この展開は予想不可?どんでん返し映画おすすめランキング40!【サスペンス・ミステリー】

2017年8月27日更新

最後までハラハラドキドキ、どんな終わり方が待っているか分からない洋画は結構あるものです。そんな作品は、まるで人生のようです。バッドエンディングが待ち受けているのか、それともハッピーエンドなのか…そこで今回は、最後にどんでん返しが待っているようなサスペンス・ミステリー洋画の数々をご紹介したいと思います。今回ご紹介する作品の中には思わず目を覆ってしまうようなものもありますが、最後まで観ずにはいられない作品ばかりです。確認の為に二度見ると、違った世界観で楽しめるものもありますので、腰を据えてじっくりとご堪能下さい。

衝撃展開のおすすめどんでん返し映画ランキング!

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

おすすめの洋画の中でも今回は、衝撃的などんでん返しが含まれるおすすめ映画をご紹介します。

想像を超えた展開がなされる作品はとても印象に残りますよね。どんでん返しが秀逸だとして評価の高い洋画を厳選しました。どれも国内外問わず多くの映画ファンから支持されている本当に面白い映画です。

どんでん返しって?

どんでん返しとは、ほとんどの観客の結末の予想を裏切ったり、収束したかに思われたストーリーが突如として覆ってしまったりといった展開のことを一般的に呼びます。

なんの脈絡もない中で展開が急激に変わると観客はただただ置いてけぼりになってしまうので、多くの場合はどんでん返しの伏線が序盤から張り巡らされていることが多いです。映画ラバーなら、探偵気分で序盤から細かい描写を疑いながら鑑賞するのも面白いものです。

それではciatr編集部が厳選した、王道の洋画に飽きてしまったという洋画フリークに贈りたい衝撃の名作洋画をご紹介!

40位:忘れたはずの過去が襲ってくる【2010】

マーティン・スコセッシがメガホンを取った『シャッター・アイランド』。 レオナルド・ディカプリオ演じるテディは連邦保安官。絶海の孤島、シャッター・アイランドにある精神病院から女性患者が失踪したとの通報を受け、相棒のチャック(マーク・ラファロ)とともに捜査に向かいます。 ところが、テディはそこで妄想と現実、自らのアイデンティティが揺さぶれるほどの謎に遭遇するのです。忘却したい過去と直面する苦悩を味わってください。

39位:月で孤独に働く男......。ラストには大どんでん返し展開が!?【2009】

『ミッション:8ミニッツ』(2011)のダンカン・ジョーンズの長編映画監督デビュー作です。実父であるデヴィッド・ボウイを世に知らしめたヒット曲が『2001年宇宙の旅』(1968)をモチーフにした、『スペイス・オディティ』だけあって、「月」がテーマとなっています。 月面基地でたった1人で働くサム・ベル(サム・ロックウェル)が不慮の事故で大怪我を負うことで、彼を雇っている企業の恐るべき実態が暴露されていきます。 低予算ながら工夫が凝らされたおすすめのどんでん返し映画です。

38位:一度会った女には二度と会わない。そのルールを破ってから、人生はどんどん崩れていった

オープン・ユア・アイズ[レンタル落ち]

bonkuraman69 オヤジの遺産を引き継いで金持ち、イケメンで女遊びが激しく、あげくに親友の好きな女までてを出す糞っぷりに見合う罰。 それにより今までの自分が崩れていき、ラストのSF設定で一気に仕上げる設定にびっくりです。 世界が自己崩壊をおこしていくのにぞくぞくしました。まるでマトリックスみたいでした。 また見ます!
ihkpp サスペンス好きなら絶対おもしろいと思う リメイク後豪華キャストのバニラ・スカイもあるけどレビューみる限りこっちを先に見るのがいいっぽい?

ペネロペ・クルスの妖艶な演技に注目!トム・クルーズ主演でハリウッドリメイク版『バニラ・スカイ』という作品も作られています。

37位:ホラー映画「あるある」を逆手に取ったどんでん返し【2012】

本作はホラー映画にありがちな展開や定番のプロットを逆手にとって、メタ的な視点も加えたホラー映画です。『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)の脚本家、ドリュー・ゴダードが脚本・監督を担当しました。 週末を森の中の小屋(キャビン)で過ごそうとやって来た、大学生の男女5人が様々な怪異に襲われます。それはまさに、ホラー映画の定番のような展開になります。ところが、この模様をハイテク機器でモニターし、状況を操作している謎の集団がいるのです。 果たして、彼らは誰なのか? また、目的は? 最後に黒幕としてあの人が登場して、アッと驚かされるどんでん返し展開が待ち受けます。

