©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

映画『銀魂』の実写キャスト・あらすじまとめ【気になるネタバレや評価感想も】

2017年12月26日更新

人気コミック『銀魂』が小栗旬主演で実写映画化!映画は2017年7月14日に公開されます。2017年夏の話題作である『銀魂』のあらすじ・キャストなど気になる最新情報を紹介します。

映画『銀魂』が2017年7月ついに公開!実写キャストの再現率に注目!

『週刊少年ジャンプ』にて連載中の人気コミックの実写映画『銀魂』が2017年7月14日に公開されました! 独特のコメディセンスとストーリーが人気を博し、2016年にはコミックスの累計発行部数が5000万部を突破。そんな根強い人気を誇る本作がついに初の実写映画化です。 主人公の坂田銀時を演じるのは、映画『宇宙兄弟』や『信長協奏曲』で主演を務め、“実写請負人”といっても過言ではない俳優・小栗旬。 今回は実写映画『銀魂』の気になるあらすじ・実写キャストや映画の見どころなどをご紹介します。

映画『銀魂』の評判・感想が気になる人はこちら

ciatrのこちらの記事では、映画のネタバレを含めながら感想や評価についてまとめています。

実写『銀魂』キャストの全貌がWeb限定予告で明らかに!

4月24日に公開されたWeb版予告では、これまで明らかにされていなかった全実写キャストの映像を確認することができます。作品の舞台となる、宇宙人に支配された江戸末期の町が映し出され、より映像化された『銀魂』を実感できるのではないでしょうか? 予告の最後には菅田将暉演じる新八と、佐藤二朗演じる武市変平太の熱いバトルシーン(?)も盛り込まれています。

山田孝之が公開記念イベントでエリザベスの中の人に!

7月14日、映画公開初日に丸の内ピカデリーで舞台挨拶を行いました。監督の福田雄一をはじめとして、主演の小栗旬、菅田将暉、橋本環奈ら総勢10人+1匹が登壇。 桂小太郎のペットであり右腕でもある謎の生物・エリザベスもメインキャラクターとして登場しました。するとエリザベスから「暑い」「断ればよかった」などのボヤキが。なんと舞台上にあがったエリザベスの“中の人”は、声を当てた山田孝之だったのです。 着ぐるみでイベントに参加し辛そうな山田孝之でしたが、実写映画で辛い撮影をしなかった分頑張ろうという気持ちがあったと言います。エリザベスに徹して着ぐるみは脱がなかった山田ですが、退場時に素足をちらつかせ会場を沸かせました。

映画の大ヒットを受けて“応援上映”開催決定!

映画が公開3日で興行収入5億円を突破し、2017年公開の実写映画でナンバーワンスタートを切った本作。大ヒットを受けて5都市での“応援上映”が決定しました。 応援上映は普段の映画鑑賞ではNGとされているコスプレ、音出し、サイリウムなどが許可されており、参加体験型エンターテイメントとして近年注目を集めています。 本作は8月3日新宿ピカデリーでの応援上映を皮切りに、大阪、愛知、福岡、北海道の5都市で開催されます。ぜひ新しい映画の形を『銀魂』で体験してみてはいかがでしょうか?

映画『銀魂』のあらすじ

物語の舞台は架空の「江戸」。天人(あまんと)と呼ばれる異星人に侵攻され、幕府は開国を余儀なくされ、侍たちは衰退していきました。 そんなすっかり変わり果てた江戸で、万事屋を営む伝説の侍・坂田銀時は、万事屋という職業柄、江戸のさまざまな出来事やトラブルにかかわっていきます。ギャグマンガでありながら、胸が熱くなるバトルシーンも必見の作品です。 それでは気になる実写キャストを詳しく紹介します。

主演の坂田銀時を演じるキャストは小栗旬

『銀魂』小栗旬、菅田将暉、橋本環奈
©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

自身も原作のファンを公言しており、コミックには「小栗旬之介」というパロディキャラクターが登場したこともありました。 主人公の坂田銀時は、なまけがちな性格ですが、剣の腕は折り紙付きの伝説の侍という役どころ。コミカルな役からシリアスな役まで幅広くこなす小栗がどんな銀時を演じるのか気になりますよね。実際の劇中での姿がこちら!

小栗旬演じる、実写版の坂田銀時

原作マンガでの銀髪や衣装を忠実に再現しています。眉毛の色も髪の色と合うように調整されていて、こだわりが感じられますね。 原作での銀時は、独特の気だるそうな雰囲気が特徴ですが、小栗旬がどのように再現しているのかにも注目です。

新八と神楽の実写キャストには話題の俳優が抜擢!

