2018年3月8日更新

大人気ゲーム『刀剣乱舞』実写映画化!気になるあらすじ・キャストを紹介!【2019年公開】

©2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 ©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

DMM.comより配信されている大人気ゲームコンテンツ『刀剣乱舞-ONLINE-』の実写映画化が決定!2.5次元俳優として活躍する鈴木拡樹や荒牧慶彦らが出演します。監督は『暗黒女子』の耶雲哉治。今回はその気になるキャストやあらすじを紹介します。

大人気ゲーム『刀剣乱舞』が実写映画化!2019年に公開決定

刀剣乱舞
©2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 ©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

DMMゲームズとニトロプラスによって2015年にリリースされた、刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』。通称「とうらぶ」。 2016年からはスマホアプリ版も配信され、アニメ、舞台、ミュージカルなどのメディアミックスを展開してきたこの大人気ゲームが、ついに実写映画化されることが発表されました。 出演者として鈴木拡樹、荒牧慶彦ら8名、監督に耶雲哉治、脚本に小林靖子の名が発表されています。今回は、そんな『映画 刀剣乱舞』のあらすじやキャストをご紹介します。

刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞」の魅力とは?

リリース以来200万人以上のユーザー数を誇り、スマホアプリ版『刀剣乱舞 Pocket』も500万ダウンロードを突破した大人気ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』。 ゲームのシステムはちょっとユニーク。プレイヤーは、歴史的な名刀を擬人化した「刀剣男士(とうけんだんし)」を集めて育成し、日本史に登場する様々な合戦の場に出向いて敵と戦うといったものになっています。 このゲームの人気の裏には、昨今の『けものフレンズ』(通称けもフレ)や『艦隊これくしょん -艦これ-』などに見られる擬人化人気や、いわゆる「歴女」といわれる女性の歴史ファンの急増などがあると考えられます。「刀剣乱舞」は、まさに昨今のブームとなっているゲームやアニメの「ツボ」を押さえているといえるでしょう。

「刀剣乱舞」のあらすじ

「刀剣乱舞」のゲームでのおおまかなストーリーは以下の通りになっています。 西暦2205年。歴史の改変を企てる「歴史修正主義者」といわれる人々が過去の時代に干渉し始めます。 そこで時の政府は、物に眠る想いや心を目覚めさせ技を引き出す「審神者(さにわ)」と、審神者によって人の姿を与えられた刀剣の付喪神(つくもがみ)「刀剣男士」を過去の時代に送り込み、歴史修正主義者と戦わせることにします。 さらにそこへ歴史修正主義者とも刀剣男士とも敵対する「検非違使(けびいし)」という非常に強い勢力が介入し、戦いはより複雑なものとなっていくのです。 プレイヤーは上記の審神者となってゲームを進めていきます。

『映画 刀剣乱舞』主演キャストは鈴木拡樹!

三日月宗近(みかづきむねちか)/鈴木拡樹(すずき ひろき)

「刀剣乱舞」の主要キャラクター・三日月宗近(みかづきむねちか)は平安時代に三条宗近によって打たれた太刀で、天下五剣や国宝にも選ばれています。ゲーム内での登場頻度も高く、人気の高いキャラクターとなっています。 そんな三日月宗近を演じるのは、鈴木拡樹です。 1985年大阪府生まれの鈴木拡樹は、2007年にテレビドラマ『風魔の小次郎』でデビュー。『仮面ライダーディケイド』では仮面ライダーブレイドの声を演じています。舞台での活躍が特に多く、舞台版『刀剣乱舞』でも三日月宗近を演じていました。

イケメンが大集結!若手実力派キャストをまとめて紹介

山姥切国広(やまんばぎりくにひろ):荒牧慶彦(あらまき よしひこ)

山姥切国広はチュートリアルの段階で選択可能な打刀で、安土桃山時代に堀川国広によって打たれたとされています。 演じている荒牧慶彦は1990年生まれ。パフォーマンス集団HIROZのメンバーとしてデビューしたのち、2012年にミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンに出演しています。本作の舞台版でも山姥切国広を演じています。

薬研藤四郎(やげんとうしろう):北村諒(きたむら りょう)

