これが映画界の先駆者だ!的な映画15選

2017年7月6日更新 8115view

日々新しいアイデアが生み出され日進月歩の技術力で進化していく映画界において先駆者となった作品たち。今回はいろいろな「世界初」を集めてみました!

映画界のいろいろな「世界初」を集めてみました!

白黒映画

日々新しいアイデアが生み出され、日進月歩の技術力で進化していく映画業界。今でこそありふれた技術やベタな演出方法であっても、初めて登場した時には革新的な挑戦として驚異の目で見られたことでしょう。どんなことでも「世界初」に挑戦するのは勇気がいるものです。

そんな映画界の先駆者たちのチャレンジ精神に敬意を払い、いろいろな意味で世界初を成し遂げた映画を15本選びました。

1.世界で初めて水が流れるトイレを映した『サイコ』【1960】

kotito07 良質なサスペンス。音楽といい、撮り方といい、人の心をうまーくざわつかせてくれる。登場人物の感情の抜き出し方がうまいので、一緒にハラハラさせられる。しかし昔の作品を観ると「この時代は…」とか考えてしまって純粋に作品そのものを観れないのが残念。

なぜ1960年まで、誰一人としてトイレの水が流れる様子を映画に撮った人がいなかったのかは、今となってはわかりません。

当たり前の光景すぎて、誰もわざわざ映そうとはしなかったのでしょうか。なんとなく汚らしいので作品内に登場させたくないと考えられていたのでしょうか。ただ一つ言えることは、アルフレッド・ヒッチコック監督は天才だということです。

2.世界で初めて太陽を直接カメラで撮影した『羅生門』【1950】

wakamewatts 新・午前十時の映画祭企画上映、羅生門(1950)のモノクロ映画だ。たった7人の登場人物で、2場面だけのコンパクトな物語だが、俳優の演技力で飽きさせない。羅生門と云う名の廃墟で雨宿りしている3人の村人が語る、三日前の殺人事件の目撃情報。容疑者の山賊・多襄丸、被害者の侍とその妻、の3人が、お上の取調べの場で事件の真相を話すが、各々が自分の都合のいいように弁明する。また、目撃者の村人も異なる弁明をする。それぞれに都合があるのだ。人間のエゴをむき出しに表現している。多襄丸の三船敏郎の演技が光った。(#15-004)

現在では信じられないことですが、当時太陽を直接撮影する行為は、タブーとして恐れられてきました。太陽光線がカメラを燃やしフィルムをダメにすると信じられていたからです。

黒沢明監督はこの通説が正しいかテストするために、自らカメラを太陽に向けました。そして証明したのです。映画史に残る美しい一コマを生み出す以外には、何も起らないということを。

黒澤監督の勇気ある「実験」は、映画製作者たちの間にカメラと照明に対する正しい知識を広めることになり、映画撮影技術の向上に大きく貢献しました。

3.世界で初めて飛行機の中で上映された長編映画『ロスト・ワールド』【1922】

ロスト

飛行機の中で映画を楽しめるようになったのはいつ頃からだと思いますか?じつは1922年からなのです。と言っても現代のように座席のモニターに映し出されるわけではなく、機内に映写機とフィルムを持ち込んでの上映でした。

しかし今だから言えることですが、これは非常に危険です。フィルムは可燃性が高く、万が一火がついた場合は多数の死者を出す深刻な事故を引き起こしていたことでしょう。事故が起こらなかったのが本当に幸運です。

4.世界で初めてのオナラジョーク『ブレージングサドル』【1974】

今やB級コメディの定番となったこの手のジョーク。どんな作品でもこの手のギャグが登場すると一気にB級感が醸し出されてしまい、観客の苦笑を誘います。あまりに何度も続くと「お金返して」と怒り出す人も出てくるでしょう。

しかし想像してみてください。世界で初めてスクリーンからオナラの音が鳴り響いた瞬間の、観客の受けた衝撃と沸き起こった大爆笑を…。コメディ映画の巨匠メル・ブルックス監督は、おそらく「このジョークが使えるのは一回だけ」と考えていたことでしょう。

5.世界で初めてタイトルにPARTⅡとついた『ゴッドファーザー PART II』【1975】

hitomisnotebook これ凄いね ⅠとⅡでひとつのお話になっていてすごく良く作り込まれていてる 時間軸が複雑であるがビトがゴットファーザーと如何にして呼ばれるようになったかを見せることによってマイケルの現在が浮き彫りになってる

これもまた意外な世界初です。それまでもヒット作の続編映画が製作されることはありましたが、何かしらの趣向が凝らされた副題が付けられていました。続編作品にPARTⅡと付けられたのは『ゴッドファーザー PART II』が初めてなのです。

