2017年7月6日更新

映画『コンビニ・ウォーズ』最新情報【ジョニー・デップの娘リリー・ローズ主演】

ジョニー・デップの娘、リリー・ローズ・デップ主演作映画『コンビニ・ウォーズ〜バイトJK VS ミニナチ軍団〜』が2017年7月1日に日本公開されます。ゆるい女子高生バイトがミニナチス軍団から世界を守るという奇想天外なあらすじになっています。

ジョニー・デップの娘が主演する映画『コンビニ・ウォーズ〜バイトJK VS ミニナチ軍団〜』とは?

映画『コンビニ・ウォーズ〜バイトJK VS ミニナチ軍団〜』はアメリカで2016年に公開された、ホラーコメディ。原題は『Yoga Hosers』直訳すると『ヨガ野郎ども』なのです。一体どんな作品になっているのでしょうか。

やる気ないJK(女子高校生)バイトが、地球を救うためにミニナチス軍団と戦うという、なんとも面白いあらすじになっています。そして、主演のやる気のないJKバイトを演じるのはリリー=ローズ・デップ、あのジョニー・デップの娘なのです。

2017年7月に日本公開となる本作のあらすじ、キャスト、関連情報などをまとめてご紹介します。

映画『コンビニ・ウォーズ』あらすじを紹介!

親友同士のコリーン・コレットとコリーン・マッケンジーは学校もバイトも一緒。二人はテンション低めに学生生活を送り、店長不在のコンビニでゆるくバイトをこなしています。そんな二人が熱中するのは、尊敬してやまない講師が教える“ヨガ”なのです。

ある日、バイト先のコンビニの地下室に潜んでいる謎のミニナチス軍団を目覚めさせてしまいます。目覚めたミニナチス軍団は世界征服に向けて、活動再開。

ヨガ大好き、ゆるい系JKバイトはミニナチス軍団の暴走を止め、世界を救うことはできるのか?

注目のキャスト紹介!!

コリーン・コレット/リリー・ローズ・デップ

Close up glam @sambryantmakeup @jsthestudio !! Love you two????????

Lily-Rose Deppさん(@lilyrose_depp)がシェアした投稿 -

スマホ命、テンション低めの学生生活を送り、ゆるくバイトもこなす、女子高生。

リリー・ローズ・デップは1999年5月27日、フランス・パリ生まれ。2014年映画『Mr.タスク』で、コンビニ店員役で映画デビュー。2016年『Planetarium(原題)』では、死人と会話できる姉妹をナタリー・ポートマンと演じ、二人の妖艶で、息のあった演技は各映画祭で大絶賛されました。

2016年フランスのミュージカル映画『The Dancer(原題)』では、主人公が恋をするダンサー役で出演し、演技力だけでなく、ダンサーとしての表現力も評価されたのです。

コリーン・マッケンジー/ハーレー・クイン・スミス

コリーン・コレットと同じく、ゆるい、今時の女子高生。コリーンが気になる人気者の先輩男子ハンター・キャロウェイに、パーティーに招待され、大混乱。日頃のヨガで鍛えた平常心で乗り切ることができるのでしょうか。

ハーレー・クイン・スミスは1999年6月26日、アメリカ生まれ。父親の映画監督のケビン・スミスがメガホンを取った、2002年『ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲』のベイビー・ボブ役でデビューしました。

他の代表作には2004年「世界で一番パパが好き!』、2006年『クラークス2/バーガーショップ戦記』、2014年『Mr.タスク』、2017年連続ドラマ『スーパーガール』にゲスト出演。

ヨギ・ベイヤー/ジャスティン・ロング

コリーンたちが最高の指導者と仰ぐ、ヨガ講師。コリンたちがミニナチス軍団を倒すのも、気になる先輩に近づけるもの、ヨガ講師の指導にかかっているのです。

ジャスティン・ロングは1978年6月2日、アメリカ出身。大学在学中に数々の舞台に立ち、映画『スター・トレック』のパロディー映画である1999年『ギャラクシー・クエスト』で映画デビュー。

2007年の『ダイ・ハード』でハッカーのマット役、2007年『そんな彼なら捨てちゃえば?』でバーの店長アレックス役で注目を集め、2014年『Mr.タスク』ウォレス・ブライトン役で主演を務めました。

映画『コンビニ・ウォーズ〜バイトJK VS ミニナチ軍団〜』はみどころ満載!!