志村新八/菅田将暉

銀時とともに万事屋で働く志村新八を演じるのは、数々の映画・ドラマで活躍する若手俳優・菅田将暉(すだ・まさき)。新八の真面目な青年に見事になりきっているのがわかりますね。 髪型やメガネをかけてガラッと雰囲気が変わっているので、菅田将暉だと言われなければ気づかない人もいそうです。

志村新八は侍魂を学ぶため銀時とともに働いている真面目な青年。ギャグ要素がつよい本作のツッコミ役としても親しまれているキャラクターです。実写版『銀魂』の世界で新八のどんなツッコミが炸裂するのか注目です!

神楽/橋本環奈

絶滅寸前の種族である夜兎族(やとぞく)であり、銀時や新八と同じく万事屋で働く美少女・神楽を演じるのは、橋本環奈。「1000年に一度の逸材」とよばれ、一気に注目を集めた美少女アイドル・橋本環奈は、2016年公開の映画『セーラー服と機関銃』で主演を務めるなど、女優としても活躍の場を広げています。 こちらも原作に忠実なオレンジの髪色と特徴的な髪型、そして青い瞳で見事に神楽になりきっています。語尾に「あるヨ」がつくユニークな口調で、キュートながら圧倒的な戦闘力を誇るという濃いキャラクターが実写でどのように再現されるのか注目です。

ヒロイン・神楽は、チャイナ服を着こなす美少女でありながら、口が悪く、ちょっぴりわがままな性格です。夜兎族は日光に弱いため、日傘を持ち歩いています。

実写「真選組」の完成度が高いと話題に

【第六弾】『銀魂』:真選組<近藤・土方・沖田>
©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

『銀魂』に登場するキャラクターの中でも人気の高い「真選組」のメンバー。実写映画に登場するのは近藤勲、土方十四郎、沖田総悟の3人です。 この3人のビジュアルが公開されるや否や、「完成度が高い!」と話題になりました。そんな実写キャスト3人をご紹介します。

近藤勲/中村勘九郎

江戸の治安を守る特殊警察・真選組の局長・近藤勲を演じるのは中村勘九郎。歌舞伎役者の中村は、原作のファンでもあり、なかでも「実写化するなら近藤勲役」と熱望していたんだそうです。 「ゴリラ」とも称される迫力ある見た目が特徴的な近藤勲。中村もそのマッチョぶりに近づけるように努力したそうで、体を鍛えるためにジムに通ったと言います。

土方十四郎/柳楽優弥

同じく真選組でナンバー2として活躍する土方十四郎(ひじかた・としろう)には柳楽優弥。『誰も知らない』で子役として俳優デビュー、その後も俳優として数々の作品に出演する実力派俳優です。岡田将生と共演したドラマ『ゆとりですがなにか』など、近年ではドラマへの出演も相次いでいます。 土方は頭がよく、スパルタな性格でまわりから恐れられている副長です。甘いマスクで女性からの支持が高いキャラクターです。

沖田総悟/吉沢亮

ドSなキャラクターが印象的な真選組のメンバー・沖田総悟役を演じるのは吉沢亮です。映画『オオカミ少女と黒王子』やドラマ『ダメな私に恋してください』などに出演しています。 中性的で優しそうな見た目に反して、腹黒い内面をもつ沖田総悟。銀時とは「ドSコンビ」と称される、一癖あるキャラクターです。

映画『銀魂』はその他のメインキャストも超豪華!

桂小太郎/岡田将生

『銀魂』:キャラクタービジュアル(桂小太郎)
©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

銀時の盟友・桂小太郎役を演じるのは岡田将生。ドラマ『ゆとりですがなにか』の出演が話題となった岡田は、数多くの映画・ドラマに出演しています。 岡田が演じる桂小太郎は、天人との戦いで、銀時とともに「攘夷四天王」と称された革命家です。見た目からも溢れるシュールなボケキャラですが、そのシュールさに癖になるファンは多いよう。またエリザベスという“ペット”を飼っていることも有名です。攻撃力は高く、桂小太郎の良きバディとして登場します。

長い黒髪が印象的な小太郎ですが、あまり長髪のイメージがない岡田将生が桂役に挑戦します!また、逃げ足が速いことから、「逃げの小太郎」の異名をもつキャラクターですが、

逃げの小太郎と呼ばれてますが、岡田は逃げません!

