2018年3月7日更新

山﨑努&樹木希林がついに初共演、名優集結の『モリのいる場所』が見逃せない!

(c)2017「モリのいる場所」製作委員会

山﨑努と樹木希林が初共演する映画『モリのいる場所』が、2018年5月から公開されます。沖田修一監督がメガホンをとった同作は、ストーリーもさることながら、日本映画界を牽引する名優が集結していることが話題になっています。

名優集結!映画『モリのいる場所』に傑作の予感

映画『モリのいる場所』が、2018年5月から公開されます。同作は、「仙人」と呼ばれた実在の画家・熊谷守一と妻のある1日を描いた作品です。 熊谷守一を演じるのは、彼を「僕のアイドル」と呼ぶ名優・山﨑努。そして、熊谷の妻を演じるのは、山崎と初共演となる樹木希林です。さらに、キャスト、スタッフにも豪華なメンバーが集まった本作には、早くも名作の予感が漂っています! この記事では、同作のあらすじやキャスト情報を紹介していきます。

画家・熊谷守一と妻、結婚52年目の夫婦の笑いと涙の1日を描く物語

先述の通り、本作は1977年に97歳で亡くなった画家・「モリ」こと熊谷守一と、その妻・秀子の、ある1日を笑いと涙を交えた描いた作品になることが明らかになっています。劇中では、30年間ほとんど家の外に出ることもなく絵を描き続けた熊谷と妻、そして彼を訪れてやってくる様々な来客の心豊かで充実したある一日が描かれるそうです。

山﨑努と樹木希林が初共演で夫婦役に!

本作で主演・熊谷守一役を演じる山崎は、先述の通り熊谷のファンということで、本作のメガホンをとる沖田監督に熊谷のことを語ったことがあるそう。それを機に、沖田監督がオリジナル脚本を手掛けたということなので、ある意味本作の生みの親ということが出来るかもしれません。 また、互いにベテラン俳優でありながら、意外にも本作が山崎との初共演となる樹木希林。山崎と共演できるということで、脚本を見る前に本作への出演を即決したとのこと。 名優同士の夫婦役での共演は、映画ファンなら見逃せないものになりそうですね!

加瀬亮、青木崇高、三上博史……脇役にも主役級の人気俳優が集結!

また、本作には主演の2人以外にも、様々な名優が参加しています。 その俳優陣というのが、加瀬亮、吉村界人、光石研、青木崇高、吹越満、池谷のぶえ、きたろう、三上博史という面々。主演クラスの俳優たちが名優たちの脇をガッチリと固めているため、彼ら俳優陣の演技合戦にも期待が膨らみます。

監督は『横道世之介』『南極料理人』の沖田修一!

本作のメガホンをとるのは、映画『横道世之介』『南極料理人』の沖田修一監督です。本作は高い演出力やそのユーモアのセンスなども高く評価されている沖田監督のオリジナル作品という点も注目のポイントと言えるのではないでしょうか? また、『横道世之介』のバブル期の東京の描写や、『南極料理人』での南極の描写など、「現代日本ではない世界」を題材にした作品でも高い評価を獲得してきた沖田監督だけに、熊谷たちが生きた昭和の世界をどのように表現するのかにも注目です。

「画壇の仙人」と呼ばれた画家、熊谷守一ってどんな人?

本作で描かれる熊谷守一とは、1880年生まれの実在の画家です。富裕層の出身でありながら、極度の芸術家気質で貧乏生活を送った彼は、生涯「仁科展」に出品を続け、1977年に他界するまでに「画壇の仙人」と称されるようになります。 なお、彼が一時期生活していた東京・椎名町の家は、後に熊谷の次女で画家の榧(かや)が、熊谷守一美術館を建造しています。もし、実際に彼の作品を見てみたいという人は、美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

映画『モリのいる場所』は、2018年5月19日に公開予定!

このように実力派俳優&スタッフが集結している映画『モリのいる場所』には、早くも映画界の注目が集まっています。同作の公開は2018年5月19日。ぜひ、劇場でチェックしてみて下さいね!