粟田口吉光によって打たれ、織田信長が愛したとされる短刀・薬研藤四郎も、人気キャラクターの一つです。 北村諒は1991年に生まれ、学生時代にファッションモデルとしてデビュー。俳優としては主に舞台を中心に活動し、本作の舞台版でも薬研藤四郎として出演しました。また、舞台版「おそ松さん」では一松を演じています。

へし切長谷部(へしきりはせべ):和田雅成(わだ まさなり)

南北朝時代に生まれたへし切長谷部もまた、信長ゆかりの刀として知られています。ゲームの中では、審神者に対して忠実なキャラクターとして登場します。 和田雅成は1991年生まれ。アクターズユニット「P.A.G.E.」に所属後、現在は単独で活動しています。同じ役を演じる本作の舞台版に加え、舞台版「おそ松さん」でも北村諒と共演しています。

日本号(にほんごう):岩永洋昭(いわなが ひろあき)

「刀剣乱舞」に出てくるのは刀だけではありません。日本号は、天下三名槍にも数えられる槍の一つです。ゲーム内では吞兵衛キャラとして知られます。 演じている岩永洋昭は1979年生まれ。大学在学中にモデルとしてデビューした後、舞台や「ベルセルク」シリーズなどのアニメで声優としても活動しています。

骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう):定本楓馬(さだもと ふうま)

薬研藤四郎同様、粟田口吉光によって打たれた骨喰藤四郎。記憶喪失のミステリアスなキャラクターとしてゲームに登場します。 定本楓馬は1995年生まれ。オスカープロモーションに所属しており、同事務所の男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」のメンバーでもあります。また、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンにも出演しています。

不動行光(ふどうゆきみつ):椎名鯛造(しいな たいぞう)

織田信長が愛した短刀・不動行光。ゲーム内では長い髪をした吞兵衛キャラとして登場します。 演じる椎名鯛造は1986年生まれ。2001年にNHKドラマ『中学生日記』で同名の役を演じデビューしています。2008年からは舞台にも活動を広げており、今回は本作の舞台版に引き続き不動行光を演じます。

鶯丸(うぐいすまる):廣瀬智紀(ひろせ ともき)

平安時代に古備前派によって生み出された鶯丸は、代々皇室に受け継がれている非常に由緒正しい美術刀です。 演じているのは1987年生まれの廣瀬智紀。スターダストプロモーションに所属し、同事務所のアーティスト集団「EBiDAN」のメンバーです。映画やドラマはもちろん、舞台でも活躍し、舞台『ダイヤのA』で降谷暁を演じました。

『映画 刀剣乱舞』の監督と脚本は?

監督:耶雲哉治

今回の実写映画で監督を務めるのは、耶雲哉治です。 早稲田大学在学中から自主制作映画を撮っていた耶雲哉治は、制作会社ロボットに所属。CMやテレビドラマの演出を手掛けたのち、2014年、早見あかり主演の『百瀬、こっちを向いて。』で映画監督デビューを果たしました。 その他、『MARS〜ただ、君を愛してる〜』の映画版とドラマ版両方の演出を手掛け、2017年には『暗黒女子』を監督。映画監督としては4作目となる今回の「刀剣乱舞」に対しての熱意は強くあるそうで、本作で日本映画を変えてしまおうと考えているそうです。

脚本:小林靖子

また、脚本は小林靖子が手掛けました。 幼いころからテレビのチャンバラ時代劇が大好きだったという小林靖子。短大卒業後、特撮の世界に引き付けられ、1993年に特撮ドラマ『特捜ロボ ジャンパーソン』でデビュー。 その後は「仮面ライダー」シリーズやスーパー戦隊シリーズなどの特撮ドラマやアニメを中心に活動。2017年には、『アンロック』で漫画原作デビューも果たしました。 インタビューでは、「“萌え”はないかもしれませんが、“燃え”はきっとあります」と語っており、男気溢れる一作に仕上がっているようです。

『映画 刀剣乱舞』気になる公開日は?

若手実力派俳優が勢ぞろいし、男気溢れるキャラクターたちが魅力的な『映画 刀剣乱舞』。公開は、2019年の予定です!