2017年7月6日更新

『パーソナル・ショッパー』あらすじ・キャスト【クリステン・スチュワートがファッション業界に挑む】

personal shopper

クリステン・スチュワートがセレブのパシリに!?カンヌで賛否両論を巻き起こした『パーソナル・ショッパー』スチュワートが魅せる新作ホラーミステリー×ファッション業界の究極コラボレーション。シャネルの衣装等、作中に出てくるハイブランドにも要注目。

映画『パーソナル・ショッパー』!クリステン・スチュワートがファッション業界に挑む

忙しいセレブには、パーソナルショッパーは付き物?もちろん劇中では、豪華なドレスや装飾品を観る事が出来ますが同作はファッションのひとくくりではありません。

ファッション映画と言えば『プラダを着た悪魔』を思い浮かべる方が多いと思いますが、これまた新しいファッションの世界観が垣間見る事ができるでしょう。この記事では、2017年5月17日、日本公開となるクリステン・スチュワート主演のホラーミステリー『パーソナル・ショッパー』をご紹介します。

『パーソナル・ショッパー』って何?気になるあらすじを教えて

personal shopper

パーソナル・ショッパーとは

基本的なパーソナル・ショッパーとは、顧客のニーズに合わせて、買い物で満足してもらう為コーディネートを考えたり、アドバイスをしてお買いもののサポートをするお仕事です。この映画では仕事で忙しいセレブの為に、ドレスやアクセサリーを買い付け自宅まで届ける役目の事を言います。

映画『パーソナル・ショッパー』のあらすじは?

パリで亡くなった双子の兄の魂と交信する為、フランスのパリでセレブのパーソナルショッパーとして働くアメリカ人のモウリーン。ある日自分の携帯宛てにメッセージが届き、導かれるままにそのメッセージに従うモウリーンでしたが、その後次々と不可解な事件が起こり始めてしまう…。といったストーリーです。

『パーソナル・ショッパー』のキャストを教えて

クリステン・スチュワートが主演

personal shopper

『トワイライト』シリーズで有名なクリステンスチュワート。プライベートでは、同性愛者な事を公表し、新しい一歩を踏み出しました。

弟を数か月前に無くし、弟が出す「サイン」を求めパリでパーソナルショッパーとして働く、アメリカ人のモウリーン役に抜擢。写真からは、ファッション業界で働くとは思えないほどの服装ですが霊と交信しちゃったりとミステリアスな雰囲気がとても魅力です。

シグリッド・ブアジズはクリステンを雇うセレブに

今作で自身の美貌を見せつける女優のブアジズ。

仕事が忙しく満足に買物が出来ない為モウリーンをパーソナルショッパーとして雇い、ある事件に巻き込まれてしまうセレブ役を演じます。

ラース・アイディンガーが演じるのは…

雇い主のセレブ、カイラの彼氏であるインゴ。実はカギを握っている超重要人物ですが、どのように関わっていくのかが見所です。

監督はオリヴィエ・アサイヤス

personal shopper

なんと、監督とクリステンは『アクトレス―女たちの舞台―』でタッグを組んだこともあります。これが2度目のタッグになります、どんな息の合った演出を見せてくれるのか期待できますね。

この映画の見どころは?

personal shopper

やはり、ファッション、と言うべきでしょう。シャネルが衣装提供をし、またカルティエなど大手ブランドショップも劇中に登場します。また、撮影ではシャネルの本店を構えたパリのカンボン通りで行われました。

作中では、スチュワートがセレブの服を着るシーンがたくさん出てきますので、そちらも要チェックです。

同作の撮影前に起こった身の毛もよだつ出来事!

『パーソナル・ショッパー』

©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR

何とパリでの撮影が行われ、その後プラハに場所を移った2日後にパリでテロが発生。もちろんキャストとスタッフの携帯には安否確認の電話が鳴りやまなかったそうです。

何とも恐ろしい…。少しでも期間がずれていたらと思うとぞっとしますね…。

クリステンがこの映画にかける思いとは?

「この映画は私の中の何かを壊してくれた。なんというか、自分なら何でもできるって思ったの。今までこんな事強く感じた事なかったのに。」

とカンヌ国際映画祭の取材に答えました。『トワイライト』シリーズでは、吸血鬼に恋をする平凡な女の子の役柄でしたが、本作では、平凡な女の子が自身の心のうちに秘めていた欲望にどんどん飲まれてしまう役柄です。

今までの清純なイメージを払拭するような心理に迫る演技に、自分を重ね合わせた所があったのかもしれません。

カンヌ国際映画祭での評判は?

映画が始まる前の観客の反応は何と、ブーイングだったそうです。ですがこの映画が終わり、エンドロールが流れ始めた時、観客から一斉にスタンディングオベーションが!

賛否両論あるようですが、監督はその後、「Best director賞」を受賞されました。

クリステンとオリヴィエ監督の2回目のタッグとなる今作『パーソナル・ショッパー』。日本公開は2017年5月にTOHOシネマズや六本木ヒルズ、他全国公開となります。

心理ホラーミステリー映画を味わってみてはいかがでしょうか。

映画『パーソナル・ショッパー』は2017年5月12日、日本公開となります。