実写映画『好きっていいなよ。』あらすじ・キャスト【ネタバレあり】

2017年7月6日更新

『デザート』にて絶賛連載中の大人気少女漫画、葉月かなえによる『好きっていいなよ。』が2014年7月に実写映画化されました。映画『好きっていいなよ。』のあらすじやキャストをご紹介します。ネタバレがありますので、ネタバレを知りたくない方は、注意してください。

映画『好きっていいなよ。』の原作は累計発行部数700万部超えの作品

映画『好きっていいなよ。』は原作・葉月かなえによる少女漫画。『デザート』(講談社)で連載されています。講談社からは数々のヒット作品が出ていますが、『好きっていいなよ。』は過去最速で、累計発行部数100万部超えした事がある作品となりました。

2016年12月現在では、累計発行部数700万部を突破。そんな大人気の少女漫画が2014年7月に実写映画化されました。今回は実写映画『好きっていいなよ。』のあらすじ・キャストについて紹介します。

『好きっていいなよ』のあらすじ

小学生の頃クラスで飼って育てていたウサギに雑草を食べさせてしまい、急に死んでしまいます。その場所に偶然居合わせた橘めい。これがきっかけで雑草をうさぎに与えてしまった、真犯人の女子はめいに罪を擦り付けます。

真犯人の女子に罪を擦り付けられてしまったことによって、友達は信じられないと人間不信になってしまいました。この事件以降、友達をろくに作らず、人と話す事もないような生活を送っていましたが、あるきっかけで男子高校生・黒沢大和と出会うことになります。

ある日、中西健志というちょっぴりお調子者の男子高校生にスカートを捲られます。このことに怒り中西健志に回し蹴りをしためい。ところが中西健志に回し蹴りをしたつもりが、間違って黒沢大和に回し蹴りをしてしまったのです。

黒沢大和に怒られるかと思いきや、逆に彼に気に入られてしまい、めいに「友達になろうよ!」とアプローチ。小学生以降友達もいない、彼氏もいない橘めいでしたが、黒沢大和きっかけに閉ざされていた心がどんどん広がっていくのです。

実写映画『好きっていいなよ』のキャスト

橘めい/川口春奈

橘めいを演じるのは、1995年生まれの川口春奈です。フジテレビ月9ドラマ『東京DOGS』で女優デビューし、その後P&Gパンテーンドラマスペシャル『初恋クロニクル』でドラマ初主演しています。

大人気アニメ・漫画の実写映画『1週間フレンズ』では藤宮香織を演じる事も決まっています。

黒沢大和/福士蒼汰

黒沢大和を演じるのは、1993年生まれ、仮面ライダーフォーゼでお馴染みの福士蒼汰です。2014年に公開された『神さまの言うとおり』や2015年に公開された『ストロボ・エッジ』などにも出演。

2018年には大人気アニメ・漫画の『BLEACH』の主役・黒崎一護を演じる事になっています。さらに少年漫画の実写化『曇天に笑う』でも主演を務めます。

『好きっていいなよ』の主題歌はONE DIRECTIONのHappily

映画『好きっていいなよ』の主題はONE DIRECTIONのHappilyです。『One Direction(ワンダイレクション)』はイギリスの人気オーディション番組『Xファクター』から誕生しました。

映画『好きっていいなよ』で起用された『Happily』は『ONE DIRECTION』の大ヒット曲でもあり、イギリス&アメリカの音楽ランキングチャートを独占した事も。日本でもオリコン初登場で3位になったこともある大ヒット曲です。

映画『好きっていいなよ』の結末【ネタバレ注意】

橘めいはパン屋でバイトをしており、バイト先のお客にストーカーをされていました。ある日のバイトの帰り道、あまりにもストーカーが怖くなり、黒沢大和に電話をかけてしまいます。橘めいに危険を感じた黒沢大和は、すぐに助けに向かうのです。

ストーカーを撃退するために、黒沢大和は行った事は…キス。16年間友達もいなければ、彼氏もいた事がありません。もちろん今回のキスが彼女のファーストキスなのです。

心を閉ざしていた橘めいですが、黒沢大和とのファーストキスにより心情に変化が。徐々に恋は進展していき、やがて黒沢と付き合うことになりました。

黒沢大和は学校でも、超イケメンの男子高校生。黒沢大和を狙う女子高校生もたくさんいます。二人の恋仲を引き裂こうというライバルがたくさん現れるのです。

しかしライバルが多いのはめいだけではありませんでした。橘めいの事を狙っている男子高校生が現れるのです。次第にお互いにヤキモチをやくようになり、2人に恋のトラブルが発生。

黒沢大和の事を大好きなのに、大好きと言えないめい。映画のラストシーンで黒沢が言う「好きっていいなよ。」は誰もがキュンキュンしてしまうセリフでしょう。

『好きっていいなよ』の漫画は2016年現在も連載中

テレビアニメ、実写映画と大ヒットを記録した『好きっていいなよ。』の原作になる漫画ですが、現在も『デザート』(講談社)にて連載しています。2016年12月現在では、単行本17巻まで発売されています。

映画、アニメは、高校生活編までしか公開されていませんが、原作漫画では、高校を卒業した後のストーリーを描いています。アニメ・映画しか観た事がない方は、『好きっていいよ。』の原作漫画もチェックしてみてはいかがでしょうか?