出典: natalie.mu

と岡田本人がコメントを寄せています。 ちなみに桂の相棒・エリザベスの声を当てたのは俳優の山田孝之です。

妙/長澤まさみ

『銀魂』:キャラクタービジュアル(妙・源外)
©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

新八(菅田将暉)の姉で、男勝りな強さをもつ・妙には長澤まさみ。近年も『海街diary』『アイアムアヒーロー』など話題作に相次いで出演しています。

解禁されたキャラクタービジュアルでは優しい笑顔で妙になりきっている長澤まさみですが、劇中ではこれまでの彼女の印象からは想像できない変顔を披露しているとの噂です。 美しさと強さを併せ持つ妙。長澤は、

女の人は潜在的に優しい部分と強い部分を持ち合わせていると思うのですが、妙の柔らかい素顔と強い素顔はその二つの顔を表現していてそれこそが妙の魅力だと思います。

出典: natalie.mu

とコメントを寄せています。

平賀源外/ムロツヨシ

銀時が頼りにする発明家・平賀源外役にはムロツヨシ。ドラマ・映画のみならず、バラエティやコント番組でも活躍する個性派俳優です。また監督福田雄一とは『勇者ヨシヒコ』や『スーパーサラリーマン左江内氏』などでタッグを組んでおり、2人のタッグは面白いものを生み出すと定評があります。 ハゲ頭とヒゲが印象的な平賀源外。解禁されたビジュアルを見てわかる通り、再現度の高いキャラクターとなりました!からくり堂を営み、銀時らの道具の修理や改造を行っています。 また役を演じるにあたって普段のムロツヨシのままでいてほしいと監督から要望があったそうです。

岡田似蔵/新井浩文

『銀魂』:キャラクタービジュアル(鬼平隊)
©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

居合い切りの達人であり「鬼平隊」のメンバー、盲目の「人斬り似蔵」こと岡田似蔵を演じるのは『青い春』『百円の恋』などで知られる新井浩文。

ギャグ要素が多い本作の中でもシリアスな要素を担う「鬼平隊」メンバーですが、「死んだような目」から醸し出されるどことない恐怖感が特徴的な新井の演技の真骨頂が発揮されるでしょう。

来島また子/菜々緒

「鬼平隊」の紅一点、来島また子はドラマにバラエティに引っ張りだこの女優、菜々緒が演じます。 「紅い弾丸」の異名を持つ2丁拳銃使い来島また子は、原作では露出度の高い服装が特徴的です。スタイル抜群でモデル業もこなす菜々緒が演じるまた子はどのようなビジュアルなのか気になるところですね。

武市変平太/佐藤二朗

佐藤は福田監督作品の常連であり、本作の他にも映画『HK 変態仮面』『俺はまだ本気出してないだけ』やドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどにも出演しています。福田作品では毎回全力でふざけるという佐藤の演技に期待がかかります。

気になる追加キャストがついに発表!

高杉晋助/堂本剛

攘夷過激派志士集団「鬼平隊」のリーダーであり、主人公銀時のライバルにあたる高杉晋助はKinKi Kidsの堂本剛が演じます。 堂本の映画出演は『ファンタスティポ』以来実に12年ぶりとなります。ドラマ『33分探偵』などでタッグを組んでいた福田監督から「堂本剛に悪役を演じさせたい」とオファーされ出演が決まったそうです。

村田鉄矢/安田顕

『銀魂』:キャラクタービジュアル(村田兄妹)
©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

江戸の名刀匠の息子、村田鉄矢を演じるのは実力派俳優の安田顕。物語の鍵を握る名刀「紅桜」の製作者の息子である村田鉄矢は原作では人の話しを聞かず大声でしゃべる厄介者というキャラ設定となっています。 渋い男前なビジュアルを持ちながらも、映画『HK 変態仮面』やドラマ『みんな!エスパーだよ!』などでのギャグ要素の強い演技で高い評価を得ている安田顕の演技に注目です。

村田鉄子/早見あかり

兄の村田鉄矢と鍛冶屋を営む少女、村田鉄子を演じるのは元ももいろクローバーZの女優、早見あかりです。 ももクロ脱退後、NHK連続テレビ小説『マッサン』などに出演し、女優としての活動に力を入れている早見は、鉄子を演じるにあたり実際に刀鍛冶の現場に行き、刀に触れるなど勉強をして臨んだといいます。

カウントダウンTV風の特報映像も公開!

