2017年7月6日更新

映画『スティング』にまつわるトリッキーな13の事実【どんでん返しの大名作】

仲間を殺された仕返しに、詐欺師が賭博師と組んで大物マフィアをはめるどんでん返し映画『スティング』。『明日に向かって撃て』のポール・ニューマンとロバート・レッドフォード主演で大ヒットした『スティング』にまつわる事実とは?

1.賭博師ゴンドルフは当初、太った老いぼれだった。

オリジナル脚本では、ゴンドルフは端役にすぎず、老いたビール腹のぶっきらぼうな男として描かれていました。プロデューサーも主役には別の人物を考えていましたが、脚本を気に入ったニューマンのたっての願いで、ゴンドルフは主役級の人物に書き変えられたのです。

2.ビッグスターの再共演は期待外れ?

1970年代初頭において、世界的なビッグスターのニューマンとレッドフォードが主演した『明日に向かって撃て!』のヒットが、二人の人気に拍車をかけ、人々の心に鮮烈な印象を残しました。

(役名、原題もブッチ・キャシディとサンダンス・キッド。レッドフォードが始めた映画祭のサンダンスはこの名前が由来)

当初は脚本家ウォードが監督をしたかったようですが、レッドフォードがウォードでは、役不足と判断。ジョージ・ロイ・ヒル監督がサインした後、レッドフォードも契約し、上記のいきさつで、ニューマンも加わわったのです。

この二人の再演が魅力的であればあるほど、お互いを裏切り、騙し合うという『スティング』での役柄が観客に受け入れられるかどうか不安だったそうです。サスペンスの緊迫感を失うのではないかとスタジオ側は懸念しましたが、そんな不安をヒル監督がなだめました。

3.脚本を読んだだけでオスカー受賞を確信していた!

プロデューサーのマイケル・フィリップスと妻ジュリア、およびトニー・ビルは後のインタビューでこう語っています。「撮影開始前にすでにオスカーでのスピーチのリハーサルをしていた」と。

事実、『ステイング』はオスカー7部門受賞の栄光に輝いたのです。まさに筋書き通り!

4.あの超有名映画で使い回された、ダイナーのセット!

『スティング』でロネガンと詐欺師フッカー(レッドフォード)が出会うシーンで使われたユニバーサル・スタジオで撮影されたダイナーは、内装を一新し、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティ(マイケル・J・フォックス)が若き自分のパパに出会うシーンに登場したダイナーに生まれ変わりました。

思いもよらないこの種の使い回しはよくあることです。

5.ノスタルジックな1930年代を彷彿!

監督は、1930年代当時の映画で使われていた独特の技法を取り入れました。例えば、映画の冒頭に昔のユニバーサルロゴを使用し、のっけからノスタルジックな世界に観客を引き込もうとしました。

円が閉じたり開いたりする007でお馴染みのアイリスショット編集他、あらゆる手法で、観客をその時代へといざなったのです。

glom.com/2016/03/14/chapter-headings-in-the-cinema-a-slight-case-of-subtitle-envy/">multiglom.com