鈴木砂羽、バラエティでも活躍する人気女優を徹底紹介!

2017年7月6日更新

アラフォーになっても、美貌が衰えることなくチャーミングな年上女性の魅力が満載の、女優・鈴木砂羽。その過去の体験や経歴は、えっ!と驚くものばかり。そんな様々な経験をしているからこそ、彼女の演技力の幅広さに納得がいきます。

鈴木砂羽のプロフィール

鈴木砂羽は、1972年9月20日静岡県出身の女優です。高校を卒業すると上京、画家である両親の影響もあり、美術系の短期大学に入学しました。その後、大学は中退しますが文学座に入団し女優の卵として活動を始めます。

世間の注目を集めたのが1994年に公開された映画『愛の新世界』。初主演でありながら、ヘアヌードを披露するという女優魂を見せました。

それ以降の多くの映画やドラマで主演、脇役問わず幅広く活躍し、ときにはバラエティ番組にも出演し高感度女優の一人として認知されています。

日本映画史上初のヘアヌードに挑戦し話題に

映画『愛の新世界』(R-18指定作品)は1994年に公開され、日本映画で初めてのヘアヌードシーンがある映画として話題になりました。

その主演を務めたのが鈴木砂羽で、共演した片岡礼子とともに堂々たるヘアヌードを披露し、一躍時の人となりました。その他、松尾スズキや宮藤官九郎、阿部サダヲなども出演しており、今見ると大変豪華な顔ぶれです。

鈴木砂羽はこの作品で、第37回ブルーリボン新人賞他、各映画賞を受賞し女優としての足がかりを掴みました。

年下俳優と結婚し離婚…

鈴木砂羽はプライベートでは、2011年に俳優の吉川純広と結婚しました。吉川純広とは年齢差が10歳ある歳の差婚で、まだ俳優として知名度の低い吉川純広と結婚したことで格差婚とも報道されていました。

しかし結婚してから4年経った2015年に、離婚を発表します。一時期吉川純広の不倫報道があったため、今回の離婚はそれが原因と思われていましたが、正式発表ではその事実は否定されています。

ちなみにこの吉川純広との結婚は、鈴木砂羽にとって再婚でした。前の旦那さんは一般の方で、情報はあまりありません。吉川純広と離婚をしたことで、バツ2になりました。

鈴木砂羽の特技は漫画を描くこと!

両親が画家で自身も美術系の大学へ進学した鈴木砂羽。特技は漫画を描くことで、バラエティ番組でも時折フリップにキャラクターを書いています。そんな彼女は、一時期なんと漫画家として活動していました。ペンネームはスズキサワ、集英社から出版されていた「ヤングユー」(2005年休刊)にエッセイ漫画『いよぉ! ボンちゃん!!』を連載していたのです。

鈴木砂羽のオフィシャルブログのTOPには、当時連載していた漫画のキャラクターたちが描かれており、今でも見ることができます(ブログ更新は2012年でストップ)。

2016年、月刊女性漫画誌「YOU」で再びエッセイ漫画の連載がスタートするそうです。タイトルは『いよぉ!!ボンちゃんZ』、鈴木砂羽のまた違う一面を見ることができて、楽しいですね。

ご縁あって、ワタシは今またボンちゃんを描いてます。結構ブランクあるから描けるか心配だったけど、なんとかなるもんす。。なんとかするし

鈴木砂羽はバラエティにも引っ張りだこ!

2011年頃から、女優として映画やドラマで活躍するだけでなく、バラエティ番組にもよく出演するようになりました。特に日本テレビのバラエティ番組『幸せ!ボンビーガール』では「ワケあり物件紹介」のコーナーを担当したり、美人女優とは思えない程、体当たりでバラエティ番組に参加しています。

鈴木砂羽のバラエティも女優のお仕事も全てに前向きな姿勢が、視聴者の共感を呼び、美人だけど性格も良さそうで面白い女優、という好印象を抱かせているようです。

鈴木砂羽は風呂無しアパートに住んでいた!?

過去に様々な経験をしている鈴木砂羽ですが、とどめはなんと風呂無しアパートに住んでいたという情報です。1998年頃26歳のときまで、賃貸アパート風呂無しの部屋に8年間も住んでいたそうなんです。その間、銭湯やときにはキッチンで体を洗っていたこともあるということです。

こういった経験も、バラエティのお仕事に反映されているようですね。