2016年12月に公開された本作の特報映像では、小栗旬演じる銀さんがかっこいいアクションを見せるシーンが登場します。また菅田将暉演じる新八が、マンガでおなじみの「銀さーん!」と叫ぶシーンや、橋本環奈演じる神楽も確認できます。 シリアスな雰囲気かと思いきや、動画の最後には某番組のパロディも。本編ではアクションとコミカルなシーンがどのように織り交ざるのか楽しみですね。

dTV配信ドラマ『銀魂 ミツバ編』!伝説のエピソードが映像化

映画公開と同じタイミングで、dTVにて配信される実写ドラマ『銀魂』。原作で“泣けるエピソード”として有名な「ミツバ編」が映像化されます。映画で観ることのできない、オリジナルストーリーが展開されるということで、期待が高まっています。 注目の「ミツバ編」はdTVにて7月15日より全3話で配信されます。

ミツバ/北乃きい

ドラマ版キャストとして発表されたのが、ミツバを演じることになった北乃きい。彼女は吉沢演じる沖田総悟の姉で、柳楽演じる土方に想いを寄せている存在。身体が軟弱なミツバですが強烈なほどの辛いもの好きで、原作ではパフェにタバスコをかける様子もあります。 感動的シーンを再現しながらも、『銀魂』らしいコミカルな演技になるのでしょうか。

山崎退/戸塚純貴

予告編にテロップ付きでの紹介はありませんが、ちらっと写った姿から出演していることが分かった戸塚純貴。真選組の監視役である山崎退(やまざきさがる)として出演しています。 原作のファンであり、山崎が1番好きなキャラクターだったという戸塚。撮影開始の24時間前に出演が決まったという衝撃の撮影秘話を語り、山崎退というキャラクターの良いところを存分に引き出したいと気合の入ったコメントを寄せました。

ミツバ編の“カウントダウンTV”パロディにはムロ・佐藤・福田!

映画の予告で話題になった“カウントダウンTV風”の演出が、ミツバ編でも採用されているようで、本作で監督を務めた福田雄一、映画本編に出演しているムロツヨシ、佐藤二朗が声を当てています! 福田組お馴染みの3人が繰り広げる、自由なトークに注目です。

手掛ける作品は軒並みヒット!『銀魂』監督を務めるのは福田雄一

メガホンをとるのは『勇者ヨシヒコ』シリーズや『HK 変態仮面』の脚本・監督として知られる福田雄一。独特な福田ワールドをつくりあげる監督ですが、どのような実写『銀魂』を描くのでしょうか?

作者からのコメントも到着!

ファンも根強い人気漫画の実写化となると、ハードルも高い印象を受けます。ファンが既に確立させているキャラクター像は、確かに今更どうしたってゆるがないもの。 しかし、そんな状況を踏まえて、原作者である空知英秋は実写映画化について、今回の実写化にあたって参加するキャスト陣を“泥舟でもいいから乗りたいと思ってくれた”と、ユーモアを交えて表現。そして感謝の意を込めながら、「コケても良いから見てみたいな、見てもらいたいな」という気持ちで今回の実写化を受けた事を明かしました。

吉沢亮演じる沖田総悟の完成度が高すぎると話題に

吉沢亮演じる沖田総悟のビジュアルが公開されるやいなや、その完成度の高さからTwitterではトレンドに入るなど盛り上がりを見せています。漫画原作といえば、やはり漫画のビジュアルを完璧に再現できないところ。しかし、今回はまるで漫画から出てきたかのようなビジュアルに原作ファンも驚きを隠せない様子です。 Twitterでは公式アカウントに感謝のリプライが寄せられる他、ファンがその魅力について熱弁するコラージュ画像が投稿されています。

酒気帯び運転で逮捕されたガリクソンも出演…?!

映画公開を2か月後に控えた2017年5月、お笑い芸人のガリガリガリクソンが酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。 逮捕から数日で釈放されたガリクソンですが、彼が実写映画『銀魂』に出演していることが発覚。数シーンのみの登場予定ですが、ビジュアルが特徴的なこともありすぐに彼だと分かると言います。 逮捕当初、公開が近いことからガリクソンのシーンをそのまま使用すると思われていましたが、映像を差し替えることが決定したようです。代役を立てて同シーンを撮影するようですが、公開日などに影響はないとのことです。

アニメ声優を務める山寺宏一が吉田松陽を演じる!

アニメ版『銀魂』で吉田松陽の声を当てている人気声優の山寺宏一。彼が実写映画でも吉田を演じることになりました。 吉田松陽は松下村塾を開き、銀時をはじめとする面々に武士道を教えていた存在です。松陽は思いもよらぬ事件によって死を迎え、それは銀時たちにとって大きな出来事となりました。 松陽の死をきっかけに物語が大きく動くという大事な役どころです。

映画主題歌はUVERworldが書き下ろし!

