藤井隆って今何してるの?久々のドラマ出演する彼の経歴をおさらい

2017年7月6日更新

「HOT!HOT!」のギャグで一躍有名となったお笑いタレント・藤井隆。しかし藤井の才能はお笑いだけではありません。意外と知らない?元ハイテンション芸人・藤井隆の芸人以外の活躍をまとめました!

歌って踊れる吉本芸人・藤井隆

藤井隆

出典: hdr12.com

藤井隆(ふじいたかし、1972年3月10日生)は大阪府豊中市出身のお笑い芸人・俳優・歌手です。身長173.8cm、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

藤井隆は1997年にギャグ「HOT!HOT!」大ブレイクし、2000年にはシングル曲『ナンダカンダ』で歌手デビューしました。全盛期はレギュラー番組も多くもち、「西の江頭」とも称されるほどハイテンションな芸を売りに活躍していました。

始めはサラリーマンをしながら芸人もしていた

藤井隆

出典: natalie.mu

そんな藤井隆は高校卒業後、化学薬品会社に入社し経理課にて数年間サラリーマン勤務をしていました。その会社に勤めながら吉本新喜劇プロジェクト「YSP」に所属し、芸人の道を志していったのです。

毎日放送の『テレビのツボ』でテレビ初出演したことを機に会社を辞め、吉本興業一本に絞り本格的に芸人として活動していきました。大阪NSCの同期には中川家・陣内智則・たむらけんじ・ケンドーコバヤシなどがいます。

一時的に吉本新喜劇を退団

藤井隆

出典: sp.natalie.mu

藤井隆は吉本新喜劇に所属し、テレビ番組に多く出演し出した頃一時退団し、オランダ放浪の旅に出掛けています。旅を終え、オランダから帰国した藤井は挨拶の為吉本に行くと、待ってましたと言わんばかりに即仕事を入れられたそう。

時代の流れが早い芸能界、少し休むと途端に仕事がなくなるという不安があった藤井隆でしたが、そんな心配もいらないほど芸能界から求められていました。

「オカマの藤井」として一躍大ブレイク

藤井隆

出典: gossip1.net

それまで新喜劇でのギャグはゲジゲジ眉毛しかなかった藤井隆。しかし期間限定で演じたハイテンションなオカマキャラが観客の心を掴み大ウケ、一気に大ブレイクしました。

インパクトの強いオカマキャラ人気はそこで一気に火がつき、1997年毎日放送の『超!よしもと新喜劇』にも出演しブレイク。「オカマの藤井」を機に全国に名が知れ渡っていったのです。

歌手としてデビュー、紅白にも出場

藤井隆

芸人としてノリに乗っていた藤井隆は、2000年シングル曲『ナンダカンダ』で歌手デビューを果たしました。この曲は浅倉大介のプロデュースにより実現したシングル曲で、芸人のCDでは異例のオリコン9位を記録するほどの大ヒットとなりました。

同年の第51回NHK紅白歌合戦にも出場し同曲を披露し、翌年の紅白にもウルフルズとのコラボで出場。2004年には歌手として上海・ロサンゼルスで世界ツアーを行うほど、歌手としても成功を収めています。

2000年頃から俳優業をスタート

藤井隆

多彩な藤井隆は俳優としても精力的に活動しています。1999年の奥菜恵主演のテレビ朝日系連続ドラマ『天国のKiss』を皮切りに、2001年日本テレビ『明日があるさ』や、2002年NHK連続テレビ小説『まんてん』などに出演。

2004年の『乱歩R』では三代目の明智小五郎役を演じ、これがテレビドラマ初主演となりました。その後主演や脇役などで数々の作品に出演しており、独特の存在感を放っています。

2005年に乙葉と結婚

藤井隆 乙葉

当時グラビアアイドルとして名を馳せていた乙葉と2005年5月7日に婚約を発表し、同年の7月29日に婚姻届を提出。翌日の7月30日に挙式・披露宴を都内のホテルで行っています。

実父が他界してひどく憔悴しきっている乙葉に、藤井隆が唯一親身に話を聞いてくれたのがきっかけで交際に発展していったそう。

2007年には女の子が生まれ、芸能界きってのおしどり夫婦との呼び声も多い二人は「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー2015」も受賞しました。

映画『カーテンコール』で日本映画批評家大賞新人賞を受賞

カーテンコール 藤井隆

『カーテンコール』は、2005年に公開され山口県下関市を舞台に「幕間芸人(まくあいげいにん)」を題材にした映画。幕間芸人とは昭和30年代から40年代に採用されていた、映画館にて映画の間の場つなぎとしてスクリーンの前で芸などを披露する芸人のことで、その芸人を藤井隆が演じました。

今作は、2006年第15回日本映画批評家大賞作品賞、第2回日本映画エンジェル大賞を受賞しました。藤井個人としても新人賞を受賞し、俳優としての格をひとつ上げた作品となりました。

2016年は10年ぶりに2本の連続ドラマに出演

真田丸

2006年に主演を務めた連続ドラマ『都立水商!』以来の連続ドラマ出演を、2016年1月NHK大河ドラマ『真田丸』にて果たしました。それまで単発ゲストやスペシャルドラマの出演はあったものの、連続ドラマはなく約10年ぶりの出演となっています。

『真田丸』では、真田家に仕える忍び・佐助役を演じています。

逃げるは恥だが役に立つ

出典: www.tbs.co.jp

また2016年10月からスタートする連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にも出演予定で、星野源演じる津崎平匡の同僚で家庭優先のよき夫・日野秀司役を演じます。

2016年9月現在、藤井隆は朝日放送や読売テレビ、関西テレビなどのレギュラー番組のMCも務めている他、個人で新レーベルを立ち上げ音楽プロデュースなども行っています。俳優業とMCの活動、音楽活動を中心に活動しているようです。