映画『バタフライ・エフェクト3』あらすじ・キャスト【最終章】

2017年7月6日更新

現在と過去を行き来することができる能力を持つ男が主人公の『バタフライ・エフェクト』シリーズ第3弾。今回はどんな”バタフライ・エフェクト”(バタフライ効果)が起こるのか?そのあらすじ、キャストを紹介します!

セス・クロスマン監督作品『バタフライ・エフェクト3』

バタフライ効果をテーマに製作された『バタフライ・エフェクト』シリーズ第3弾。

第1作は斬新で衝撃的なアイディア、練り込まれた脚本が受け、本国アメリカでは初登場1位を記録しました。バタフライ効果とは、些細な小さなことが様々な要因を引き起こし だんだんと大きな現象へと変化するということ。

今作ではどんなことが、どんなバタフライ効果(バタフライ・エフェクト)を引き起こしていくのでしょうか。

『バタフライ・エフェクト3』のあらすじ

butterfly effect – 1

過去へタイムスリップことができる能力があるサム・リードは、その能力を使って警察に協力しています。妹のジェナの助けを借りて過去に戻って事件現場を目撃し、ダン・グレン刑事にその犯罪者の身元を報告することで、未解決の事件を解決するのです。

ある日、数年前に殺された彼の恋人レベッカの姉・エリザベス・ブラウンが彼の元を訪ね、殺人で訴えられたロニー・フレノンズの無実の証拠となるレベッカの日記が見つかったと言います。サムはレベッカの殺人現場を目撃することを決心するのですが、彼の干渉は未来に影響することになります。

過去に向かい再び過ちを直そうとしますが、彼が過去に戻る度に未来はさらに悪い状況へとなっていくのでした。

『バタフライ・エフェクト3』出演のキャスト

サム・リード/クリス・カーマック

sam leed

本作の主人公サム・リードを演じるのはアメリカ出身のクリス・カーマック。彼は『ナッシュビル』、『ビューティー&ブリーフケース(原題)』にも出演しています。

ニューヨーク大学に入学するも2年で退学。その後アパレルブランド、アバクロコンビ&フィッチやGuessなどのモデルとして活躍していました。野球、バスケットボール、サッカーやレスリングまで幅広くこなすスポーツマンです。サックスやギターも弾けるミュージシャンでもあります。

2006年にはテネシー・ウィリアムズの『夏と煙』の再演でロンドンの舞台デビューしています。

ジェナ・リード/レイチェル・マイナー

Rachel miner

サムの妹、ジェナを演じているのはレイチェル・マイナー。父はエミー賞受賞監督のピーター・マイナー、祖父母は監督と女優、兄は俳優というショービス一家に生まれたレイチェルは、2歳の頃から女優を目指し、10歳でウッディ・アレン作品の『アリス』にも登場しました。

ヤング・アーティスト・アワードを3回も受賞し、エミー賞にもノミネートされたことがある実力派です。

私生活では、マコーレー・カルキンと1998年に結婚し話題になりましたが、2000年に離婚しています。

ゴールドバーグ教授/ケビン・ヨン

kevin yo

サムの良き理解者であるゴールドバーグ教授を演じるのはケビン・ヨン。本作の他に『憧れのウェディング・ベル』(2012年)、『もしも君に恋したら』(2010年)などに出演しています。

レベッカ・ブラウン/ミア・セラフィノ

mia serafino

出典: twitter.com

サムの殺された恋人、レベッカ・ブラウンを演じるのはデトロイト出身のミア・セラフィノ。『ウォルトディズニーの約束』(2013)や『オズ 始まりの戦い』(2013)の出演で知られています。

エリザベス・ブラウン/サラ・ハーベル

sarah evelyn harbel

レベッカの姉、エリザベス・ブラウンを演じるのはサラ・ハーベル。

ミシガン州立大学を演劇を学び、その後、ロンドンやニューヨークで演劇の経験を積みました。ロサンジェルスに移り、女優としてのキャリアをさらに伸ばしていきます。彼女の美貌も助けとなり、数々の役を勝ち取り、『ホテル3』ではセクシーな妖婦を演じています。

監督にはセス・グロスマンが抜擢

seth grossman

セス・グロスマン監督は作家、プロデューサーでもあり、フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の映画の一つとなった、ドラマ『25年目の弦楽重奏』の脚本でも知られています。

リアリティ番組を多く作るプロデューサーでもあるグロスマンは、ドキュメンタリー調の語りの要素とテクニックを、彼の最新作『$50K and a Call Girl(原題)』と『Inner Damons(原題)』に取り込んでいます。

本作ではどんな手腕を見せてくれているのでしょう。

映画の中の事実関係の相違?

butterfly-effect3-5

映画の舞台はミシガン州のデトロイト。ロニーが’”ポンティアック・キラー”として死刑囚監房に入っていますが、ミシガン州では1846年に州で起こった犯罪に対し死刑を廃止しているのです。ロニーはまた、1963年の憲法改正によって連邦政府が死刑を廃止した後、アメリカ国内でも連邦政府によって処刑できないことになっています。

サムはデトロイトの警察本部にポンティアック・キラーを取り調べに行きますが、ミシガン州のポンティアックはデトロイトから北に30マイルも離れていて、そこでの犯罪はすべてオークランド群の保安局が担当しています。

『バタフライ・エフェクト3』のCiatrユーザーの感想・評価を紹介!【ネタバレ注意】

衝撃的な展開のラスト!

Kobayashi_Shoki 90分と短い映画だが、楽しめた。ラストは衝撃的。
Garashi_o 途中で犯人は何となくわかったけど最後のは予想できなかった!てかホラーだった!

展開は面白いけどホラー?

knadot グロ要素強めです。最後の展開は面白いけどホラー寄りで後味悪いです。