2000年から活動を始めた6人組ロックバンドのUVERworld。彼らが書き下ろす新曲「DECIDED」が実写映画『銀魂』の主題歌に決定しました! ボーカルに加えて作詞・作曲も手掛けるTAKUYA∞は、自分たちがこんな注目作に関われるとは思ってなかったと言います。映画に合わせて製作したという新曲は「映画の世界を盛り上げる起爆剤になれば」という思いが込められているそうです。

アニメ放送に合わせてキャスト陣のインタビューも!

4月2日、毎週日曜日の深夜25:35より放送が開始されたアニメ『よりぬけ!銀魂さん/過去回想篇』。このアニメは過去に放送されたエピソードの再放送で、アニメ放送と合わせて、毎週実写キャスト陣のインタビューが放送されます。 アニメ放送第1回では主人公・坂田銀時を演じた小栗旬が登場。また特典映像として制作現場のメイキング映像も放送されました。ファンにとって必見のアニメ放送となりそうです。

銀魂音頭で季節のご挨拶!

新年のあいさつ編

主要キャラを演じる三人が作詞、作曲、振り付けをそれぞれ担当している銀魂音頭を実際に踊っている動画が新年の挨拶として公開されました。この動画には原作にも登場するペット、エリザベスもプラカードを持って映っています。

春休み編も公開!

クオリティが上がった(?)と噂の春休み編、銀魂音頭が公開されました!桜が舞う映像の中、少しだけクオリティのあがった銀魂音頭を踊る3人。 ゆるいギャグ的な雰囲気が表れており、実写映画がどのように仕上がっていくのかますます楽しみになりますね。

銀魂らしいキャストによる謝罪会見

2017年7月14日公開の実写映画『銀魂』。関係者が実写化について謝罪をする動画が公開されファンから大きな反響がありました。 2016年12月に開催されたジャンプフェスタでは、監督である福田雄一をはじめ、武市変平太役の佐藤二朗、平賀源外役のムロツヨシらの俳優陣による謝罪動画が公開されました。

「今回は皆さんの愛する銀魂を実写化してしまい本当に申し訳ございません。」「登場したのが主演の小栗旬、菅田将暉、橋本環奈じゃなくてすいません」

出典: natalie.mu

と謝罪。 これを受け公式ツイッターでは主演の小栗旬の謝罪動画が公開され、その後菅田将暉の謝罪動画も公開されました。

様々な作品や社会問題のパロディが人気の原作ファンの間では、銀魂らしいと好評で実写化に期待しているファンも増えているようです。

これまでに何度も実写化を断った原作者・空知英秋

2004年に連載が開始し、2017年7月現在69巻まで発売されている漫画『銀魂』。近年漫画原作、小説原作の作品が多数実写化される中、人気作『銀魂』にも実写化のオファーは当然ありました。しかしそれらの計画は、原作者・空知の強い思いにより全て頓挫。 原作の実写化は、どうしても賛否両論があるものです。メディアミックスすることによってファン層を増やせるメリットもあれば、原作ファンのイメージを壊してしまうというデメリットも。漫画製作チームは「簡単には実写化してならない」という思いが強く、これまでの実写化計画は実現には至りませんでした。 そんな空知英秋が、なぜ今回実写化に踏み切ったのでしょう。答えは監督を務めることになった福田雄一にありました。福田が手掛けたドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズを観た空知は「彼なら実写化ができるかもしれない」と思ったそうです。 そんな時に、プロデューサーの松橋を通して福田の方から実写化の話が上がり、今回の製作に至りました。

福田雄一による『銀魂』実写化は必然だった?

撮影風景が分かるメイキング映像

元々原作のことを良く思ってなかったという福田。彼の代表作である『勇者ヨシヒコ』シリーズと『銀魂』が、似ていると巷で囁かれていたためです。 作品について全くいいイメージがなかった福田ですが、ある時アニメを視聴する機会があり、それからは『銀魂』ワールドにどっぷり浸かっていきました。笑いの方向性や世界観が自らの作品と似ていると理解した上で、本作を実写化したいという気持ちが生まれてきたようです。 実写化をオファーする際は「実写化は僕が担当したほうがいいらしいですよ。」と、意地らしいアプローチをしたという福田。撮影が始まってからは、人気作なだけあってプレッシャーも大きいようですが、「今日も銀ちゃんに会える」と現場を楽しんでいます。一ファンである福田が手掛ける実写映画、公開が待ち遠しいですね。

映画『銀魂』の公開日は2017年7月14日

実写映画『銀魂』は2017年7月14日公開です。満を持して実写化する本作。キャストだけでなく制作スタッフにも注目して、ギャグあり涙ありの話題作『銀魂』を、ぜひ劇場でご覧ください!