『アウトサイダー(原題)』あらすじ・キャスト【ジャレッド・レト主演の任侠映画】

2017年8月8日更新

2013年の『ダラス・バイヤーズクラブ』で注目を浴びた俳優ジャレッド・レト。彼が次に主演を務めるのは、日本が舞台の任侠映画です。日本が舞台とあって、浅野忠信や椎名桔平など日本人俳優の出演も決定している注目作の最新情報をお届けします。

映画『アウトサイダー(原題)』のあらすじは?

????

JARED LETOさん(@jaredleto)がシェアした投稿 -

『アウトサイダー(原題)』の舞台は第二次世界大戦後の日本です。レト演じるアメリカ人兵士は収監されていましたが、同じ牢獄に収監されていたヤクザの助けにより牢獄を出ることが出来ます。 自由の身になった今、ヤクザに恩義を返すために、危険な闇社会に身を染めていくというストーリーです。

映画『アウトサイダー(原題)』で主演を務めるのはジャレッド・レト!

ニック・ローウェル役

『アウトサイダー(原題)』で主演を務めるのは、アメリカ出身でミュージシャンとしても活動している俳優、ジャレッド・レトです。 レトが生まれたのはルイジアナ州ですが、幼少時代はアメリカの各地を転々としたそうです。高校卒業後、絵画を学ぶ為にフィラデルフィアの芸術大学に入学しますが、途中で進路を俳優にかえ、ニューヨークの映画学校に入学しました。 1992年に拠点をロサンゼルスへと移し、ミュージシャンを志すようになりますが、テレビや映画などにも出演をするようになります。レトが銀幕デビューした作品は、1995年公開の『キルトに綴る愛』です。

2013年に公開された『ダラス・バイヤーズクラブ』に出演した際、HIV患者を演じるために約13キロの減量に臨み、演技も高く評価されました。 結果、その年のハリウッド映画祭でブレイクアウト演技賞を受賞したほか、アカデミー助演男優賞やゴールデングローブ賞助演男優賞などの受賞歴を記録しています。

脇を固めるキャストは豪華日本人俳優!

浅野忠信(役名不明)

浅野忠信
©︎ciatr

浅野忠信は日本の横浜出身の俳優です。母方の祖父がアメリカ人のクォーターで、海外ではTadの愛称で呼ばれています。 浅野の俳優デューは1988年、『3年B組金八先生III』のオーディションに合格し、ドラマに出演したことがきっかけでした。しかし、テレビの世界が合わず、バンド活動に傾倒していきます。

映画デビュー作は1990年公開の『バタアシ金魚』です。脇役での出演でしたが、この時の経験から映画製作のスタイルを気に入り、映画俳優として経験を積んでいきます。その後、、岩井俊二、是枝裕和、青山真治といった注目の映画監督の作品に出演し、廃油としての知名度を高めていきました。 海外での実績も積んでおり、ウォン・カーウァイやクリストファー・ドイル監督の作品で主演を務めています。

椎名桔平(役名不明)

椎名桔平は日本の三重県出身の俳優です。小学生のころからサッカー少年で、高校時代には国体に出場した経験があります。大学でもサッカーを続けていましたが、スポーツメーカーのCM出演が原因となり、謹慎処分をうけ、サッカー部を退部してしまっています。 その後、俳優寺田農の付き人となり、1986年に映画『時計 Adieu l'Hiver』へ出演し、俳優としての活動をスタートさせます。しかし、当時はあまりヒットに恵まれず、アルバイトをしながら端役やアングラ舞台に出演などしていたそうです。

椎名が注目されたのは、1993年、石井隆監督の『ヌードの夜』で演じた同性愛者の役からでした。そこから俳優としての知名度が上がり始め、テレビドラマにも頻繁に出演するようになります。 2016年、ニック・パウエル監督の『Darc(原題)』でハリウッドデビューをしています。

監督を務めるのは『ヒトラーの忘れ物』のマルティン・サンフィリート

Last day of editing!! #theoutsider #gaijin #yakuza #jaredleto #tadanobuasano #kippeishiina #shiolikutsuna #icamillahjelm

Martin Zandvlietさん(@martinzandvliet)がシェアした投稿 -

『アウトサイダー(原題)』の監督を務めるのは、2015年『ヒトラーの忘れ物』で注目を浴びた映画監督、マルティン・サンフィリートです。 『ヒトラーの忘れ物』は第二次世界大戦後のデンマークを舞台とし、地雷撤去の為に送られたドイツ兵達を描いた作品です。実際に合った史実をもとにした映画は高く評価され、第89回アカデミー賞の外国語映画賞に出品されています。 『アウトサイダー(原題)』はサンフィリート監督の英語作品デビューとなります。新進気鋭の映画監督が、同じく第二次世界大戦後の日本をどのように描くのか、期待できそうです。

『アウトサイダー(原題)』の監督は本当は三池崇史が務める予定だった!

『アウトサイダー(原題)』は製作開始直後は、主演はトム・ハーディ、監督は三池崇史が務める予定でした。 ハーディは出演契約まで結んでいたそうですが、スケジュールの都合により作品に参加できなくなってしまいます。ハーディ降板後、別の主演候補を探すのに時間がかかり、連動して三池のスケジュールも合わなくなってしまいまいました。 結果、主演と監督が全くの別人になってしまいましたが、良い化学反応が起きることを期待したいですね。