2017年7月6日更新

『マッド・マックス5』気になる続編のあらすじ・キャストは?

大ヒットを記録した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。その続編の製作が発表されました。キャストや監督など、気になる続編の内容についてさっそくチェックしてみましょう。

マッド・マックス続編第5弾『マッド・マックス ザ・ウエイストランドMad Max:The Wasteland(原題)』が制作決定!

2015年に大ヒットを記録した『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』の続編の製作が決定しました。

『マッド・マックス』シリーズ5作目のタイトルが『マッド・マックス ザ・ウエイストランド(原作Mad Max:The Wasteland)』に決定したと2015年5月に発表され、続編への期待が高まっています。

それではさっそく、詳細を見てみましょう!

気になるあらすじは?

資源が枯渇した近未来を舞台にした本シリーズ。1979年に公開された第1作目から、『マッド・マックス2』(1981)、3作目『マッド・マックス/サンダー・ドーム』(1985)まではメル・ギブソンが主演を務め、2015年に公開された27年ぶりの続編『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』では、イギリス出身の俳優トム・ハーディが新たな主人公マックスを演じています。

『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』で、トム・ハーディ演じるマックスの新たな物語が始まりました。

核戦争後の荒廃した土地で、人々が唯一生きることができるシタデルという砦の支配者イモータン・ジョーから、彼の子供を産ませるために監禁されていたワイブスを救うため反乱を起こしたフュリオサ大隊長に、マックスは協力することにします。

すでに6作目までの脚本が完成しているとの情報もありますが、第5作目のあらすじについては、いまのところ全てが秘密になっています。

トム・ハーディの出演は?

前作に主演したトム・ハーディは、マックス役で続投することが決定しています。

実は、前作の出演時にその後3作(合計4作品)の出演契約を結んでいるハーディ。6作目以降の製作は未定ですが、5作目には絶対に出演するとのこと。それ以降の出演については「すべては数字と評判による。仕方ないが、これはビジネスなんだ」と、興行成績に左右されることを示唆しました。

『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』では、主人公でありながら謎の多い人物だったマックス。コミックなどで明らかになっている彼の背景が、続編で描かれることはあるのでしょうか。

メル・ギブソンは見れない

第1作目から3作目まで主演を務めたメル・ギブソンは、今後も続編には参加しない見通しであるとジョージ・ミラー監督は語っています。

「彼が出演しない理由は単純です。メルは多くの人の記憶のなかにマックスとして存在していますから、観客が現実に引き戻されると思うんです。私たちは観客にできるだけ映画に没頭してほしいと頑張っています。もし彼が『マッド・マックス』に出演してしまえば、ダニエル・クレイグのボンド映画にロジャー・ムーアが出演するようなものです。楽しいかもしれませんが、映画の世界から現実に引き戻されてしまうでしょう」

オリジナルのファンにとっては、悲しいニュースかもしれません。

シャーリーズ・セロンのフュリオサが戻ってくる?

『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』でフュリオサ大隊長を演じ、人気を博したシャーリーズ・セロンは続編にカムバックするのでしょうか?

今現在、セロンには続編出演のオファーは来ていないようですが、本人はやる気を見せ、MTVニュースのインタビューで次のように語っています。

「ぜひもう一度彼女に命を吹き込みたいですね。必死に演じた役についてこのような反応をもらえるのはとても光栄だったし、とても謙虚な気持ちになれる体験でした。全てを大局的に見ることができた、本当に本当に素晴らしいことです。観客がフュリオサに対してどのような反応をするか見て、自分の娘に『彼女を絶対にもう一度演じたい』と言いました」
引用:movieweb.com

現在出演の予定はないとはいえ、正式なキャストの発表はまだですので、今後変更もあるかもしれません。マックスに劣らない人気を誇るフュリオサ大隊長を、もう一度スクリーンで見たいですね!

監督はジョージ・ミラーが続投!

オリジナルシリーズから監督を務めているジョージ・ミラーは、続編でも監督を続投することが発表されています。

一方で、これまで何度かさらに2つの続編の準備をしていると伝えられているミラー監督は、次の5作目が最終作になるとも明言しています。その理由は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の撮影に膨大な時間がかかったことが原因のようです。

「オーストラリアで野生の花が咲き、どこまでも続く赤い砂漠で撮影していたが、豪雨がまったく止まらなくなった。18ヶ月も撮影を中断する羽目になったが、アメリカに戻るたびに27時間もかかった。『マッドマックス』作品はとにかく時間がかかる。もうこれ以上は作らない」

ただ、以前にも「続編は作らない」と言っていながら『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を完成させた経緯もあり、監督の気が変わることを願うばかりですね。

『マッドマックス』続編は2作!?

ジョージ・ミラーはすでに続編2作の脚本を書き上げていると言います。ミラーによると、少ない登場時間だったものの、大きなインパクトを与えた炎のギター男コーマ・ドーフ・ウォーリアーが再登場するとのこと。