ジョニー・デップも出演!!

ジョニー・デップ

主演を務めるリリー・ローズ・デップの父親、ジョニー・デップも出演しています。ジョニーの役柄は、酔っ払い探偵のギー・ラポワンテ。親子共演のシーンもあります。さらに、リリーの母親で、ジョニーの元パートナーである女優バネッサ・パラディも出演しています。

監督は奇才、ケビン・スミス!

1994年映画『クラークス』で、監督・製作・脚本・出演を務め、映画界デビュー。初製作にも関わらず、サンダンス映画祭で高い評価を得ました。

その後も、レズビアンの女性に恋する青年を描いた1997年『チェイシング・エイミー』、ベン・アフレックとマット・デイモンが天国を追い出された天使を演じる1999年『ドグマ』の監督、脚本を務め、作品と共に話題になりました。

ケビン・スミスの作品は奇抜な登場人物や奇をてらったストーリーが多く、まさにコメディー・ホラー界の名監督と言われています。また自身で監督、脚本、出演していることも多く、その際のケビンの役は一言も喋らない“サイレント・ボブ”。ケビンが生み出す“じわり”とくる笑いがクセになってしまうのです。

『コンビニ・ウォーズ』は2014年『Mr.タスク』のスピン・オフ作品?!

ミスタータスク

映画『コンビニウォーズ』はケビン・スミス監督作であり、今作でヨガ講師として出演しているジャスティン・ロングの主演作2014年映画『Mr.タスク』のスピン・オフ作品なのです。

実は、映画『Mr.タスク』でも、リリー・ローズ・デップとハレー・クイン・スミスは同じコンビニ店員役で出演していました。そして、ジョニー・デップも同じ役で出演しているのです。他にも、この作品から引き続き出演しているキャストもいるので、前作ファンも、今作からのファンも楽しい発見があるかもしれません。

この映画『コンビニウォーズ』をきっかけに、ケビン・スミスが仕掛ける伏線を見てみようと監督作を見始める人も増えたそうです。

注目女優リリー=ローズはジョニー・デップの娘!!

y'all said She'd look good if she were smiling ????

Lily-Rose Deppさん(@lilyrose_depp)がシェアした投稿 -

コリーン・コレットを演じるリリー・ローズ・デップは、なんと、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや2005年映画『チャーリーとチョコレート工場』でお馴染みの俳優、ジョニー・デップとフランス人女優バネッサ・パラディーの娘なのです。

2016年『コンビニ・ウォーズ』で親友同士を演じたハーレー・クイン・スミスと元々友人で、ハーレーの父であるケビン・スミスの監督作2014年『Mr.タスク』で、映画デビュー。

2015年にはシャネルのモデルに起用され、モデルデビューも果たしたのです。また、リリーは、10代のLGBT(レズ・ゲイ・バイ・トランスジェンダー)のプロジェクトに参加した際、自らも"セクシャル・フルイディティ”(流動的に性が変わること)であることを告白しました。

自身のパーソナリティーとその発言力は、衝撃を与えましたが、時代の寵児になるかもと期待の声が多いのです。

映画『コンビニ・ウォーズ』の気になる日本公開予定は?

日本公開は2017年7月1日。ゆるい系JKバイトがミニナチスから世界を救うというあらすじと、実力派・二世女優リリー・ローズの共演ということで、映画『コンビニ・ウォーズ〜バイトJK VS ミニナチ軍団〜』は大注目の映画です!!