ⓒ2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

映画『探偵はBARにいる3』キャスト・あらすじ【原作は「ススキノ探偵」シリーズ!前作のおさらいも】

2017年11月17日更新

大泉洋演じる”探偵”と松田龍平演じる相棒・高田が活躍する、映画シリーズの第3弾『探偵はBARにいる3』が、2017年冬に公開されます。過去作のおさらいも含め、ついに制作の始動が発表された最新作に関する最新情報をまとめました。

映画『探偵はBARにいる3』が12月1日に公開!

東直己の小説「ススキノ探偵」シリーズを原作とする、映画「探偵はBARにいる」シリーズ。その第3弾となる『探偵はBARにいる3』が始動し、12月1日に公開されることになりました!

『探偵はBARにいる』は、北海道・札幌市の歓楽街「ススキノ」のバーを舞台に、探偵とその相棒・高田が巻き込まれた事件を解決していくというもの。第1弾『探偵はBARにいる』、第2弾『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』ともに大ヒットを記録ました。

今回は、ついに動き始めたシリーズ最新作について紹介していきます。

最新作『探偵はBARにいる3』のあらすじは?

『探偵はBARにいる3』
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

売春組織から失踪したある女子大生(前田敦子)。探偵(大泉洋)と高田(松田龍平)はこの失踪事件について調べてほしいと仕事の依頼を受けます。

2人が調査を進めるとある殺人事件との関係が浮き彫りに。やがてモデル事務所のオーナーであるマリ(北川景子)と出会い、彼女に翻弄されていきます。

さらには裏社会を牛耳っているという北城(リリー・フランキー)に行き着くことで、2人は予想外の事件へと巻き込まれていくのです。

主演キャストはもちろん大泉洋!

探偵/大泉洋

大泉洋『探偵はBARにいる3』
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

第1弾『探偵はBARにいる』から主演を務めてきた大泉洋が、第3作でも探偵に扮します。

大泉演じる本作の主人公の職業は“探偵”で、これまで名前で呼ばれたことや名乗ったことが1度もなく、現在まで本名は明らかにされていません。携帯電話を持たない主義のため、行きつけのバー「ケラーオオハタ」の名刺を持ち歩いており、依頼の連絡はバーの黒電話で受けています。

2016年は大河ドラマ『真田丸』に出演するなど、ますます活躍中の大泉洋。出身地の北海道が舞台ということもあり、これまでも作品への思い入れが伺えましたが、どのような演技を見せてくれるのでしょうか。

探偵の相棒・高田はお馴染み松田龍平

高田/松田龍平

松田龍平『探偵はBARにいる3』
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

探偵の相棒兼運転手で、空手の師範代の腕前を持っている北大農学部の助手・高田。本作でも探偵と高田のお馴染みタッグを見ることができるようです。

松田は大島渚監督作『御法度』でのデビュー以降、映画を中心に数々の作品に出演し、実力派俳優の地位に上り詰めました。特に映画『まほろ駅前多田便利軒』の行天春彦はハマリ役だと絶賛され、2013年公開の主演映画『舟を編む』で、日本アカデミー賞主演男優賞を受賞しています。

『探偵はBARにいる3』のヒロインキャストには北川景子

北川景子『探偵はBARにいる3』
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

映画『探偵はBARにいる3』のヒロインとして北川景子が出演することが決定しました!その役どころは、依頼人のモデル事務所オーナー。美人で探偵を翻弄する謎多き悪女です。

主演の大泉洋は今回のキャスティングについて、「北川さんの役は相当大変。よく引き受けてくれたと思う。」と語ります。主演の2人にこう言わしめる北川景子の役は一体どのようなものなのでしょうか?期待が高まりますね!

シリーズ第3弾の豪華追加キャストが発表!

北城/リリー・フランキー

リリー・フランキー『探偵はBARにいる3』
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

俳優、イラストレーター、フォトグラファーとマルチに活躍するリリー・フランキーが、人気シリーズの最新作に参戦します。 実は前作の制作時に、公式フォトブックの撮影にカメラマンとして参加しないかと打診されていたリリー。残念ながら都合がつかず先送りになっていたと言います。 『探偵はBARにいる3』では大泉洋と直接対決することになる、シリーズ最大の敵・北城を演じます。リリー・フランキーらしい癖のある演技が見られるのでしょうか。

麗子/前田敦子

前田敦子『探偵はBARにいる3』
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

AKB48を卒業してからコンスタントに映画・ドラマ作品に出演し続け、女優としての地位を確立してきている前田敦子。 もともとシリーズのファンだったという彼女が、謎の女子大生・麗子役で『探偵はBARにいる3』に出演します。麗子はリリー・フランキー演じる北城の売春組織に所属しており、彼女が失踪したことで物語は動き出します。 前田にとって、ファンだった作品に携われたことはご褒美のようだったそうで、撮影を楽しんだとコメントを寄せました。

志尊淳が『探偵はBARにいる3』に出演決定!

