる姿が見ている人の心に響く名作の1つでしょう。

『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年)

新世紀エヴァンゲリオン

物語は西暦2000年9月13日に起きた大災害セカンドインパクトから15年後の西暦2015年、主人公の14歳の碇シンジが父からの呼び出しで第3新東京市に着いたところから始まります。 シンジは母が亡き後、父・碇ゲンドウとは今まで離れて暮らしており、特務機関NERV(ネルフ)の総司令をしている父の突然の呼び出しにとまどいます。そしてシンジは強制的に人型兵器エヴァンゲリオン(EVA)初号機のパイロットを命じられ、謎の敵「使徒」と嫌々ながら戦うことになり、呼び出された理由を知り父に対して嫌悪感を抱くのです。 シンジは母とそっくりな顔の少女綾波レイ、ドイツから来日したEVA弐号機のパイロットの少女惣流・アスカ・ラングレーと共に悩みながら「使徒」との戦いを続けました。果たして謎の生物「使徒」とはいったい? そのほか、保護者役の葛城ミサトやコンピューターエンジニアの赤城リツコなど登場人物の様々な思いが描写されています。最高に面白い、しかしながらとても奥深い作品に仕上がっています。

『おジャ魔女どれみ』(1999年~)

春風どれみは妹からばかにされるほどドジな小学3年生。魔女に憧れるどれみはある日、本物の魔女に出会いました。その魔女はマジョリカと言い、どれみが見破ったため魔女ガエルになってしまいます。 どれみは、幼なじみの藤原はづきや転校生の妹尾あいこ、どれみの妹ぽっぷと一緒にマジョリカを元に戻すため、魔女になる見習い修行に挑むことになりました。

『フランダースの犬』(1975年)

1975年1月5日から同年12月28日まで『世界名作劇場』で放送されていた作品。『アルプスの少女ハイジ』や『母をたずねて三千里』など数々の名作を生んだ枠です。 時は1870年頃、ベルギー・フランダース地方に両親を亡くし祖父ジェハンと暮らしているネロという少年がいました。ネロは心がやさしい少年で絵を描くことが好きで未熟ながらも才能があります。 ある日、道端でたおれている瀕死のパトラッシュをたすけます。その後、一緒に暮らすことになりパトラッシュはずっとネロのそばで寄り添っていくのです。 人生に苦難はつきもの、それを乗り越える強さを教えてくれる涙なしには見られないおすすめ名作アニメです。

『デジモンアドベンチャー』(1999年)

キャンプに来ていた小学生の7人は、突然の吹雪ではぐれてしまいます。祠に隠れてやり過ごし、雪がやんだのを確認して外に出た直後、謎の機械が降り注いだのです。 子供達はその機械から発生した大瀑布に吸い込まれ見知らぬ場所に着きました。そこにいたのは「デジタルモンスター」という謎の生き物でした。この出会いによって子供達との冒険の旅が始まるのです。

『美少女戦士セーラームーン』(1992年)

日本のアニメ文化の先駆けの1つになった『美少女戦士セーラームーン』。主人公・月野うさぎはある日、子供たちにいじめられていた喋る黒猫のルナを助けます。 ルナから変身ブローチを託され、仲間を探し幻の銀水晶を探してほしいと頼まれます。うさぎは変身ブローチでセーラームーンとして周りで続発する謎の事件を解決。様々な敵を倒す日々が始まるのです。

『スラムダンク』(1993年~1996年)

神奈川県立湘北高校に入学した不良少年の主人公・桜木花道は、188㎝の長身をバスケットボール部キャプテン・赤木剛憲の妹・晴子に認められバスケ部への入部を薦められます。 花道は晴子に一目惚れし、迷うことなく経験のないバスケ部に入部。その後、個性的なチームメイトとの練習や試合をしていくうちにバスケットの面白さに目覚め、徐々に才能を開花させていくのです。

『ONE PIECE』(1999年~)

『ONE PIECE』は尾田栄一郎原作の海洋冒険漫画で、1997年から『週刊少年ジャンプ』で連載され、1999年からアニメも放送されています。コミックスは累計3億部以上と数多く発行されたジャンプ作品の中でも、断トツの売り上げを誇る大人気作品です。 舞台は大海賊時代。ひとつなぎの大秘宝「ワンピース」を探し求める海賊たちの物語です。主人公の少年モンキー・D・ルフィは、海賊たちの頂点「海賊王」を目指すため、個性的な仲間たちと共にワンピースを求め大海原へ旅立ちます。

『笑ゥせぇるすまん』(1989年~1992年)

謎のセールスマン、喪黒福造が「ココロのスキマお埋めします」と言いながら、人生に困っている人間を救済する物語です。 喪黒は依頼者の願いを叶える条件を提示します。しかし、依頼者は提示する条件を満たせず最悪な結末を迎えてしまうのです。 このブラックジョーク作品は、喪黒の不気味な姿がトラウマを植えつけるほど強烈な印象でした。

