米倉涼子、ブロードウェイ女優の華やかな魅力に迫る!

2017年7月6日更新

ドラマ『ドクターX』などでお馴染みの女優・米倉涼子ですが、実はアメリカブロードウェイの歴史を塗り替え快挙を成し遂げた女優だということをご存知ですか?女優・米倉涼子の凄さと魅力をご紹介します!

米倉涼子のプロフィール

米倉涼子

米倉涼子(よねくらりょうこ、1975年8月1日生)は、神奈川県出身でオスカープロモーション所属の女優・ファッションモデルです。身長168cm、血液型B型。

代表作に2001年映画『ダンボールハウスガール』や、2004年ドラマ『黒革の手帖』、2008年ドラマ『交渉人~THE NEGOTIATOR~』などがあります。

特に松本清張作品は『黒革の手帖』のほか、『松本清張 けものみち』と『松本清張 わるいやつら』などにも出演し、悪女役を演じた事で仕事の幅が広がりました。

持ち前のスタイルの良さでモデルデビュー!

米倉涼子

米倉のデビューのきっかけは1992年の高校時代、友人が応募した第6回全日本国民的美少女コンテストにて、審査員特別賞を受賞したことでした。それを機に芸能界への道を歩んでいったのです。

持ち前のスタイルを生かして、翌年にはモデルとして活動し始めファッション雑誌『CanCam』の専属モデルを務めました。1996年には「ユニチカ」と「キリンビール」のキャンペーンガールにも抜擢されています。

「女優宣言」トレンディードラマに活動の中心をシフト

米倉涼子

出典: topicks.jp

1999年6月30日、それまで専属モデルを務めていた『CanCam』の専属契約を終了。「女優宣言お披露目デビュー発表会」にて、これからは女優として活動していくという決意を発表しました。以降トレンディードラマを中心に出演し、さらなる躍進を遂げていきます。

女優に転向した際、特別目標の俳優が居た訳ではありませんでした。しかし2001年のドラマ『非婚家族』で真田広之と共演し、真田の芝居好きに感銘を受け、彼のような役者になりたいと思うようになったといいます。

ブロードウェイの歴史を塗り替える

米倉涼子

ブロードウェイで、ミュージカル『CHICAGO』を鑑賞しとてつもなく魅了された米倉涼子。この作品の日本版ミュージカルの構想があると聞きつけた米倉は、大好きな作品にぜひとも参加したいと自らを売り込み、2008年の日本版『CHICAGO』に見事主役として参加。これがミュージカル初挑戦でした。

2010年にも再公演を果たした米倉はいずれブロードウェイにも挑戦したいと、2011年に渡米しジャズダンスやバレエを三ヶ月かけて猛特訓。2012年7月、なんとブロードウェイで『CHICAGO』の主演に抜擢されブロードウェイデビューを飾りました。

アメリカ人の役柄を日本人女優が演じたのはこれが初めてで、アジア出身女優としても史上初の快挙となりました。米倉の『CHICAGO』への熱い情熱が米国へも通じた瞬間となったのです。

ついに一般男性と結婚!

米倉涼子

出典: topicks.jp

そんな才能溢れるスーパー女優はTOKIO・松岡昌宏の大ファン。仕事などから長い付き合いがあり、かねてから松岡を「理想のタイプ」と公言していました。

松岡に結婚を何度も迫ったことがあるという間がらでしたが、ついに米倉も諦めたのか、2014年39歳で一般男性と入籍しました。お相手は2歳年下の会社経営をしている男性で、2014年12月26日に所属事務所を通じて結婚を発表しています。

主演ドラマ『ドクターX』が大ヒット!

米倉涼子 ドクターX

2012年10月からテレビ朝日系で放送されている『ドクターX~外科医・大門未知子~』。特定の病院や医局に属さずフリーで活動している女性外科医・大門未知子の活躍を描いた医療ドラマです。

2016年までに連続ドラマが3シリーズ、スペシャルが1本放送され、最高視聴率27.4%を記録した大ヒットシリーズとなりました。2016年10月からは、4シリーズ目となる連続ドラマの放送が予定されています。

明るい性格でバラエティーでも好評!

米倉涼子

クールでかっこいい役を演じる事が多い為、姉御肌や近寄りがたい、というイメージがある米倉ですがその実態は意外にも真逆。姉御肌より甘えっこで自分に自信がなく、もの凄く小心者なのだそう。

しかしリーダーシップには長けており、『THE夜もヒッパレ』や『日本レコード大賞』で務めた司会進行は視聴者にとても好評でした。米倉は飾らず、バラエティにも積極的に参加する数少ない主演女優です。