シンプルなタイトルはフランシス・フォード・コッポラ監督の自信の表れかもしれません。

6.世界で初めて制作費1億ドル超えた『トゥルーライズ』【1994】

B50371952 人類史上最大のヒットメーカー=ジェームズ・キャメロンと人類史上最強の筋肉=アーノルド・シュワルツェネッガーの『ターミネーター』コンビが送るドタバタアクションコメディー。 おおらかなアクション映画は荒唐無稽でも謎の説得力があるのでニコニコしてしまう。 コマンドーもいいけどトゥルーライズもいいぞ。羽佐間道夫さんの吹替が自由すぎてやばいぞ。 コメディーの枠なのでアクションものにはならなさそうな題材が消化されてるのが面白い。浮気相手をこらしめるとかね。

ジェームズ・キャメロン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画『トゥルーライズ』。こちらはなんと世界で初めて製作費が1億円を超えた作品です。ちなみに同じくキャメロン監督の『タイタニック』(1997)の製作費は2億9千万ドル。こちらは映画史上3位の高額製作費です。

7.世界で初めて興行収入30ドルを記録した『フラッシュバック・キラー』【2006】

Yukari__Nakao 内容的にはもっと面白くなりそうな 設定ですが なんだか詰め込みすぎた感??

それ故に崩壊した感じが。。

後半はけっこう面白くなる展開。 でも、なんか惜しいなーって感じです。

こちらはちょっと残念な世界記録です。スリラー映画『フラッシュバック・キラー』の全米興行収入は、たったの30ドル。30万ドルでも300万ドルでもなく30ドルですよ。130万ドルかけて作ったにもかかわらず! 全国で数人しか見てないってことなのでしょうが、その観客は関係者の家族か友人でしょうか。それにしても少なすぎますよね。

ちなみにこの記録は2011年に『The Worst Movie Ever!(原題)』に追い抜かれます。この作品の初週興行収入は11ドル。これを超える迷作は今後出てくるのでしょうか…。

8.世界で初めて台詞に「fuck」を使った『ユリシーズ』【1967】

1967年にジェームズ・ジョイスの原作小説をジョゼフ・ストリック監督が映画化した『ユリシーズ』。それまでメジャー映画のなかでは「fuck」の台詞を使うのは憚られ「heck」や「darn」などと言い換えられていました。

初めて「fuck」と言う言葉が使われたこの作品は、当時ニュージーランドの映画館では観客の女性と男性の席を離して上映され、カンヌ映画祭では製作者の許可なしに検閲が行われたことから上映が取りやめになるなど、非常に物議を醸し出しました。

9.世界で初めて台詞で「bullshit」を使った『冷血』【1967】

southpumpkin トルーマン・カポーティによる傑作小説「冷血」の同名映画化。二人の男が農家の金を奪うため乗り込むまでの過程とその後について描いたお話。今は亡きフィリップ・シーモア・ホフマンによる「カポーティ」は小説「冷血」を書くためにとある殺人を取材する作家のお話であり、この古い作品を観るきっかけになったのもその「カポーティ」に感動してしまったからなのです。当然ですが今作とカポーティは一つの似た事件を扱っているが、視点が異なります。セットで観るのがお勧めです。今作がわざと白黒で撮ったかのような映画に見えますし、「カポーティ」が今作へのオマージュを大胆に含んでいる(多分)ことがわかります。個人的には「カポーティー」の方が好きですが。

「でたらめ」「嘘つき」という意味の「bullshit 」。現代では色々な映画の台詞で使われ、日常会話でも頻出する言葉ですが、こちらも1967年に『冷血』の中で登場したのが世界初です。

「shit」という言葉が含まれているのであまり上品ではないですが、そこまで神経質にならなくても…と思いますよね。実は当時は今のような「R15」指定のような規制はなく、映画はどんな人でも見られるものでなければならないと考えられていたからです。

10.世界で初めてオールアジア系キャストで製作されたハリウッド映画『SAYURI』【2005】

wammy4 溜息が出る程美しかったです。芸者への道を描いたストーリーですが 戦前編・戦後編とあって驚かせられました。戦前の艶やかさも戦後の華やかさも好き。

近年ではハリウッド映画界における白人優位主義が問題視されています。第二次世界大戦前後の京都を舞台に芸者として生きる女性たちを描いた本作は、時代考証が正確でないことや、日本人役を中国やマレーシアの俳優が演じることに対する批判もありました。

しかしオールアジア系キャストでハリウッド作品が製作されたということは、映画界における大きな業績であり革新と呼んで良いでしょう。ハリウッドがこのことを達成するまで100年かかったのです。まずは人種の問題を解決し、次に国籍を議論できるようになったら良いですね。

11.世界で初めて男性同士のキスシーンを映した『日曜日は別れの時』【1971】

『日曜日は別れの時』は、同性愛者の芸術家と医師、その妻の三角関係を描いたイギリス映画です。『キャロル』(2015)や『アデル、ブルーは熱い色』(2013)など、近年では同性愛をテーマにした作品は多く作られていますが、このような先駆者となった作品があってこそですね。