志尊淳『探偵はBARにいる3』
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

『烈車戦隊トッキュウジャー』でブレイクを果たした若手イケメン俳優・志尊淳。2017年は5本以上のドラマ・映画に出演することが決まっており、今最も勢いのある俳優の1人です。 そんな彼が本作に出演することが決定。演じるのはリリー・フランキー演じる北城の用心棒・波留という男です。田中も怯える"最強の男”である波留は、志尊自ら衣装や髪型を提案して作り上げたんだとか。アクションシーンにも体当たりで挑んだ活躍ぶりに注目です!

『探偵はBARにいる3』はエンドロールの後まで楽しめる!

『探偵はBARにいる3』
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

10月24日に行われたジャパンプレミアに主演の大泉洋をはじめとする豪華キャストと、監督を務めた吉田照幸が登壇しました。 大泉洋を中心にトークは盛り上がり、吉田監督は「エンドロール後にもお楽しみがある」と発言。すると本作から参戦している前田敦子は「エンドロール後のシーンを観忘れた」と暴露しました。それを聞いた大泉は「もう1度観に行きなさい」と喝を入れ会場は盛り上がっていた様子。 さらに続編『探偵はBARにいる4』も話題にあがり、本当は『探偵はBARにいる3』でやめるつもりだったという監督に大泉洋が「まだまだやっていきましょう」とコメント。続編への熱意を見せました。

原作は東直己の小説「ススキノ探偵」シリーズ

東直己『探偵はバーにいる』

映画「探偵はBARにいる」シリーズは、作家・東直己のデビュー作『探偵はバーにいる』を第1作目とする、推理小説「ススキノ探偵」シリーズを原作としています。

東は1992年の作家デビュー後、”探偵”を主人公としたハードボイルド小説を中心に発表してきました。代表作は「ススキノ探偵」シリーズのほか、「私立探偵・畝原」シリーズや「榊原健三」シリーズなど。気鋭のミステリー作家として注目される一方で、エッセイやルポタージュも手掛けています。

また、北海道札幌市在住のためか、今作のように同市や北海道を舞台にした著作が多数あります。

コアなファンが多い?映画シリーズ過去2作のおさらい

第1弾『探偵はBARにいる』【2011年】

原作小説シリーズ第2作目『バーにかかってきた電話』を基に、テレビドラマ『相棒』の橋本一監督がメガホンを取り、同作のスタッフが集結して映画化しました。

札幌の歓楽街・ススキノで活躍する”探偵”のもとに、”コンドウキョウコ”と名乗る女性から依頼の電話があり、相棒の高田と早速行動を開始します。その直後何者かに命を狙われた2人は、謎の美女・沙織や実業家・霧島という人物と出会い、不可解な4つの殺人事件に巻き込まれて・・・・・・。

主人公の探偵を演じる大泉洋、高田役の松田龍平のほか、小雪や西田敏行らが共演しています。舞台となった北海道エリアの盛り上がりは特に凄まじく、大ヒットを受けてすぐに続編制作が決定しました。

第2弾『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』【2013年】

橋本一が再び監督を務め、原作小説シリーズ第5作目『探偵はひとりぼっち』を映画化した作品。大泉・松田コンビの独特の空気感も健在で、尾野真千子や渡部篤郎などがゲスト出演しました。

歓楽街・ススキノで、”探偵”の友人でオカマの”マサコちゃん”が殺害されてしまいます。事件の裏にカリスマ政治家の影が浮かび上がる中、探偵の前に現れたのは、敵討ちに燃える美人ヴァイオリニスト・弓子。探偵は息巻く彼女を宥めすかして事件の調査を引き受け、高田と共に真相究明に乗り出しますが・・・・・・。

第2弾では、前作よりハードなアクションシーンが盛り込まれ、メディアでも大きな話題となりました。

映画『探偵はBARにいる3』公開は12月公開!

『探偵はBARにいる3』
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

映画『探偵はBARにいる3』は、2017年12月1日公開です。

2013年の制作決定から約4年が経っているため、続報を心待ちにしていたファンも多く、公開が待ちきれないという声が上がっているようです。