(c)「2019 カツベン!(仮)」製作委員会

成田凌が周防正行の最新作で映画初主演!井上真央、竹野内豊ら超豪華キャストも発表

2018年9月28日更新

人気若手俳優・成田凌が、周防正行監督の最新作『カツベン!(仮)』で映画初主演を務めることが明らかになりました。また、同作にはその他にも超豪華俳優陣が参加している事が発表されました。

周防正行最新作『カツベン!(仮)』で成田凌が映画初主演!

『シコふんじゃった。』『Shall We ダンス?』などで知られる周防正行監督の最新作『カツベン!(仮)』で、「コード・ブルー」シリーズなどで知られる成田凌が映画初主演を務める事が明らかになりました。この記事では、『カツベン!(仮)』のストーリーをはじめ、成田と同じく今回発表された豪華キャストと、本作の見所についてご紹介していきたいと思います。

『カツベン!(仮)』のストーリーは?

周防正行(プレス)
(C)撮影・下村一喜

映画『カツベン!(仮)』の舞台となるのは、2018年9月現在から見ておよそ100年前。「映画(活動写真)」がまだサイレントでモノクロだった頃です。 当時の日本には、サイレント映画の上映中に、楽士の奏でる音楽と共に独自の「しゃべり」で物語を伝え、観客たちを楽しませる「活動弁士」こと通称「活弁(カツベン)」が大活躍していました。これは、他国にはない日本独自の文化で、映画ファンの中には映画自体よりも、活動弁士の「しゃべり」を楽しみにしている人もいたんだとか。 そんな時代を舞台にした映画『カツベン!(仮)』の物語は、活動弁士を目指す青年がとある小さな町の映画館に流れついたことから幕を開け、劇中では「アクション」「恋」「笑い」の要素を織り交ぜたノンストップエンターテインメントが描かれるとのことです。

ヒロインは黒島結菜!その他にも、主演級のキャストがズラリ!

カツベン!(仮)
(c)「2019 カツベン!(仮)」製作委員会

映画『カツベン!(仮)』には、超豪華キャストが多数出演しています! まず、ヒロインを務めるのはドラマ『アシガール』『時をかける少女』で主演を務めた黒島結菜。そして共演者には、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹中直人、渡辺えり、小日向文世、竹野内豊というまさに主演級のキャストがズラリ。特に竹中、渡辺、小日向ら、周防作品の常連が参加しているのは、監督ファンには嬉しいのではないでしょうか。

周防正行の最高傑作になる?『カツベン!(仮)』の見所は?

ここからは、映画『カツベン!(仮)』の見所をいくつか紹介していきたいと思います。

成田凌の「声」に注目!活動弁士をどう演じる?

まず、本作で注目したいのが主演の成田凌とヒロインの黒島結菜です。 成田と黒島を起用した理由について、周防監督は「ふたりともオーディション(3カ月にわたり男女100名ずつ実施)で選びました。日本映画のはじまりの頃はまだみんなが初々しく、そのような初々しさを2人に感じました」とコメント。 その上で、周防監督は成田については、「成田さんは会った時の素直な感じ、そして活動弁士として映画を解説している姿がオーディションを通じて想像できたので、その才能を信じてキャスティングさせてもらいました」とキャスティングを決めた理由を明かしています。 そんな経緯で起用された成田が本作で演じるのは、活動弁士に憧れる青年。本作のために現存する活動弁士に指導を受けているという彼は、活動弁士に「男」「女」「説明部分の声色」などを色々と作ってもらったり、独特な話し方の習ったりしているそうです。 役柄上、特に声が重要な役を演じる成田。彼のファンは、本作では特に成田の「声」に注目すると一層楽しめるかもしれません。

インタビューのコメントが可愛すぎた……黒島結菜のやる気に期待

周防監督は、黒島結菜の起用については、「黒島さんは役でも駆け出しの女優を演じる、その役柄にふさわしい初々しさと可愛らしさを感じました」とコメントしています。また、黒島は自身の役所については「女優に憧れる女性で、非常に素直で純粋で、小さい頃に活動写真というものを見て、女優になりたいと思う一途な女の子です。」と語っています。 それに続けて、「今回オーディションで選んでいただいて、なんで私なんだろうという不思議な気持ちがあったのですが、素直に嬉しいです。あまりオーディションで受かることが今までなかったので(笑)みなさんと良い作品を作っていけるというのは、今後の私の女優人生の中でも非常に貴重な経験になると思うので、撮影を頑張りたいなと思っています」と初々しいコメントを続けました。 ちなみに周防監督の過去作品のヒロインと言えば、『シコふんじゃった。』の清水美沙や、『Shall We ダンス?』の草刈民代が印象的ですよね。どちらも非常に美しく、そして、可愛らしく撮影されていました。 黒島も彼女たちと同様、本作で新たな魅力を発揮出来るのではないでしょうか?期待大ですね!

多彩な出演者は一体どんな役に?現在わかっている配役と登場キャラクター

さて、成田、黒島に続く、本作の3つ目の見所は、何と言っても超豪華な俳優陣。 本作には超満員の映画館や隣町のライバル映画館に加えて、再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察など、癖の強そうな場所やキャラクターが多数登場する事が明らかになっています。 超豪華キャストたちは、それらの癖の強いキャラクター等を演じるのでしょう。 また、現在わかっている配役は、渡辺えりが「芝居小屋の娘で、演劇好きで映画好き。そして長女なので婿養子をもらったが、子供ができなくてずっとイライラしてる」役を演じる事と、竹中直人がその婿養子を演じることになるということ。 『Shall we ダンス?』でも絶妙な掛け合いを見せてくれた二人だけに、ここだけでも既に期待が膨らみます。 また周防監督は「いつにもましてハジけた映画になると思います。大正時代の空気を感じさせつつ、映画自体の味わいとしては無声映画時代のアクションを意識して作るので、お芝居も普段やっている雰囲気とは違う形をみなさんに要求していこうと思っています」とコメントしています。 個性豊かなキャラクターに、人気俳優陣、そして、いつもと違う無声映画を意識したアクション……。 一体どんな演技が楽しめるのか?主演とヒロインはもちろん、脇を固めるキャラクターにも注目です。

劇中のサイレント映画は全て新作!周防正行はアクションをどう撮る?

本作の最後の見所は、劇中で上映されるサイレント映画は全て撮り下ろし。そして、周防監督が現代劇を離れて時代劇、アクション映画に挑戦するということです。本作について、周防監督は以下のようなコメントを発表しています。 「劇中のサイレント映画も全て、かつてあったものを使うのではなく、新たに撮影し、それを劇中 のサイレント映画として公開します。それに先立って時代劇部分をこの太秦で撮影させていただきました。役者 を始めスタッフも時代劇を長年やってこられた、分かっている方々なので、非常に助かりました」 「今回は大正時代のお話ですが、太秦にある時代劇に対する蓄積というものを上手にこの映画の中で活かして、尚且つ東映が今まで持ち続けてきた技術や情感というものにも助けていただけるのではないかと思っておりますので、そういう楽しみもあります」 「私自身も現代劇を離れるという初めての体験であり、日本映画についての映画でもあるので、 その培ってきた技術というものを私自身もここで体験し、勉強したいと思っています」 周防監督と、日本映画が培ってきた技術がどのような形で結実するのか?ぜひ、映画館で確かめたいと思います。

映画『カツベン!(仮)』は2019年12月公開!

楽しみが尽きない『カツベン!(仮)』ですが、公開されるのは2019年12月とまだまだ先……。続報が待ち遠しいですが、公開まで楽しみに待ちましょう!