ディズニー映画『チキン・リトル』の知られざるトリビア15選

2017年7月6日更新

ディズニー映画史上2作品目のフルCGアニメ作品である『チキン・リトル』。小さいからだに大きなハートを持ったニワトリの男の子が活躍する物語ですが、よりいっそう楽しむための裏話やトリビアを紹介します。

リトルでも心はビッグ!熱血にわとり男子の物語

『チキン・リトル』は2005年に制作されたディズニーの3Dアニメ映画です。体は小さいけど心は大きなにわとりの男の子、チキン・リトルが仲間たちと空から落ちてきた“かけら”を巡って繰り広げる物語です。

そんな『チキン・リトル』をより一層楽しめるトリビアを紹介しましょう。

1:ディズニーとしては2作品目のフルCGアニメ

『チキン・リトル』は手作業による作画アニメでなく、完全にCGアニメーションのみで制作されています。ディズニーのアニメ映画史上では、フルCGの作品は、2000年の『ダイナソー』に次ぐ2作品目です。

それでも描写は非常に細かく、チキン・リトルの体には250,000枚の羽根が描かれているそうです。

2:独自に開発されたシステム

本作品を制作するに当たって、技術チームは“チキン・ワイヤー”と呼ばれる独自のシステムを開発しました。このシステムを使うことにより、まるで手描きの2Dアニメーションの様な自由自在な表現をすることができたそうです。

3:ボツになった2Dアニメのシーン

初期プランでは、この映画の冒頭に、手書きのアニメーションで『チキン・リトル』が生まれたきっかけ等を紹介するというアイデアがありました。実際そのシーン用に声の収録もなされましたが、最終的にはすべてCGアニメショーンで表現することになりました。

4:実は女の子の設定だった

実は最初はチキン・リトルは女の子の設定でした。声優はアメリカ人女優のホリー・ハンターが担当することになっており、すべてのセリフを収録していたのですが、男の子に設定変更することになり、ザック・ブラフが改めて収録に臨むことになりました。

ホリーは代わりにアヒルのアビーの声を担当するアイデアもありましたが、実現はしませんでした。

5:隠れミッキーが出現

チキン・リトルたちがトウモロコシ畑で宇宙人からつけられるシーンでは、畑にミステリーサークルが描かれます。よく見るとそれはミッキーマウスの様な形をしています。

6:ゲーム『キングダム ハーツ2』にも登場

ディズニーとスクウェア・エニックスが提携し、両者のキャラクターが共演することが話題のゲームシリーズ『キングダム ハーツ』のシリーズ2作品目にチキン・リトルも登場しています。これは映画が日本で公開されるに当たりプロモーションとして組み込まれたそうです。

7:ことわざにちなんだシーン

チキン・リトルの父親、バック・クラックが息子を学校に車で送るシーンで、彼らが赤信号で止まる画面があります。その背後をよく見ると雄牛がオーナーのお店があるのが見えます。そのお店は陶磁器のお店で、“陶磁器屋に闖入した雄牛”という迷惑な乱暴者を意味することわざを表現したシーンです。

8:喜劇俳優ドン・ノッツの最後の出演作

ターキー・ラーキー市長の声を演じたドン・ノッツは、1960年代からアメリカで活躍していた喜劇俳優です。彼は『チキン・リトル』公開の数か月前に亡くなっており、『チキン・リトル』が最後の出演作となりました。

9:原作となった寓話

本作品のベースになっているのはイギリスに伝わる寓話ですが、“空が落ちてくる”という設定以外はオリジナルのストーリー構成となっています。その寓話をもとに、ディズニーは1943年に『きつねとヒヨコ』というタイトルでアニメ映画を制作しています。

10:チキン・リトルの声優候補

チキン・リトルの声優候補には、マイケル・J・フォックスやマシュー・ブロデリック、デヴィッド・スペードなどそうそうたる俳優陣があげられていました。彼らは1994年の『ライオン・キング』や2008年の『ラマになった王様』など他のディズニー作品にも出演しています。

しかし、結局チキン・リトルの声は、アメリカ出身で自身も監督としても活躍しているザック・ブラフが担当することになりました。

11:たった3つしかセリフがないキャラクター

本作に登場するヤマアラシのモーキューバイン・ポーキューパイは、全編を通して“ヨー”、“ノー”、“ホア”の3つしかセリフがありません。

声を担当しているマーク・ディンダルは本作の監督で、他にも『ラマになった王様』や『キャッツ・ドント・ダンス』といったディズニー作品に携わっています。