日常が丸見え!?遂にレディー・ガガの日常を捉えたドキュメンタリー映画がNetflixに登場!

2017年9月7日更新

世界の歌姫レディー・ガガに密着したドキュメンタリー番組が、Netflixオリジナル作品として配信されることが決定しました。ステージから自宅まで、レディー・ガガの飾らない素の姿を映している貴重な作品です。今回はみどころなど詳しくご紹介します。

Netflixオリジナル新作『レディー・ガガ:Five Foot Two』とは?

世界を魅了し続ける歌姫レディー・ガガ。彼女に1年間にも渡り密着取材を行なったドキュメンタリーが、映像ストリーミングサービスを行う「Netflix」のオリジナル作品として配信されることが決定しました。 タイトルは『レディー・ガガ:Five Foot Two』。世界190か国で、同時にオンラインストリーミングされます!レディー・ガガらしいアートなキービジュアルも公開されています。

レディー・ガガの日常を追った唯一無二のドキュメンタリー

このドキュメンタリー作品では、レディー・ガガのニューアルバム『ジョアン』のリリースやスーパーボウルのハーフタイムショーの裏側を映し出しています。オフステージやスタジオでの姿、さらには自宅でくつろぐ様子をもとらえ、素顔をありのままさらしているようです。 一人の悩める女性としての等身大の姿と、スーパースターである「レディー・ガガ」としての両面を同時に見つめることができます。ティーザー映像には健康問題にも触れているようなものもあり、かなりプライベートな部分にまで切り込んでいる様子も伺えます。

マーク・ロンソン、フローレンス・ウェルチなどレディー・ガガを取り巻く人々が出演!

本作にはレディー・ガガの周囲で彼女を支えている人物も本人として登場しています。『アップタウン・ファンク』の大ヒットも記憶に新しいマーク・ロンソンは、『ジョアン』のプロデューサーとして登場し、ありのままのレディー・ガガを表現したアルバムを通して素顔の彼女を語っています。 また、「フローレンス・アンド・ザ・マシーン」のボーカルを務めるフローレンス・ウェルチも本人として登場。フローレンスは『ジョアン』参加ミュージシャンとして出演しています。 レディー・ガガのマネージャーを務めるボビー・キャンベルも出演しており、彼女の本当の姿を多くの人々に知ってほしいと語っています。キャンベルは、レディー・ガガが最も信頼を置いている一人のようです。

『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』のクリス・モーカーベルが監督

『レディー・ガガ:Five Foot Two』を監督したのは、クリス・モーカーベル。2014年の『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』ではエミー賞にもノミネートされた新進気鋭の監督です。 モーカーベル監督は、本作に広い心を持って撮影に協力してくれたレディー・ガガに感謝するコメントを発表しており、監督として信頼してくれたことで稀代のアーティストの真の姿をとらえることができたと語っています。 『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』は、グラフィックアーティストのバンクシーがニューヨーク市内に1日1作品を展示していくというゲリラ的アート・イベントを追ったドキュメンタリー作品でした。そんなアーティスティックな作品を得意としたモーカーベル監督の手腕が、遺憾なく発揮されているのが新作『レディー・ガガ:Five Foot Two』ではないでしょうか。

気になるNetflix配信日はいつ?

Netflixオリジナル新作『レディー・ガガ:Five Foot Two』の気になる配信日は、2017年9月22日(金)です。全世界同時にストリーミング配信されます。 Netflixとレディー・ガガ公式ツイッターでも告知されているので、要チェックです!キービジュアルはもちろん、ティーザー映像も公開されています。

レディー・ガガのドキュメンタリー、トロント国際映画祭でのプレミア上映も決定!

『レディー・ガガ:Five Foot Two』はすでに、2017年度のトロント国際映画祭でのプレミア上映が決定しています。レディー・ガガはプレミア上映に登場するのでしょうか?どんな服装で出席するのかも注目です!また今後は、劇場公開やDVD/Blu-ray製品化などの展開も気になるところですね。 2017年は5枚目のアルバム『ジョアン』のワールドツアー真っ最中のレディー・ガガ。彼女の今後の活動を展望する上でも、必聴必見のアルバムとドキュメンタリー作品なのではないでしょうか。