胸キュンしちゃう少女漫画原作の定番恋愛アニメ13選!

2017年7月6日更新

女子をきゅんきゅんさせ、男子をも夢中にさせる少女漫画。最近ではドラマや映画で実写化される機会が多いですが、やっぱり漫画の絵のまま動いているところが観てみたいという方も多いのではないでしょうか。ここでは数ある名作の中から、厳選して10作品の少女漫画原作アニメをご紹介します。

少女漫画原作のおすすめ胸キュンアニメを紹介!

少女漫画から恋愛や友情を学び、主人公と一緒に胸キュンするのはいつの時代も同じではないでしょうか。さらに今やアニメ化だけではなく実写映画化も数多く公開されています。 実写もいいですがやはり漫画そのままの世界観や空気感を再現できるアニメは原作ファンにとって欠かせないメディアでしょう。 そこで今回は人気の少女漫画の中で、特にオススメの少女漫画原作のアニメをご紹介します。きっとお気に入りの作品が見つかるのではないでしょうか。

「貞子」とクラスの人気者のときめきラブストーリー『君に届け』

原作は椎名軽穂先生の同名漫画で、現在も別冊マーガレット連載中です。2010年には多部未華子、三浦春馬出演で実写映画化されました。 長い黒髪と暗い雰囲気から「貞子」と呼ばれ、高校のクラスに馴染めない主人公・黒沼爽子。しかし、同じクラスで人気者の風早翔太が、差別せず他の人と同じように話をしてくれたことをきっかけに、一人でいることに慣れてしまった爽子の世界は一変します。爽子を中心に友情や恋愛を描いた学園ラブストーリーです。 アニメは2009年に第一期、2011年に第二期が制作されています。コミックスは既刊23巻。

かるたにかける情熱と友情と恋心『ちはやふる』

原作は末次由紀先生の同名漫画で、現在もコミックBE・LOVEで連載中です。既刊27巻。2011年に第一期、2013年に第二期が制作されています。 タイトルにもなっている『ちはやふる』とは小倉百人一首「ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」(在原業平)が由来となっており、その名の通り、競技かるたを題材にした少女漫画。2009年にはマンガ大賞も受賞しました。 競技かるたの“クイーン”(名人)を目指す綾瀬千早を主人公に、恋愛や友情、夢を描いた作品です。 2016年に広瀬すず主演で実写映画化され、ヒット作となりました。

号泣間違いなし!高校生2人の純愛『一週間フレンズ。』

ピュアでまっすぐな高校2年生の長谷祐樹が恋したのは同級生の藤宮香織。一途な思いをぶつける祐樹でしたが、香織には受け入れてもらえません。 実は、香織は「一週間で記憶を失ってしまう」障害を抱えていました。その障害のせいで、仲を深めることに不安を感じていたのです。 ふたりのラブストーリーはどうなるのか。祐樹の香織へのひたむきな思いが観る人の心を引き付ける作品です。また、2017年2月には実写映画版の公開され、こちらも要チェックです!

超イケメンドS男子に振り回されてドキドキ『オオカミ少女と黒王子』

高校1年生の篠原エリカは、周りに合わせて彼氏がいるふりをしていました。しかし、同級生で超イケメンの佐田恭也に秘密がばれてしまいます。実はこの恭也、超がつくほどのドSだったのです……。 エリカは恭也に彼氏のふりをしてもらうようになりますが、秘密を握られている分、振り回されるばかり。しかし、次第にふたりの関係性に変化が訪れます。 「おまえ俺の彼女なんだから 黙って守られてりゃいいんだよ」、「こいつは俺のだから」など、男らしいセリフをカッコよく言い放つ恭也に毎回胸キュンすること間違いなしです!

不器用な2人の恋愛模様に胸キュン!『となりの怪物くん』

将来の夢は年収1,000万円のガリ勉女子高生・水谷雫と、天才でイケメンなのですが、人と接するのが苦手なハルこと吉田春。お互い不器用ながらも、純粋な気持ちで一生懸命に向き合おうとする姿に心に心が洗われます。 また途中からは三角関係に発展し、 不器用な2人の感情のがどのように変化をするのかも楽しむことができる物語です。 気づけばあなたも2人を応援したくなるはずです!

