映画『泥棒役者』あらすじ・キャスト【主演は関ジャニ・丸山隆平】

2017年7月6日更新

映画『泥棒役者』が西田征史が監督を務め、主演を関ジャニ・丸山隆平で映画化し、2017年11月に公開されます! とと姉ちゃんでも人気を博した西田征史が以前に作・演出を務めた舞台を映画ようにリライトしたものになり期待が寄せられています。

『泥棒役者』が西田征史監督により映画化!

51jK8qowwUL

映画『泥棒役者』が西田征史が監督を務め、主演を関ジャニ・丸山隆平で映画化します。この2人は2012年に上演された舞台『BOB』で一度タッグを組んでおり、丸山隆平は単独での映画出演は初めてになっています。

『泥棒役者』は2006年に西田征史が作・演出を担当し、片桐仁・きたろう・ムロツヨシ・上野なつひなどが出演、劇団たいしゅう小説家という劇団で上演された演劇です。今作の映画では、西田征史自らその脚本を映画用に書き直したそうです。

映画『泥棒役者』あらすじ

主人公の大貫はじめは、元泥棒だけれども今は足を洗い、溶接工員として働きながら恋人と静かに暮らしていました。

ところが大貫はなぜかある豪邸で「豪邸の主人」、「売れっ子絵本作家」、「編集者」にそれぞれ間違われてしまいます。元泥棒であることを知られたくない彼は、それぞれの職業を演じようとしますが…。

映画『泥棒役者』の主演は関ジャニ∞の丸山隆平

元泥棒の主人公・大貫はじめを演じるのは、関ジャニ∞の丸山隆平です。映画『エイトレンジャー』以来5年ぶりの主演となる彼がどのような演技を見せるのか楽しみですね。

丸山隆平は2012年にドラマ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』、2014年にはドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』で主演を務めるなど、近年はアイドルだけでなく俳優業での活躍も目覚ましいです。

また、映画では関ジャニ∞として出演した『エイトレンジャー』シリーズだけでなく、映画『ストロベリーナイト』や映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』にも出演するなどドラマだけでなく、映画にも出演し始めている期待の星です。

丸山は映画『泥棒役者』に対して、このようにコメントしています。

泥棒役者……。気になるタイトルですよねぇ~~。

西田さんの手がける脚本はどれもサプライズ的なマジックが隠されていて、とても普遍的でヒトの体温を感じるんです。

今回の物語に出てくる登場人物たちも、クセはあるのだけれど、どこか憎めない魅力的な人達ばかりです。

そんな登場人物たちを相手に、時に騙したり、騙されたり、惑わされたり、踊らされたりしながら、全てのエネルギーを込めて、スクリーンの中で暴れさせていただければと企んでおります。

西田さんが大切に温められてきた「泥棒役者」という作品を愛しながら、キチンと丁寧に撮影に臨んでいこうと思います。

映画『泥棒役者』で脇を固める豪華キャスト

藤岡美沙/高畑充希

月9出演や、朝ドラのヒロイン、映画主演など女優としての活躍が目覚ましい高畑充希が出演することが決定しました。

高畑が演じる美沙は主人公・大貫はじめの彼女。泥棒からはかけ離れている真面目な女性を演じます。

畠山則夫/宮川大輔

お笑い芸人の宮川大輔が、現役泥棒の役・則夫を演じます。今回の物語のきっかけをつくる大事な役でもあります。

泥棒からは足を洗っていたはじめですが、則夫の呼びかけによってまた豪邸の家に盗みに入ることになるのです。

前園俊太良/市川正親

市川正親

篠原涼子の夫として有名な大御所俳優市川正親も映画『泥棒役者』出演するようです。

演じる役は見るからにハマり役と言えそうな豪邸の主。はじめが盗みを試みる豪邸に住んでいます。

轟良介/ユースケ・サンタマリア

ユースケ・サンタマリア

ユースケ・サンタマリアが演じる役は、はじめが泥棒として侵入した豪邸を訪れたセールスマン。

大ヒットした『踊る大捜査線』シリーズ後は、俳優から司会者まで幅広くメディアで活躍しています。2017年公開の映画『あゝ、荒野』にも出演予定です。

奥江理子/石橋杏奈

石橋杏奈

モデルとして芸能界デビューし、最近では女優業でも活躍している石橋杏奈。トーク番組に出演した際ラップを披露し、話題となりました。

そんな彼女が演じるのは舞台となる豪邸に足を踏み入れた編集者です。

高梨仁/片桐仁

舞台にも出演しているお笑い芸人ラーメンズの片桐仁。映画版にも出演することが決まりました。

役どころはドタバタ劇の舞台となる屋敷の、隣に住んでいるクレーマー。そんな高梨の職業はユーチューバーです。作品のスパイス的な役割を果たすのではないでしょうか?

米村真由美/峯村リエ

大河ドラマ『真田丸』に大蔵卿局役で出演し、知名度をあげた峯村リエ。ケラリーノ・サンドロヴィッチが主宰を務めるナイロン100%という劇団に所属しています。

峯村リエが演じる米村は石橋杏奈演じる奥の上司、編集長を演じます。

監督は『小野寺の弟・小野寺の姉』の西田征史

小野寺の弟・小野寺の姉

監督は映画『小野寺の弟・小野寺の姉』で監督を務めた西田征史です。もともと『泥棒役者』は彼が2006年に作・演出を担当し、劇団たいしゅう小説家で上演された演劇です。

西田征史は目指していた芸人を辞めた後に、2008年映画『ガチ☆ボーイ』で脚本を初めて務めました。2011年に大ヒットしたアニメ『TIGER & BUNNY』の脚本を担当したり、『怪物くん』『妖怪人間ベム』などのテレビドラマ脚本を担当したりと最近の活躍が目覚ましい脚本家です。

2012年に出版した『小野寺の弟・小野寺の姉』は2014年に自信が監督を勤めて映画化し、2016年上半期には連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の脚本も担当しました。

そんな西田征史が映画のために脚本を書き直し、監督を務めるということで注目を集めています。以下が西田征史監督のコメントです。

私が作・演出を担当する舞台に主演してもらったのが丸山隆平君との出会いです。稽古時間やプライベートで一緒に時を過ごす中、バラエティで見て一方的に抱いていた印象はただの一面でしかなかったことに気付かされ、魅力をもっと引き出してみたいと本作でも主演をお願い致しました。 現在クランクインを前に、自分のオリジナル作品でまた映画を撮らせてもらえる喜びを噛みしめながら準備を進めております。“穏やかであたたかく思わず頬が緩んでしまう”泥棒役者はそんな喜劇映画になる予定です。どうかご期待ください。

映画『泥棒役者』の公開は11月!

映画『泥棒役者』の公開は2017年11月と発表されています。関ジャニ丸山が魅せる演技にも注目が集まりますね。