南波六太、「ドーハの悲劇」生まれの主人公を徹底紹介!

2017年7月6日更新

『宇宙兄弟』の主人公の南波六太。ドーハの悲劇の日に生まれ、先に宇宙飛行士になった弟の引け目からかネガティブ発言も多いですが実はハイスペック!そんな彼の詳しい情報をチェックしてみましょう。

南波六太のプロフィール

2012年4月から2014年3月までテレビアニメ化された『宇宙兄弟』の主人公の南波六太。誕生日は1993年10月28日、東京都出身。

神経質で、ささいなことでも気にする几帳面な性格。弟思いで弟のことを侮辱されると頭に血が上り見境がなくなります。

『宇宙兄弟』は2026年からスタートする近未来作品であり、宇宙に関する事だけではなく、人生の挫折や困難など様々な問題と立ち向かう物語です。

夢を叶えた弟への強いコンプレックス

2006年7月9日に、UFOを目撃した2人の兄弟六太と日々人は「一緒に宇宙飛行士になろう」と誓います。19年後には夢を叶え宇宙飛行士となった弟の日々人ですが、兄の六太は自動車設計会社に就職し、車設計を手掛けています。

幼い日の約束は弟だけが叶えたのです。優れている弟へのコンプレックスから、自身への評価は低くネガティブな一面を発揮しています。

南波六太は几帳面だが大胆で熱い男!

幼少時には日々人に暴力をふるった相手に思いっきり向かって行ったり、後述でも記載している日々人を侮辱した上司に頭突きをしたりと弟のこととなると熱くなってしまうようです。

またレストランで強盗を捕まえたり、サバイバル訓練時には仲間が蛇に襲われそうになった時は体を張って守ったりと、自分のことを顧みないほど仲間思いな一面があります。

上司に頭突きして無職…からの宇宙飛行士!?

自動車設計会社に勤務中、設計を手掛けたいくつかの車で受賞歴があったにも関わらず、上司から日々人を侮辱され頭に血が上り上司へ頭突きをしたことが原因で退職。

その後は無職になってしまいますが、恩人や日々人からメッセージをもらい、再び宇宙飛行士を目指すのです。母親に履歴書を知らない間に送られてしまい一次審査に通ったことで六太の新たな人生が始まりました。

「ドーハの悲劇」生まれで不運に縁がある?

ドーハの悲劇とは1993年10月28日に行われた、サッカーの国際試合「日本代表対イラク代表」の試合のこと。勝てると思われていた試合終了間際のロスタイム中。イラク代表の同点ゴールが入ったことにより、日本はFIFAワールドカップ初出場を逃しました。

この不運な出来事の日に生まれた六太は、「自分は不運に縁がある」と思い込んでいるようです。

俺は平凡、と言うけれど…

弟があまりにも優れているため、六太は自分を平凡だと思っていますがそんな事はありません。

南波六太はテレビやラジオ・雑誌等のいくつもの情報を同時に見聞きする事ができ、観察力と記憶力の高さがうかがい知れます。また、他人にはない発想力や創造力・行動力を持っており、機転が利き、NASAでも斬新なアイデアを出していました。

その他にもサッカーの経験があり、トランペットやピアノの演奏もできる南波六太。料理の腕も高くまさに文武両道と言える事でしょう。

同期の伊東せりかに好意を寄せる

作中では伊東せりかに度々アプローチを試みるもなかなか気付かれない六太。

伊東せりかは宇宙飛行士の試験当初からの同期のひとりです。才色兼備な女医で、子供の頃に父を筋萎縮性側索硬化症という病気で亡くしており、新薬発見と原因解明のために宇宙飛行士を目指します。

健啖家で父親の墓前に供えるため日記には食べ物の事ばかり。恋愛面には鈍いようですが、父を重ねたり六太のことを意識しているようなことが描かれているため、今後の展開が気になりますね。

南波六太の名前の由来は?

漫画では語られていませんが、アニメで名前の由来が明かされました。

父のラッキーナンバーが6であったため名前を六太にしたようです。ドーハの悲劇があったため、少しでも幸運を取り入れられるようにつけた名前なのかもしれませんね。

南波六太の声優は平田広明!

南波六太の声優である平田広明は1963年8月7日生まれ、東京都出身。自身が立ち上げたひらたプロダクションジャパンに所属しています。

ジョニー・デップやマット・デイモンなど数多くの海外俳優や洋画作品で吹き替えを行っています。2011年のテレビアニメ『TIGER & BUNNY』では主役のワイルドタイガーを演じ、第11回東京アニメアワード個人部門声優賞と第6回声優アワード主演男優賞を受賞しました。

有名な役では『ONE PIECE』サンジ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』ジャック・スパロウ、『グランブルーファンタジー』ラカムなど数多くの役を演じています。