妖怪が見える少年と妖怪たちの心温まる物語『夏目友人帳』

この『夏目友人帳』は実は、原作が少女漫画だったってご存知でしたか? 現在もLaLa DXおよびLaLaにて連載中の、緑川ゆきによる同名漫画が原作なんです。コミックスは19巻まで出ています。 妖怪が見える少年・夏目貴志と妖怪であるニャンコ先生を中心に、祖母の遺品「友人帳」をとりまくドラマを描いた作品です。どこか郷愁を誘う物悲しさを湛えた世界観は、少女漫画界でも稀有な存在。アニメは2008年にシリーズが開始され、2012年に放送された第四期が最新となっています。

胸キュンしかない!逆ハーレムの金字塔『桜蘭高校ホスト部』

原作は葉鳥ビスコによる同名漫画で、2010年に完結しました。花とゆめコミックス全18巻。アニメは2006年に放送、2011年にはテレビドラマ化もされました。 主人公は、上流階級の子供ばかりが入学する桜蘭高校で、一般庶民ながらも特待生として学業に励む藤岡ハルヒ。ひょんなことからホスト部へと入部することになった紅一点のハルヒと、個性的なホスト部の面々が織り成す学園ラブコメディ作品です。 逆ハーレム漫画として良く名前が挙がりますが、恋愛だけでなく友情や進路について悩む姿もしっかりと描かれていて、さわやかな青春ものとして観ることができます。 なお、アニメ放送中は原作が完結していなかったため、ラストはアニメオリジナルとなっています。

美大を舞台に描かれる男女6人の青春群像劇『ハチミツとクローバー』

原作は羽海野チカによる同名漫画で、2006年に完結しました。全10巻。アニメは2005年に第一期、2006年に第二期が放送、2008年にドラマ化され、実写映画は2006年に公開されました。 美術大学を舞台に、花本はぐみ、竹本祐太、山田あゆみ、真山巧、森田忍、花本修司たちを中心に、美大生たちの恋愛と才能や将来について悩む姿を描いた青春群像劇です。 全員片思いという切ない状況と大学生ならではの青春ドラマが大ヒットし、「ハチクロ」の愛称で根強い人気を誇っています。

青春に乗っかれ!青春ラブストーリーの決定版『アオハライド』

原作は咲坂伊緒による同名漫画で、現在も別冊マーガレットで連載中です。既刊12巻。アニメは2014年夏に放送、同年末に本田翼、東出昌大出演で実写映画化されました。 タイトル『アオハライド』とは作者による造語で「青春(アオハル)」にライドride「乗る」、つまり"青春に一生懸命乗っていく"という意味だそうです。 高校生の主人公・吉岡双葉が、中学の時の初恋相手・田中洸に3年ぶりに再会したところから物語は動き出します。しかし、洸は双葉が知っていた頃とは別人のようになっていました。青春ラブストーリーの決定版、必見です。

ピアニストと指揮者のもどかしい関係を描いた『のだめカンタービレ』

原作は二ノ宮知子による同名漫画で、2010年に完結しました。全25巻。2006年にドラマ化、アニメは2007年、2008年、2010年と三期にわたって放送され大ヒットした作品です。 ピアニストの卵・"のだめ"こと野田恵と天才指揮者・千秋真一を中心に、音楽学校を舞台に描かれるラブコメディで、タイトルのカンタービレとは「歌うように、表情豊かに」という意味の演奏記号のこと。 クラシック音楽をテーマにしているだけあって、劇中で使われる楽曲にも注目です。

彼氏いない歴=年齢な女子高生の初恋の行方は『好きっていいなよ。』

原作は葉月かなえの同名漫画で、現在もデザートにて連載中です。既刊13巻。2012年にアニメ化、2014年には川口春奈、福士蒼汰出演で実写映画化されました。 友達も彼氏も作らずに16年間地味に過ごしてきた主人公・橘めい。めいが間違ってケガをさせてしまった学校一のモテ男・黒沢大和は、逆にめいを気に入って一方的に友達宣言をしてしまいます。 めいの初恋の行方にドキドキすること間違いなし!