『らんま1/2』(1989年)

高橋留美子原作の漫画『らんま1/2』は、1987年から1996年まで週刊少年サンデーに長期に渡り連載された作品。アニメ化は1989年から同年9月16日まで放送し一旦終了し、『らんま1/2熱闘編』というタイトルで1989年から1992年まで、こちらは長きにわたり放送されました。 物語の時代背景は昭和の末、格闘家の長・早乙女玄馬は1人息子の乱馬を連れて修行の旅に出ることになります。旅立つ際に玄馬は妻・のどかに「再会の日までに乱馬を男らしく育てる」という契約書を残して家を出たのでした。

それから16年後、親子は中国の呪泉郷でガイドの注意を無視し修行をした結果、ある悲劇が起きます。父・玄馬は頭から水をかぶるとパンダに、息子・乱馬は頭から水をかぶるとと女の子になってしまう体になってしまったのです。 その後日本に帰国した親子は乱馬の許嫁である天道家が営んでいる道場で居候することになりました。はたして親子は元の体に戻ることはできるのでしょうか……。

『カウボーイ・ビバップ』(1998年)

時は2071年。まるで西部劇のように、宇宙に進出した人類がその生活圏を広げていく「開拓時代」を舞台に、ひとりの賞金稼ぎ(カウボーイ)と仲間たちの活躍を描いた物語が『カウボーイ・ビバップ』です。主人公の名前はスパイク。「ビバップ」とは彼が乗り込むオンボロ宇宙船の名前です。 サンライズ製作で監督は渡辺信一郎。そのスタイリッシュかつクールな作画センスは、ハードボイルドタッチなプロットと相まってアニメ=子供の観るもの、というイメージを見事に覆しました。海外からの評価も高く、ハリウッドでの実写化に関する噂は、未だ絶えることがありません。 菅野よう子が手がけた音楽も、作品の「神・属性」を高めているエッセンスのひとつ。テーマソング「Tank!」が流れるオープニングを一度でも観れば、その世界観の虜になること間違いなしでしょう。とことんビターテイストな最終回は、まるで「フィルム・ノワール」の香りさえ漂わせています。

『未来少年コナン』(1978年)

2008年、最新兵器が用いられた戦争が勃発し、海の底にたくさんの街が沈んでしまいました。 物語はその地獄のような戦争の20年後から始まります。小さな島に墜落したロケットの中で、主人公のコナン少年は「おじい」と呼ばれる老人と2人で静かな暮らしをしていました。 そんなある日、浜辺に少女ラナが流れ着きます。彼女は別の島で暮らしていたようですが、科学都市に住む者たちに攫われ、なんとか隙を見て逃げ出してきたのだと言います。 その話を聞いたころ、ラナを追って島にやってきた戦闘員達により再びラナは連れ去られてしまいます。この騒動が原因でおじいは死んでしまい、コナンは悲しみを押し殺しおじいを埋葬。ラナを救うため島から旅立つのでした。 この作品は宮崎駿が初監督をした作品としても有名で、年月が経っても色あせないおすすめのアニメです。

『ふしぎの海のナディア』(1990年)

西暦1889年、謎の海獣による船舶遭難が相次ぎ人々は恐れていました。ジャンの父親も行方不明になっている被害者の一人です。 発明に夢中の少年ジャンは、自作の飛行機で父を探したい思いがありました。ジャンはパリに着き、飛行機コンテストに参加しようと万国博覧会にやってきました。その会場でジャンは美少女・ナディアに出逢い一目惚れ。 ナディアは不思議な宝石を身につけており、その宝石を狙う一味に追われるという謎の多い少女です。宝石の名は「ブルーウォーター」と言い、ナディアが生き別れた親から譲り受けたものでした。ジャンとともにその宝石に導かれ数奇な運命の渦に巻き込まれていきます。

『ぼのぼの』(1996年)

原作者いがらしみきおの4コマ漫画で、2007年時点での総部数が900万部を超える大ヒット作。ラッコの子ども「ぼのぼの」と森の仲間たちの交流をほのぼのと描いています。 シマリスやスナドリネコなど登場キャラクターがほとんど動物で、かわいいギャグの中に「生き物」を考えるという題材も含まれています。是非大人の方にも見てもらいたい作品です。

ジャンル別のおすすめランキングはこちら

神アニメは令和の時代も愛され続ける!今回のおすすめ作品以外にも名作が多数

今回は、おすすめアニメをランキング形式で紹介してきました。今回ランクインしているアニメは、令和になった今でも多くのファンに愛される作品ばかり。あなたの好きな作品はありましたか? もちろん、今回は紹介しきれなかったアニメ作品の中にも、名作は多数存在します。令和になってからも、自分の好きな作品をどんどん見つけていきましょう!