周防正行監督の4年ぶり新作始動、大正時代舞台の青春群像劇&活劇に挑戦!

2018年1月31日更新

『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』で知られる周防正行監督の新作映画が始動する事が明らかになりました。この記事では、2019年夏以降の公開を目指しているという同作の最新情報を紹介していきます。

『Shall we ダンス?』の周防正行監督の新作映画が始動!

周防正行(プレス)
(C)撮影・下村一喜

映画『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』などで知られる周防正行監督の新作映画が、2019年夏以降に公開される事が明らかなりました。周防監督の最新作が公開されるのは実に約4年ぶり。この記事では、同作の最新情報をご紹介していきます。

テーマは「アクション」、大正時代舞台の青春群像劇に挑戦

代表作『Shall we ダンス?』では日本アカデミー賞13部門を独占し、痴漢冤罪事件を描いた『それでもボクはやってない』ではキネマ旬報日本映画ベストワンに輝くなど、優れた実績を持つ周防監督。 そんな周防監督が新作のテーマに掲げたのは「活劇(アクション)」。新作は、映画がまだ無声映画で、「活動写真」と呼ばれていた大正時代黎明期を舞台に、その時代を生きた7、8人の若者の青春群像劇を描き、「恋」「アクション」「笑い」の要素を織り交ぜた作品となる事が明らかになっています。

周防監督の新作映画の公開は2019年夏以降を予定

周防監督は新作について、「「活動写真」と呼ばれていた映画に魅了された人びとの青春を、痛快な「活劇」として描き、 技術革新が続いても本質的には変わらない映画の面白さ、楽しさ、魅力が 湧き上がるものにしたい」と意気込みを語っています。 周防監督の新作という事で、嫌が応にも期待が膨らみますね! 本作の公開は、2019年夏以降になる予定とのことです!