36位:謎の女性に翻弄される美術鑑定士【2013】

『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989)のジョゼッペ・トルナトーレ監督が撮った、ミステリー映画。音楽は名匠、エンニオ・モリコーネです。 美術鑑定士として成功を収めていたヴァージル(ジェフリー・ラッシュ)は、ビリー(ドナルド・サザーランド)と組んで、オークションで美術品を格安で落札していました。そんな彼のもとに、親の遺産である美術品を競売にかけてほしい、という依頼が謎の女性から電話でありました。 邸宅に赴くと確かに美術品はあるのですが、依頼人の女性(シルヴィア・フークス)は姿を現しません。どうやら隠し部屋に隠れているようなのです。果たして、彼女の目的とは……? 随所に伏線が張られたおすすめミステリー映画です。

35位:イケメン富豪が夢と現実の狭間に【2001】

スペイン映画『オープン・ユア・アイズ』(1997)のハリウッド・リメイクです。監督は『あの頃ペニー・レインと』(2000)のキャメロン・クロウ。 富豪でプレイボーイのデヴィッド(トム・クルーズ)は、嫉妬に狂った恋人(キャメロン・ディアス)が故意に起こした交通事故に巻き込まれて、顔に重大な怪我を負ってしまいます。それ以来、顔貌ばかりか性格も歪んでしまい、夢と現実の区別が付けられなくなるのです。そして、最後に驚愕の真実が……。 キャメロン・クロウらしい渋い選曲のサウンドトラックに乗せて、虚と実が入り混じります。

34位:大規模なイリュージョン・マジックで銀行強盗【2013】

マジシャン映画であるとともに、犯罪映画でもある『グランド・イリュージョン』。 実力はあるが、人気のない4人のマジシャン(ジェシー・アイゼンバーグら)の許に、謎の人物からタロット・カードが届きます。4人は「フォー・ホースメン」と名乗り、一躍有名なマジシャンとして人気者に。 フォー・ホースメンはラスベガスからパリの銀行に瞬間移動して、大金を奪うというイリュージョンを見せ、喝采を浴びます。同時にFBI捜査官(マーク・ラファロ)やICPO捜査官(メラニー・ロラン)に追われることになるのです。 果たして、彼らのイリュージョンは犯罪なのでしょうか? また、タロットを送った黒幕とは?

33位.インド発の傑作どんでん返しミステリー

yakisamako 派手で踊りで荒唐無稽な御馴染みのインド映画と思って観たら驚くと思う。 息詰まるサスペンスストーリー、一体全体どうなるのだろうかと展開に終始ドキドキした。 そしてあの衝撃のラスト。 ええ、あれは衝撃以外の何物でもない。 近年の衝撃のラストと言われる作品の中でも、一番の衝撃のラスト。 観る機会がもっと増えればいいのに…。
WdYgvh6VqaIc3oC 伏線はりまくり~最後にどどんと!! なかなかおもしろかったです◎ 主演の方が美しい!

夫を探すためコルカタに降り立った妊婦のヴィディヤは、捜査の過程で無差別テロの真相に迫っていき……。2015年のベストミステリー映画にあげる人も多いインドのどんでん返し映画の傑作です。

32位:信じていた記憶は操作されたものだとしたら?誰が本当の自分を知っているのか自分は何者か。

Takahiro_Ito 想像した以上に楽しめた。 雲の上にすんでて、カリン塔みたい。 そこにあるプールで泳いでみたいなと。 最後に登場したのはどっちだ?!
Pit7775Pit ストーリー好きです。話の展開やSFの世界と撮り方、かっこいい。ドローンの音がトラウマになりかける。

緻密に作り上げられたストーリーに騙されていることに最後まで誰も気づけない秀作。

31位:中盤にすべてがひっくり返ります

igagurichan 怖いと噂では聞いていたのだけど、レンタル屋の「ラブストーリー」の棚にあるから借りそびれていた作品。 私は夜中に1人で、グロ以外の怖い映画を観るのは平気な方なのですが、この映画は非常に怖かった・・・。 見終わった後に、背筋がゾワゾワして寝つけませんでした。 オドレイ・トトゥのまんまるで大きな瞳に宿る狂気。凄い女優だと改めて感じました。 ポップで可愛いオープニングシーン。キャッチーな音楽とのギャップ!! 現実にこういう人っているよね・・・と考えさせられる所がまた怖かった。
Sayaka_Ikezaki 2015.06.28 こわいです。。 徐々に謎が解けてゆくのがおもしろい!つたやではヒューマンドラマに分類されてるけど、完全にみすてりー。

『アメリ』のオドレイ・トトゥ主演のラブサスペンス。オドレイ・トトゥがマジ怖いってなるどんでん返し映画です。

30位: ジェイク・ギレンホール主演のタイムリープ系SFアクション!

okdkstmp 難しいゲームもコンティニューを繰り返せばいつかはクリアできるけど、このゲームはクリアで終了という単純なゲームではなかった、みたいな。観終わった後もいろいろと想像を膨らませてしまった。映画としては本作の方が先だけど、どこか『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に通じるものを感じました。 いやしかし、映画は脚本がすべてというのは決して大げさじゃないのだなと改めて思わされました。面白かったです。

8分間を繰り返すという設定からは想像のつかないラストに。意外に頭を使う作品かもしれません。